わたしたちの自由はどうやって守られているのだろう ―― 繊細な憲法を壊さないために

法曹と法学者の違いって?

 

―― 法学だからこそのアプローチがあるわけですね。最後の質問に入る前に、お聞きしたいのですが、検事や弁護士、裁判官といった法曹と法学者ってなにが違うんですか?

 

理論と実践ですね。医者でいう研究医と臨床医のようなものです。

 

難しい理論を研究したり追求することが面白いと思う人は法学者になると思いますし、日々、クライアントの相談を聞いたり、問題を解決して喜んでくれる人がいることが生きがいだと思う人は実践する側になるのだと思います。

 

 

多数派のあなたも少数派のあなたも

 

―― なるほど、ありがとうございます。それでは、最後に高校生に向けてメッセージをお願いします。

 

そうですね、ふたつのパターンがあります。

 

まず自分は常識人であって、多数決によって行き着いた結論にほとんど疑問をもったことがないタイプの人。そういう人は、ぜひ憲法を勉強して、自分とは全然違うタイプの人も世の中にたくさんいて、そういう人とコミュニケーションをためにはどうすればいいかということを勉強してほしいと思います。

 

一方、多数決の結果に納得できないことばかりだって人もいっぱいいると思います。そう人も、やはり憲法を勉強して、自分が憲法によって守られていることに気付いてほしい。さらに、納得のいかない決定が、正統性のある決定と考えられるのはどうしてか、どういう決定なのかを考えて欲しいと思います。

 

このようにスタンスによって憲法の関わり方は変わってきますが、両方の観点から勉強できるものですから、それぞれの姿勢で憲法学を勉強してもらえたらいいなと思いますね。

 

 

IMG_9136

 

 

憲法学がわかる! 高校生のための3+1

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

 

とても敷居の低い法学入門です。舞台はとある丘の上の喫茶店。紅茶と掃除をこよなく愛する倉井さんがマスターを務める喫茶「赤ひげ小人」に、メニューを見たまま動かなくなっているお客さん。そこに主人公がやってきて……。と、こんな感じの出だしです。

 

 

憲法と平和を問いなおす (ちくま新書)

著者/訳者:長谷部 恭男

出版社:筑摩書房( 2004-04-07 )

定価:

Amazon価格:¥ 821

新書 ( 206 ページ )

ISBN-10 : 4480061657

ISBN-13 : 9784480061652


 

憲法は、多数決の限界を定めています。そもそも多数決とはなんなのか? なぜ多数決に従わなくてはならないのか? そんな根本的な問題から考え、憲法9条の意義について考えます。平和と非武装のどちらが大事か? という視点から考える9条論は新鮮です。

 

 

憲法問題入門 (ちくま新書)

著者/訳者:長尾 龍一

出版社:筑摩書房( 1997-09 )

定価:

新書 ( 204 ページ )

ISBN-10 : 4480057234

ISBN-13 : 9784480057235


 

長尾先生は、日本を代表する法哲学者。憲法学者とは違った視点で、ズバズバ憲法問題に切り込みます。終戦直後、日本人はマッカーサー氏にどんな手紙を送ったのか? 日本憲法学にどんな批判があるのか? 衝撃的な内容が続きます。

 

 

PTA再活用論―悩ましき現実を超えて (中公新書ラクレ)

著者/訳者:川端 裕人

出版社:中央公論新社( 2008-10-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 842

新書 ( 238 ページ )

ISBN-10 : 4121502949

ISBN-13 : 9784121502940


 

インタビュー後半は、法的視点を実践に役立てる具体例として「違法PTA」の話をしていますが、PTAにまつわる諸々を考える出発点になるのがこの本です。高校生の皆様にとって、近くて遠い組織のPTA。ぜひ、この本を手に取り、PTAいかにあるべきか、考えてみてください。

 

(2013年5月27日 木村草太先生研究室にて)

 

★高校生のための教養入門コーナー記事一覧

https://synodos.jp/intro

 

★ジレンマ+:木村草太×浅羽祐樹トーク(全4回)

http://dilemmaplus.nhk-book.co.jp/talk/4582

 

 

 

 

シノドスを応援してくれませんか?

 

人々はますますインターネットで情報を得るようになっています。ところが、ウェブ上で無料で読めるのは、信頼性の低い記事やエンタメ記事ばかり。そんなウェブ環境に抗うべく、誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、誠実に配信していきます。そうしたシノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンになってください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.236 特集:伝統と現代

・九龍ジョー氏インタビュー「落語とポリコレ――変化しながら継承される伝統芸能」

・【ハーグ条約 Q&A】コリン・P.A.ジョーンズ(解説)「権利としての親子のつながり――ハーグ条約で親子のつながりを守れ」

・【今月のポジ出し!】永田夏来「グリーンステージにU2が出れば、フジロックはもっと良くなる」

・畠山勝太「幼児教育無償化から考えるーアメリカの研究結果は日本にとって妥当なのか?」