いずれぼくの仕事がなくなる世界を目指して ―― 国際機関で働くこととは?

これまで「高校生のための教養入門」では、大学でそれぞれの専門分野をお教えしている先生にお話をお聞きしてきましたが、今回は趣を異にして、過去に世界銀行で働かれ、現在はユニセフに所属しジンバブエで働かれている畠山勝太さんに、「国際機関で働くこと」をテーマにお話をうかがいました。畠山さんが「国際機関」を目指したきっかけから、紆余曲折をへて実現されるまでのお話は、「国際機関で働きたい」という夢をより具体的に描くためのヒントになるに違いありません。(聞き手・構成/金子昂)

 

 

「国際機関」は種類も数もたくさん

 

―― 今回、畠山さんに「国際機関で働くこと」をテーマにインタビューをお願いしたところ、「最初に『国際機関』について説明したほうがいいと思う」とメールをいただきました。

 

「国際機関」と一口でいっても、機関も働いている人も多様でわかりづらいと思うので、最初におおまかに国際機関についてのお話をしておいたほうが、その後のインタビューがわかりやすくなると思ってメールをしました。

 

 

―― ありがとうございます。さっそくお話いただけますか?

 

そうですね、最初に国際機関にはだいたい四つくらいのグループがあることを知っておいてほしいです。

 

一つ目が、国際連合の組織のひとつであり、ぼくが以前働いていた「世界銀行」や「アジア開発銀行」「アフリカ開発銀行」といった、いわゆる「国際開発金融機関」と呼ばれるグループ。二つ目が同じく国連グループで、観光や郵便、食糧問題などテーマを絞って国際協力を行っているグループがあります。たとえば教育問題をとりあつかっている「ユネスコ」はこのグループですね。

 

三つ目はやはり国連グループで、おもに途上国の開発問題を扱っているグループですね。いまぼくが働いている「ユニセフ」、緒方貞子さんで有名な「UNHCR」などがこのグループにあたります。そして最後が、国連とは別の組織の国際機関。たとえばぼくがシノドスに寄稿したときにデータの参照元にしたOECDはこのグループですね。

 

このように「国際機関」といっても、グループが複数あり、それぞれのグループのなかにいろいろな機関が存在しているんですね。また、同じ機関のなかでも本部・地域事務所・現地事務所でやっていることもかなり違うので、国際機関といってもその内訳はきわめて多様です。

 

 

あなたも国際機関で働けるかも?

 

つぎに、国際機関は働く人も非常に多様だ、ということ。

 

ぼくは教育の専門家として国際機関で働いています。ほかにも保健医療や経済、インフラなど、さまざまな専門家が国際機関で働いています。それ以外に、民間の会社にもいるような広報や人事、経理といった仕事をしている人もいますし、またはコピーやレポートの装丁といった事務のサポートをしている人もいます。国際機関といっても、一般的にいわれているような大学院をでていないと就けないような仕事だけじゃないんですね。

 

 

―― ということは極端な例ですが、日本で働いている「コピー取りの達人」が国際機関で活躍することもありえるわけですね?

 

そうですね、ありえるかもしれません。

 

ただ、そういった仕事は現地採用の方がやられるので、日本にある国際機関の数はそう多くはないですから、日本人ではいくらコピー取りの達人でもさすがに難しいと思いますね。

 

 

あなたはなぜ「国際機関」を選んだのか

 

そして三つ目ですが、「国際機関で働く」ことを目標にしている高校生や大学生にはとくに知っておいてほしいことです。その目標の立て方は正しいのか、という話です。

 

というのも、国際協力の分野においては、国際機関のほかにも、二国間援助機関と呼ばれる組織もあります。有名なのは「JICA」ですね。

 

 

―― よく居酒屋や喫茶店のトイレにJICAの青年海外協力隊のポスターが貼ってありますね。

 

そう、JICAは青年海外協力隊のイメージが強いと思いますが、おもな仕事は国際機関のように、途上国のインフラ整備をしたり、理数科教員の訓練システムを作ったりといった開発援助の仕事で、国際協力分野の主要なアクターです。

 

さらにNGOも大きなアクターです。日本ではなかなか育っていませんが、イギリスやアメリカには国際機関に匹敵するようなNGOもあって、国際機関の職員よりも給与も雇用の安定性も良いようなところもあるんですよね。

 

つまりなにがいいたいかというと、「国際機関で働く」という目標は、「国際協力の分野でどのように働きたいか」という問いを立てたときにでてくるひとつの答えであって、最初から「国際機関で働きたい」と考えるのはちょっと違うと思うんですね。

 

もし「日の丸を背負って働きたい」と思っているならば、国際機関よりはJICAにいくほうがいい。「草の根で働きたい、市民社会について考えたい」と思っているならNGOのほうがいい。民間で途上国支援を行っている企業だってたくさんあります。

 

しかも、最初にお話したように、国際機関にはさまざまな組織があります。ぼくの専門である国際教育開発ですと、ユニセフ、世界銀行、ユネスコなどが取り組んでいますが、それぞれに教育へのアプローチが違っているんですよ。

 

ユニセフが教育問題に手をつけるのは、「子どもの権利条約」を具現化する手段のひとつだと考えているから。世界銀行は、最大のミッションである「貧困削減」と「経済成長」の実現に教育が有効な手段と考えている。そしてユネスコは、教育自体に価値があると考えているから、教育問題に取り組んでいるわけです。

 

このように教育ひとつとっても、組織によって目的が違い、職員の働き方も求められる専門性も違ってくるんです。だから、そもそも数ある国際協力分野の職場のなかでなぜ国際機関を選ぶのかを考えなくてはいけませんし、自分が取り組みたい分野、たとえば「教育」がそれだとしたら、どのようなアプローチで取り組みたいのかも考えないといけない。漠然と「国際機関で働きたい」と目標をたてるのは、ちょっと変えたほうがいいかもしれません。

 

 

つぎの仕事の心配をする日々

 

そして最後のお話ですが、国際機関は一般的な日本での働き方と全然違うということを知っておいてほしいと思います。

 

国際機関って、終身雇用なんてなくて、2年、3年と契約を繋いで働いていくんですよ。

 

 

―― 野球選手みたいですね。

 

まさにそうですね。

 

自分で空いているポストを探して申し込みをし、つぎの仕事を確保する。しかも2、3年の契約をとれるようになるのは30、40代になってからで、20代は、3か月や半年、長くて一年くらいの契約を次々と手に入れて生き残っていかなくちゃいけないんです。

 

また、キャリアパスも多様で、ぼくのように23歳から国際機関で働き始める人もいるし、40歳を過ぎてから国際機関に移ってこられる方もいます。さらに、いったん国際機関を離れてアカデミアやNGOに行った後に、また国際機関に戻ってくるというケースもよくあります。なので、こうすれば国際機関で働けるという決まったキャリアパスもあるわけではないんですね。

 

 

―― しかも日本だけじゃなくて、世界中がポストを争奪しあうわけですよね。

 

そうです、そこで勝ち続けなくちゃいけない。

 

さらに国際協力って分野の流行りすたりがあるんですよ。たとえば教育でしたら、この一年で援助額が6%も減少している。単純に考えると6%分、人が必要なくなっているということですよね。どんなに実力や意欲があっても、ポストがなければ働けません。これに国籍や性別といった要素も採用に絡んでくるので、運ゲームの要素がかなりあるといえるでしょう。

 

ただ、ポストがないということは、人事や予算配分がちゃんとおこなわれているのであれば、それだけ世界が良くなっているか、自分よりも優秀な人が世界を良くするために限られた予算を使っているということになるのですから、喜ばしいことだと思いますけどね。ぼくはこの業界で必要とされなくなったら大学院でスポーツ経営と統計を学んで、プロ野球か大リーグの球団職員を目指す予定です。

 

いま「国際機関で働くこと」を目標にしている人たちが実際に働いてみて「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、以上の四つの話はちゃんと抑えておいてほしいです。

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

【vol.230 日常の語りに耳を澄ます】 

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」

 

【vol.229 平和への道を再考する】 

・伊藤剛氏インタビュー「戦争を身近に捉えるために」

・【国際連合 Q&A】清水奈名子(解説)「21世紀、国連の展望を再考する」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】桃井治郎「テロリズムに抗する思想――アルジェリア人質事件に学ぶ」

・末近 浩太「学び直しの5冊<中東>」

1 2 3 4
シノドス国際社会動向研究所

vol.230 特集:日常の語りに耳を澄ます

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」