スカイプ英会話でフィリピンの貧困を救う

オンライン英会話事業を通じてフィリピンの貧困問題の解決に取り組む、ワクワーク・イングリッシュ代表の山田貴子さん(26)。セブ島のNGOや孤児院と連携し、英会話講師の育成を行いながら、日本の企業や大学にそのサービスを提供している。子供たちの夢の実現を目指して事業拡大に挑む山田さんに、これからのビジョンについて語ってもらった。(聞き手・構成/宮崎直子)

 

 

大学生の自活を促し、奨学金を次の世代に


―― WAKU-WORK (ワクワーク)のビジネスモデルを教えてください。

ワクワークはフィリピンの孤児院、NGOと連携し、スカイプを利用した現地講師陣による英会話事業を通じて、子供たちの自立と夢を実現するための活動を行っています。

フィリピンの貧困率は依然として高く、たとえば、小学校の入学率は約9割でも、卒業できる子供は約6割と、教育の機会が与えられていても交通費が払えないなどの理由から、学校に通えず労働を強いられる子供たちが多いのが現状です。また、孤児院やNGOはフィリピン全土で10万あるともいわれ、セプ島だけでも300~400あります。そんなに多くの組織があるにもかかわらず、なぜ保護を受けられずに路上で飢えに苦しむ子供たちがあとを絶たないのか? 

現地NGOの支援構造を見てみると、年間で路上から保護できる人数は、支援している大学生が自立する人数に依存されていることがわかりました。大学生1人あたりの奨学金は学費が高いために、新しく路上から保護される子供の3倍もかかってしまうのです。一方で、孤児院から支援を受けて大学に通う学生たちには、モチベーションが高く優秀な学生が多くいます。

そこで、大学生1人が支援から自立することで、路上の子供3人が新しく支援を受けられるようになる仕組みをつくり実践しました。たとえば大学の帰りに3時間ワクワークで働いて自活すれば、彼に当てられていた奨学金を次の世代に回すことが可能になります。この流れを加速させることで、支援を受けられる年齢を下げ、子供たちが里親を待たなくても、自分たちの力で大学に行くことを望めるようになります。

NGOから支援を受けて生活している大学生をトレーニングして、ジュニア向けの講師として雇い、その孤児院の学生をトレーニングするプロの講師陣が、日本の企業や大学、個人に向けて英会話レッスンを提供している、これがワクワークのビジネスモデルになります。

28addfa7

 

 

フィリピン講師が日本の学生を変える


―― フィリピンと日本で、具体的にはどのような活動をされていますか。

たとえば、今年度は嘉悦大学(東京都小平市)で、春・秋学期に非常勤講師として、ワクワークのスタイルを取り入れた英会話の授業を担当しました。大きいスクリーンにスカイプ中継を映し出し、フィリピンの講師1人に対し、生徒3~4人と少人数制で、密度の濃いやりとりが行われます。オンライン英会話を正課授業に取り入れる大学は全国でも珍しく、ワクワークも今回が初めての試みでした。

学生たちはとにかく「授業が楽しい」といいます。フレンドリーで明るいフィリピン人と話すことで、英語に対する抵抗感をなくし、モチベーションが高まるようになっている。昨年、私の地元の湯河原町の適応指導教室で、いじめや引きこもりで学校に通えない生徒を対象に、この授業を行ったところ、講師から「グレイト!」と励まされた生徒たちが、徐々に自信を取り戻していく姿がありました。

フィリピンの若者の夢と自立を実現するだけでなく、同時に日本の学生のチャレンジも応援していくような、両方の可能性があることを改めて感じました。

大学の授業は、今年度は選択制で行われましたが、来年度は一年生の必修科目となり、夏休みにはセブ島で短期語学研修も行われる予定です。この授業をきっかけに、海外に出て現地の人たちと交流したいと思う、日本の学生たちが増えればいいなと思います。教室から飛び出た一歩先に、新たな発見があるということを学生たちに伝えたいですね。

―― 現地の講師はどのような基準で採用されていますか。

日本の企業や大学にサービスを提供しているフィリピン人講師は、孤児院から出た講師ではなく、孤児院の学生をトレーニングするプロの英語教師です。なので、大学を卒業して教員免許ももっていますし、他の語学学校で7、8年勤めた経験のあるベテランの講師ばかり。彼らが孤児院の学生をトレーニングしながら、日本人のお客さんにも教えるというスタイルをとっています。3ヶ月から半年程度、トレーニングを積んだ孤児院・NGO出身の学生は、日本の小学生から中学1年生向けのジュニアコース担当としてデビューしていきます。

講師を採用するときに一番大切にしているのは「情熱と哲学」。ワクワークの仕事を通じてどう自己実現したいのか、どうフィリピン社会に貢献したいのかという本質的なところを厳しく問います。そうした情熱やビジョンがない人は、どんなにキャリアがあっても採用はしません。学生のほうはNGOのスタッフや両親とも面接を行い、普段の生活態度はどうか、学費のために貯金できるうような周囲のサポートがえられるのかどうか、チェックしています。

 

 

2352ecdd

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.228 特集:多様性の受容に向けて

・安藤俊介氏インタビュー「『許せない』の境界を把握せよ!――アンガーマネジメントの秘訣」

・【PKO Q&A】篠田英朗(解説)「国連PKOはどのような変遷をたどってきたのか」

・【今月のポジだし!】山口浩 ことばを「『小さく』すれば議論はもっとよくなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第九回:こんなところでジャズ