最近の中露関係――ロシアの脱欧入亜と両国のライバリティ

最近のロシアの外交というと、ウクライナ問題、そしてそれを巡るロシアと欧米の間の緊張の高まりに一番の注目が集まっている。しかし、その側面を表とすれば、その裏ではロシアと中国の関係が深化しているという現実がある。

 

ロシアの外交は歴史的に欧米との関係が悪化すると、アジアにその重点を移すという傾向が見られる。今回も、ウクライナ問題で欧米との関係が悪化する中、ロシアはアジアへの経済や政治関係を重視するようになったと言われ、その様子は「脱欧入亜」とも称されている。

 

 

ここ数年の両国関係の緊密化の傾向

 

そもそも、近年、中露関係の深化が顕著に見られるようになっている。かつて中露は、ソ連時代のいわゆる「中ソ対立」や国境問題により、関係が緊張していたが、ソ連解体からしばらく時を経て、両国は関係改善に利を見出すようになっていった。

 

1996年4月には、中露と中央アジア3カ国(カザフスタン、タジキスタン、キルギス)が安全保障、経済、文化など多面的な地域協力を推進するために「上海ファイブ」を結成した。2001年6月にはウズベキスタンも加わって、上海協力機構(SCO)として拡大・改組し、さらなる関係強化を続けている。

 

また、2004年10月14日に長らく両国間のしこりとなってきた中露国境問題が最終的に妥結し、以後、両国関係の深化が極めて顕著になっていった。特に、グローバルレベルでは政治・経済の両面で欧米に対して共闘することも目立っていき、二国間関係の進展は2010年頃にピークを迎え、2011年1月1日には両国間の石油パイプラインも開通した[*1]。

 

[*1] 拙稿「中ロ間の蜜月関係と両国間石油パイプラインの本格始動」を参照されたい。

 

特に外交では、中露は欧米に対抗する姿勢を取ってくることが多かった。旧ユーゴスラビア関連の諸問題やイラク、シリア、リビアなどをはじめとした中東情勢をめぐる問題では中露は共同路線をとって欧米に対抗してきた。

 

このように、中露はグローバルレベルで、特に米国の一極支配に反発し、多極的世界を目指す戦略的パートナーとしてお互いを認め合うようになった。その一方で、地域レベルや機構のレベルでは中露はライバル関係にある。特にロシアが勢力圏だと考える旧ソ連、ないしロシアが言うところの「近い外国」である中央アジアへの進出には不快感を隠さない。

 

近年、中国の中央アジアにおける影響力の増大は目覚ましく、パイプラインを建設し、エネルギー貿易も盛んになっている他、様々な経済関係を深化させている。また、SCOサミットでも中露の指導権争いが顕著になっているだけでなく[*2]、BRICS(旧・BRICs)会合でも同様の状況が見られるようになってきた[*3]。加えて、軍事面でもロシアは中国の慎重を警戒して共同演習はしても、武器や兵器の供与や技術供与は極力避けて来たし[*4]、近年の北極海をめぐる勢力圏争いでも中露はライバル関係にある[*5]。そして、中露間では天然ガスの価格問題の交渉も長年難航してきた。

 

[*2] 拙稿「中露蜜月に水を差す天然ガス問題」を参照されたい。

 

[*3] BRICsは経済発展が著しいブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字を取り、投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミスト、ジム・オニール執筆の 2001 年 11 月 30 日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられた。当初は完全に部外者が恣意的に名付けた枠組みであり、特にロシアは BRICs という枠組みに強く反発したものの、米国一極支配に対抗する一つの手段とすべくそれを利用することになり、2009 年 6 月 16日にエカテリンブルグで初サミットを開催した。以後サミットが定期的に開催されている。2011 年 4 月 13 日に北京でサミットに南アフリカ共和国が招待され、BRICs は BRICS に拡大し、この頃から中国のBRICSにおけるロシアに対抗する動きが目立つようになっている。

 

[*4] それに対し、ロシアはインドとは軍事協力を進めていることも、中国を苛立たせている。ロシアは、中国が空母開発を進める中で艦載機の着艦に不可欠な機体制動用ワイヤの販売を依頼したのだが、それすら拒否した(拙稿「プーチン返り咲き 緊張の中露と北方領土の行方」参照)。

 

[*5] 拙稿「北極に軍事基地復活 中国をけん制するロシア」を参照されたい。

 

このように中露関係はマクロなグローバルレベルでは密接だが、より小さいレベルではライバル関係にあり、相互を牽制し合うという複雑なものであった。

 

だが、前述のように、ウクライナ情勢を受け、ロシアが外交の主眼をアジアに向けたこと、そして中国もそれに呼応したことに伴い、最近の中露関係が顕著に深化している。以下ではそれらの動向を具体的に見ていきたい。

 

 

ウクライナ問題における中国の立場

 

ウクライナは2013年秋から危機的状況にあるが、2014年7月現在、その危機は3つの段階を経て展開してきた。第一の危機は2013年11月から2014年2月のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ前大統領が失脚するまでの「ユーロマイダン[*6]」危機であり、第二の危機は2月から3月にかけて行なわれた「クリミアのロシア編入[*7]」である。そして第三の危機は、クリミアのロシア編入とほぼ同時に始まったウクライナ東部での混乱である[*8]。

 

[*6] ウクライナの首都キエフの中心部にある独立広場で2013年11月から翌年2月頃まで続いた反政府運動。マイダンとは広場の意。ヤヌコーヴィチ大統領がウクライナの欧州連合(EU)加盟に向けた連合協定への署名の動きを締結目前で凍結したことが直接の引き金となったが、政権への不満が募っていたことが背景にある。当初は平和的な運動だったが、次第に熱を帯び、大勢の死傷者を出す武力衝突にまで発展していった(廣瀬インタビュー「混迷極めるウクライナ「ロシア化」のドミノを恐れる欧米」などを参照されたい)。

 

[*7] 拙稿「ロシアによるクリミア編入:ロシアの論理と国際法」『法学教室』(2014年7月号、No.408)、pp.44-54.

 

[*8] 親ロシア派が市庁舎などを占拠し、独立を求める動きを進めてきた。ヤヌコーヴィチ失脚で誕生したウクライナ暫定政権は、これら親ロシア派をテロリストとして掃討し始めたため、武力衝突は更に過激となった。5月11日にはドネツクとルガンスクの東部2州が違法ながら「国家としての自立」を問う住民投票を行い、両州で約9割の賛成票が投じられたと発表された。同2州は個別の共和国独立宣言を経て「人民共和国」を自称し、5月24日には両「人民共和国」を統合して「共和国連合」を成立させる文書に署名をした。その名称は、「ノヴォロシア」(新ロシアの意)である。なお、翌25日に行われたウクライナ大統領選挙については、東部では親ロシア派の妨害行為により、投票はほとんど行われなかった(拙稿「ウクライナ・ポロシェンコ新大統領 ガス交渉決裂でも強気な姿勢」;拙稿「混乱深まるウクライナ 先鋭化する東部親露派 情勢左右するロシアの出方」;拙稿「ウクライナ問題による北方領土と尖閣への影響」;拙稿「ウクライナが見舞われる「第3の危機」」などを参照されたい)。

 

これらの動きを、欧米諸国は全てロシアの策略だとし、ロシアに対し、様々な制裁を課してきた。このような中で、中国は決してロシアに対して積極的な支援はしていない。たとえば、ロシアのクリミア編入に際してロシアがその根拠としたクリミアの住民投票について、国連安保理や国連総会がそれを「無効」とする決議案を問うたが、中国はそのどちらも棄権し、意思を表明することを避けた[*9]。チベット、ウイグルなど、国内に少数民族問題を抱える中国にとっては、ロシアのクリミア編入を公認することは出来ないのである。

 

[*9] 国連安保理決議においてはロシアの拒否権で否決され、国連総会においては100ヶ国の賛成、11ヶ国の反対、58ヶ国の棄権で採択となった。

 

また、中国にとって、ウクライナとの関係もまた重要であり、ロシアへの支持を明確に表明すれば、ウクライナとの関係が脅かされるのは間違いなかった。近年、中国のウクライナへの進出は目覚ましく、中国の企業が多く進出し、工場経営なども行なっている。また、中国がウクライナに対してインフラ投資をする見返りに、中国はウクライナから国土の5%(関東地方の総面積よりやや小さい規模)を農地として貸与することで合意している。また、近年ウクライナの経済と輸出に占める農業の重要性が高まっており、特に穀物輸出に力を入れてきた一方、中国のウクライナからの家畜飼料のためのトウモロコシをはじめとした穀物輸入も拡大していた。中国にとってウクライナは重要な穀物供給源となっているのである。さらに、中国はウクライナから多くの武器を輸入している。前述のように、ロシアが中国には武器供与をしない一方、旧ソ連の軍需産業の約35%を引き継いだウクライナの武器/兵器を輸入ことにより、中国は「ソ連」の軍事技術を盗むことも出来たのである。

 

一方で、欧米がロシアに対して制裁を課す中、中国は一貫して制裁に反対してきた。制裁は問題解決にはならず、緊張を悪化させるリスクのほうが大きく、誰の利益にもならないとして、再三にわたり反対の意を表明してきたのだ。

 

このように、中国の支援は決して積極的ではない。それでもロシアにとっては反対をされないことが重要であった。ロシアは中国に対して強く感謝をし、プーチン大統領は会見などの場で、繰り返し中国との強い協調関係や中国に対する謝意を述べている。そして、ロシアの世界における孤立と中露関係の関係深化が相俟って、これから述べる中露ガス協力の合意が成立したと言えるだろう。

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.248 「論壇」の再構築に向けて

・大内悟史「こうすれば「論壇」はもっと良くなる――政治や行政を動かす「意見」や「論争」を」
・中里透「物価はなぜ上がらないのか?――「アマゾン効果」と「基調的な物価」のあいだ」
・牧野雅彦「知の巨人たち――カール・シュミット」
・西垣通「人工知能を基礎情報学で解剖する」