東アフリカの「怪談」?――ウガンダ東部アドラ民族の場合

アフリカの「怪談」?

 

東アフリカ、もっと特定すると私が1997年から毎年調査で滞在しているウガンダには、四季はない。気候的には大雨期と少雨期、その間に挟まれた2回の乾期があるだけである。「夏」という「季節」を考える考え方が、本来的には、ないのだ。

 

そして、日本のように、毎年きまった期間、お盆のような時期に死者の霊が子孫のもとに帰って来るという考え方も信仰も、それらにもとづく行事も本来はない。名前が特定できる死者、つまり最近死んだ死者の霊はルンベ儀礼という最終葬送儀礼がおわり、住んでいた小屋が破壊されるまでは、常に生者とともにいる、と考えられている。

 

すくなくとも私の知る限りにおいては、怖い話を聞くとぞっとする、とか、「冷や汗」をかく、という考え方もない。だから、暑い「夏」になると、涼をとるために「怪談」や「怖い話」の需要が増えるという現象もありえない。「語り部」のような立場の人々がいて、物語を語って聞かせる習慣は、この社会にもかつてはあったようであるが少なくなっている。総じていうと、今日の日本社会のいろいろな文脈に沿った「夏の風物詩」としての怪談は成立しない。

 

一般に「怪談」は、恐怖を感じさせるような、事実とも錯覚やつくりばなしとも判断しにくいような、ちょっと不思議な話のことをいう。幽霊や妖怪など、超自然的な存在や現象が語られる。死者と生者の狭間、人間と人間ではないもの、いわゆる異人やまれびとの交錯するような、不可知の領域が「怪」であり、それが語られたものが「怪談」である。

 

この広い意味に「怪談」をとれば、アフリカの「怪談」はじゅうぶんあり得ることになる。

 

まず、死霊の観念はある。また、死者とも生者とも区別がつかない神秘的存在について語ることも、よくある。ここでは、広い意味での「怪談」に含まれそうな話題を提供することにする。

 

呪い(人類学では妖術・邪術という用語を使うことが多い)、祟りなどをキーワードに文化を読み解こうとするのが私の研究の意図するところだからである。ちなみに妖術は『源氏物語』の六条の御休所の生霊のように、本人の意図しないまま誰かに神秘的な危害を加えることである。いっぽう邪術は丑の刻参りのように意図的に誰かに危害を加えようと何らかの技法に訴えることである。

 

この分野の研究の現在の基礎をつくったひとりが、イギリスの社会人類学者、エヴァンズ=プリチャードである。かつて彼が述べた以下の言葉が今も私の調査・研究を方向づけている。

 

 

「……アフリカのすべての民族において、有神的信仰、マニズム信仰[いわゆるマナイズム、マナへの信仰。あるいは祖先崇拝のこと:梅屋注]、妖術の諸観念、超自然的制裁を伴う禁忌、呪術行為などの諸観念が独自の結びつき方をしているがゆえに、各民族の哲学は独特な性格を示している。たとえば、一部の諸民族―バンツー諸族の大部分―では、祖先祭祀が支配的なモチーフとなっている。スーダン系諸族では、妖術が支配的モチーフとなっており、それに呪術や託宣の技術が加わっている。また他の諸民族、たとえばヌアー族では「霊」が中心に位置し、その周辺にマニズムや妖術の観念がみられる。そしてまた他の諸民族では他の概念が中心的位置を占めている、という具合である。何が支配的モチーフであるかは、ふつう、そしておそらくつねに、危険や病気やその他の不幸に際して人びとがそれらの原因を何に求め、それから逃れたりそれらを排除したりするためにいかなる手段をとっているかを調べることによってわかる……」[エヴァンズ=プリチャード 1982: 494-5]

 

 

要するに、ある民族の「哲学」を理解するためには、人間社会を不可避的に襲う病や死といった不幸の出来事の原因として、何が持ち出されて、それに対してどのような対処を行うのかが重要だ、と説いているわけだ。そういった観念と行為の集合体を「災因論」と人類学では言い習わしてきた。その「災因」のモチーフの多くは、広義の「怪談」のトピックと必然的に重なる。いくつか私がフィールドワークの最中に実際に体験したことを含めて紹介しよう。

 

 

死霊の観念

 

死霊の観念はある、と書いたが、私が調べているアドラという民族では、かつては死霊の観念に対する信仰は、それほど強くなかったと考えられている。彼らは言語学的・文化的には西ナイル系という区分に分類されている。本来的には牧畜民で、家畜(特に牛)に花嫁代償や財産としての高い価値を付与し、エチオピア高地原産のシコクビエを主食としている。

 

死霊の観念が希薄だったのはある意味では当然である。歴史上牧草と水、あるいは近隣民族との紛争を経て長い間移動を繰り返してきた民族だからだ。墓をつくったとしてもやがて遺棄して去らざるを得ない。日本の位牌に当たるような、祖先の霊を物質的に象徴する習慣もなかった。現在でも、構造的健忘症と呼ばれるほど、祖先の系譜を容易に忘却してしまう。

 

 

巨大なことでこの地域ではもっとも有名な墓石。よほど祟りをおそれたのか。

巨大なことでこの地域ではもっとも有名な墓石。よほど祟りをおそれたのか。

 

 

南スーダンのバハル・アル・ガザル周辺にいたとされる母集団がアドラという伝説上のリーダーに率いられて、16世紀ごろまでに、何回にも分けて移住をし、キョガ湖のほとり、ウガンダ東部のトロロ県近辺に居住地がほぼさだまった。死霊や妖術の観念への信念と精緻な儀礼をもつニョレ、サミアなど近隣のバンツー諸民族に囲まれたアドラ民族は、その影響を受けて、死霊や邪術などの観念をしだいに発達させたとみられている。現在ではキリスト教の影響で、遺体埋葬の後セメントの墓をつくる。たまに見かける行き倒れなど素性のわからない人の墓は、土まんじゅうである。それが本来の姿であろう。

 

移動の過程で死霊を指す語彙を近隣言語から借用したり、意味や形態の変化が生じているようで、死霊などを指すときに系統を同じくする西ナイルのアルル、ランギなどの近隣諸民族と同じ語彙をもちいていても意味がすこし(あるいはかなり)違っていたり、バンツーの語彙を借用していることも多い。

 

言うまでもないことだが、本来無文字社会なので、基本的には口頭伝承によってのみ「怪談」は伝えられる。言語情報に依存して、ビジュアルのイメージが乏しいのが特徴である。数多くの妖怪・怪異絵巻がある日本の状況とは、そのあたりの事情はまったく異なっている。

 

 

アドラの祖先崇拝の霊場。沖縄の御嶽(うたき)に雰囲気が似ている。

アドラの祖先崇拝の霊場。沖縄の御嶽(うたき)に雰囲気が似ている。

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

vol.231 ひとりひとりが生きやすい社会へ 

・森山至貴氏インタビュー「セクシュアルマイノリティの多様性を理解するために」

・【障害児教育 Q&A】畠山勝太(解説)「途上国における障害児教育とインクルーシブ教育」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】矢嶋桃子 「草の根の市民活動「タイガーマスク運動」は社会に何をもたらしたのか」

・成原慧「学び直しの5冊 <プライバシー>」

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.232 特集:芸術へいざなう

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」