シリア問題をめぐるロシアの戦略 ―― 地政学的思惑と限界

シノドス編集部より

 

本稿は、公益財団法人 中東調査会発行『中東調査 No.516(2013年2月22日)』に掲載された廣瀬陽子「シリア問題をめぐるロシアの戦略――地政学的思惑と限界(58-68頁)」からの転載となります。昨今のシリア情勢を受け、ロシアのシリア外交についてのご執筆を廣瀬様にお願いしたところ、本稿の転載をご快諾いただき掲載の運びとなりました。ご執筆日(2013 年1月10日脱稿)から半年以上の日が経っておりますが、現下におけるロシアのシリア外交について参考いただければ幸いです。

 

 

はじめに

 

シリアでの混乱が長期化する中、欧米の意向に反し、ロシアはシリアの体制派、すなわちバッシャール・アル=アサド大統領を支持してきた。シリアに対する制裁を警告する国連安全保障理事会(安保理)決議案は、ロシアと中国による3 度の拒否権発動により、否決されてきたし、ロシアはアサド側に武器や兵器の供与を続けていることでも諸外国から批判を受けている。ロシアが欧米の対シリア政策を阻んでいることがシリアの内戦の長期化と犠牲者の増大につながっているとして、ロシアに対する欧米諸国からの批判は高まっており、ロシアはシリア問題で国際的に孤立したとも言われている。

 

このように、ロシアはシリア問題の帰趨の鍵を握っているが、シリアはロシアにとっては、世界戦略のチェス盤の一駒でしかないといえる。その証左に、2012 年末頃からは、シリア問題に対する強硬路線に明らかに変化が見られるようになっている。

 

他方、シリア問題を考える上で、それを単に「アラブの春」の一部と見るのではなく、国際政治の大きな潮流の中で捉えることが肝要だ。特に、ロシアと米国の間で「冷戦的」な状況が現在も続いていることは重要な前提となる。2009 年に米国でバラク・オバマ政権が誕生し、ロシアとの関係を「リセット」する宣言を行ってからは、両国関係の改善の期待も持たれたが、依然として両国の関係は厳しいと言える(*1)。

 

(*1)ここ数年の米露関係に関しては、以下の拙著、拙稿等を参照されたい。拙著『ロシア 苦悩する大国、多極化する世界』アスキー新書、2008 年;拙稿「「リセット」できないロシアと米国」『Wedge Infinity 解体ロシア外交』2011 年5 月27 日(http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1970);拙稿「プーチン大統領外遊で明らかになったロシアの対米姿勢」『Wedge Infinity 解体 ロシア外交』2012 年6 月8 日(http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1970);拙稿「プーチンの愛国主義政策で米大統領選後の米ロ関係も期待できず」『Wedge Infinity 解体 ロシア外交』2012 年11 月5 日(http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2333)。なお、本稿に記載したURL の最終アクセス日・確認日は全て2013 年1 月10 日である。

 

それでは、ロシアは何故、国際的に大きな損失を被りながらもアサド政権を支持してきたのだろうか。また、次第に路線変更をしつつあるかのように見えるのは何故だろうか。本稿では、そのような問いを明らかにすべく、ロシアの対シリア政策の背景を、特にロシアの国際戦略に焦点を当てて検討していく。

 

 

ロシアの立場

 

まず、シリア問題におけるロシアの立場を確認しておきたい。ロシアが模索しているのは平和的解決であり、そのために、国際会議の開催およびシリア体制派・反体制派の対話の必要性を主張してきた。国際会議開催について、ロシアは、米中英仏露の国連安全保障理事会常任理事国とトルコ、レバノンなどシリア周辺国、アラブ連盟などの参加に加え、シリアに影響力をもつイランも「絶対欠かせない」という立場だ(*2)。

 

(*2)実際に、2012 年6 月13 日にロシアのラヴロフ外相はイランを訪問し、イランから協力の快諾も得たが、米国はイランの参加に反対している。

 

また、リビアの反省を活かし、アサド政権崩壊時にも備えるかのように、ロシア首脳陣はシリアの反体制派とも接触している。非公式の接触は、2011 年末から始まっているが、2012 年6 月7 日には、ロシアのミハイル・ボグダノフ外務次官(中東・北アフリカ担当、兼・中東担当大統領特使)が、シリア問題に関し、「国民が支持すれば」という条件付きながら、「イエメン型の権力移譲」を受け入れる用意があるとの考えを示すなど(*3)、ロシアのしたたかさを露呈した。さらに、後述のように2012 年12 月になると反体制派への働きかけを公にするようになり、「アサド後」への備えをより積極的に始めた。

 

(*3)イエメンでは、2011 年に反体制デモが続いていたが、11 月にアリー・アブドゥッラー・サーリフ大統領の退陣などを柱とする仲介案にサーリフ大統領本人および野党代表者が署名し、その後実施された選挙で副大統領のアブドラブ・ハディ氏が暫定大統領に選ばれ、今年2 月に権限移譲が実現したという経緯がある。

 

つまり、ロシアは、アサド政権の存続を第一義には目指しているものの、それに固執しているのではなく、シリア国民が合意するという条件さえ満たされれば、その結論を受け入れる用意はできている。ロシアにとって重要なのは、国際的な軍事介入を阻止し、「ロシアに近いシリアの政権」が継続ないし誕生することなのである。

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2 3 4
シノドス国際社会動向研究所

vol.246 特集:「自己本位」で考える

・福田充「危機管理学」とはどんな学問か

・山本貴光「「自己本位」という漱石のエンジン」
・寺本剛「高レベル放射性廃棄物と世代間倫理」
・高田里惠子「ちゃんとアメリカの言うことを聞いたら「大学生の教育」はもっとよくなる」
・絵:齋藤直子、文:岸政彦「沼から出てきたスワンプマン」