「体制内」vs.「体制外」 ―― 新たな中国インターネット世論の枠組み 

移り変わる世論のムード

 

2011年は中国のインターネット上で、「体制内」という言葉がよく目につくようになった。「体制内」とは執政党である中国共産党内の側、という意味である。たとえば「体制内の人たちは利益と特権を享受しているから…」とか、「それは体制内の学者が言っていることだ」、あるいは「体制内の人と体制外の人との考え方の違い」といったふうに使われている。インターネット上の大多数の声、すなわち、われわれ=「体制外」に対して、われわれ以外の他者として「体制内」がおかれている。

 

中国では特定の話題や事件についての争点や問題認識の枠組みが、ひとつの強力な意見に集約される傾向が強い。対立意見や多様な見方が出てくることが少なく、世論全体が強固な単一のムードに包まれるのである。このような現象が起こるのには、これまで中国共産党と中国政府による「宣伝」すなわちプロパガンダによって、さまざまな物事について党と政府が絶対正義として、シンプルに善悪二元的な論じ方をされてきたことの影響とか、党と政府から離れたオピニオンリーダーが少ないことなどが考えられる。

 

中国の世論の特徴はさておき、最近の中国のインターネット世論のムードというか、空気として、新たに「体制内」vs.「体制外」が顕在化しつつあるとわたしは感じている。ここ数年を振り返ると、2004~2007年頃までは「愛国」がもっとも強力な主題だった。この時期の主要な批判対象は日本であり、日本の「右翼分子」の発言や首相の靖国神社参拝に対して、ことあるごとにインターネット上で過激なシュプレヒコールが巻き起こった。だが小泉元首相が退陣し、中国政府が対日友好政策に舵をきることで、世論の「愛国」のトーンは徐々に下がっていった。

 

一方で、2007年後半頃からは「正義」vs.「不正義」が新しい主題として台頭してきた。公務員の汚職についての告発、地方政府の強制的な立ち退き要求で農地を奪われた農民に対する同情などが大きくとりあげられ、インターネット世論では、悪をくじき弱きを助ける機運が高まった。

 

そして、2011年にはいってからは、「正義」vs.「不正義」の世論の枠組みが、「体制内」vs.「体制外」へと発展してきたのである。このふたつの決定的な違いは、「正義」vs.「不正義」の枠組みでは、権力は問題解決をおこなう最後の拠り所であったのに対し、「体制内」vs.「体制外」の枠組みでは、権力が敵対する存在に位置づけられていることだ。

 

ただし「愛国」も「正義」vs.「不正義」も終わってしまったわけではない。今日でも、尖閣諸島問題や空母建造の話題になると熱烈な「愛国」の空気は生じるし、中国版ツイッターと呼ばれる「微博」(ウェイボー)の普及によって、世の中の「不正義」の告発もより容易になってきている。

 

 

芮成剛に対する世間の評価の変化

 

「愛国」から「正義」vs.「不正義」を経て「体制内」vs.「体制外」へといたる、世論の枠組みの移り変わりを観察するのに格好なケースが、中国中央電視台の若手実力派キャスターの芮成剛(ルイ・チェンガン)に対する世論の声の変化である。1977年生まれの芮成剛は外交官を養成する大学として有名な外交学院を卒業し、巧みな英語力でこれまで番組内で世界各国の著名人と対談してきた。スマートで自信に満ち溢れた風貌にするどい弁舌、共産党員でもある彼は、中国のエリートを代表するような完全無欠の青年だ。

 

芮成剛の名前が広く知れ渡ったのは、2007年1月、彼がブログに発表した「スターバックスは故宮からお引き払い願いたい」と題する文章が話題を呼んだことからだった。当時、中国のもっとも有名な観光名所であるかつての紫禁城、故宮のなかにスターバックスの店舗があったのだが、これについて芮成剛は偉大なる中国の歴史と文化を象徴する場所に、米国のカフェがあるのはいかがなものか、と問題提起し、中国国内の愛国的な世論を喚起した。結局、「米国による文化侵略を許すな」という声の高まりを受けてスターバックスは故宮内から撤退することになった。このとき、大多数の世論は芮成剛の意見に賛同し、芮成剛の愛国心は世論の高い支持を得た。

 

2011年5月、今度は芮成剛は、故宮内の歴史的建造物のひとつが著名人や富豪のための高級会員制社交クラブになってしまっている事実を「微博」上に晒した。約300万人のフォローワーがいる芮成剛の発言は、たちまち全国に広まった。歴史的文物が権力と富を持つ人たちによって私物化されている、という「不正義」について、多くの人が憤り、陶器や絵画などの文物が壊されたり、紛失したりしているといった噂も広まった。ここまでは、世間の芮成剛に対する世間の評価は、かなり肯定的なものであったし、多くの人が彼の発言には一目おいていたといえる。

 

彼に対する世論の評価が変わったのは、2011年9月、世界経済フォーラム主催の会議の席上での、芮成剛の米国駐中国大使ゲイリー・ロック氏に対する発言をめぐる、人びとの批判からだ。会議の席上で芮成剛は、ロック大使が今回会議に出席するために北京から大連に移動する際、エコノミークラスを利用していたことを指摘し、ロック大使本人に対して「米国が中国に借金をしていることを意識させるためか?」と質問をした。これに対してロック大使は、米国は歳出削減に努めているし、自分がエコノミークラスを利用するのはそのことの証明でもある。駐中国の米国在外公館の職員は基本的にエコノミークラス利用だ、と返した。会議後、芮成剛はこのやりとりについて、「米国大使は米国の価値観を宣伝するチャンスを逃さない」と「微博」でコメントしたが、芮成剛の姿勢は高慢だ、不遜な態度だ、として、「微博」上で多くの人から批判された。そこで目についたのが、「芮成剛もしょせん体制内の人間だから」という意見だった。

 

芮成剛の発言の状況や内容はそれぞれ違っているのだが、2011年5月から9月の数カ月のあいだで、芮成剛に対する世間の目線をこれほどまでに冷やかにしてしまったのは何が原因だったのだろうか。

 

この間、世論の潮目を大きく変える出来事があった。7月の浙江省温州市で起こった高速鉄道の追突脱線事故だ。この事故後の政府の対応をめぐって、政府の幹部たちは自分たちの面子優先で国民の生命を軽視している、事故原因究明に対する姿勢が不誠実だ、といった猛烈な批判が起こった。批判の声は、インターネット世論にとどまらず「党と政府の喉と舌」であるべきテレビ、新聞などにも広がるという前代未聞の事態に発展した。おそらく、この高速鉄道事故が「正義」vs.「不正義」の世論の枠組みを、「体制内」vs.「体制外」へと発展させた大きな要因だったように思われる。

 

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」