あなたの盲点がここにある

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

目で見たことのない日本を「妄想する」!?  「日本語が巧すぎる盲目のスーダン人」による初エッセイ『わが盲想』(ポプラ社)が2013年5月に上梓された。彼が「盲想」した日本とはどのようなものなのか、著者のアブディン氏に話を伺った。(聞き手・構成/山本菜々子)

 

 

靴ひもをむすぶ

 

―― 「わが盲想」が話題ですね。そもそもなぜ「わが盲想」というタイトルにしたのでしょうか。

 

ぼくは生まれつき弱視で、12歳の時に視力を失いました。初めて来日したのが19歳の時だから、ぼくは日本を目で見たことがないんです。視覚を使わないで聞いたり、嗅いだり、触ったりして想像した日本の姿を書きました。だから「盲想」ですね。もちろん、ヒットラーの「わが闘争」にかけています。

 

 

―― 本を書くきっかけを教えてください。

 

ノンフィクション作家である高野秀行さんに「アブディンはネタの宝庫だから原稿を書いたらいいじゃない」と言われたのがきっかけです。彼とは10年来の友人なんです。その時は大学で忙しかったから、あまり書く気になれなくて。しかし、数年前に彼の本を編集した編集者の堀内倫子さんにお会いして、すごく書きたい気分にさせられました。「とりあえず短いネタを書いてみたら」とアドバイスをいただいて、書いてみたら、彼女が絶賛してくれて。ところが、出版にむけて動きだそうという時に、堀内さんは急逝してしまったんです。

 

その後、高野さんがぼくに本を書かせようと何回も働きかけてくれたんだけど、やっぱりプロの編集者とは違って、あんまり書きたいという気にはさせられなかったんです(笑)。そのままこの話は流れるところだったんですが、たまたま今の担当編集者である斉藤さんが「高野さんの本によく出ている怪しいスーダン人を紹介してください」といってくれて。堀内さんとやり取りしていた原稿を斉藤さんに送ったら、ぜひポプラ社で連載をさせて欲しいという話になりました。

 

 

―― その短い話はどのような内容だったんでしょうか。

 

この本にも載っている、靴ひもをむすぶ話がメインでした。スーダンにいる時は靴ひもがむすべなくて適当に丸めてごまかしていたんですが、日本で練習することでむすべるようになりました。本になってみても、一番気合いが入っているところだとおもいます。

 

 

―― 目が見えないと靴ひもをむすぶのも大変ですよね。

 

それは違います。見えなくてもむすべる人は沢山います。見えないからできないだろうと自分に甘えていたんです。当初日本へは針灸を学ぶためにやってきました。器用じゃないとできない職種なので、勉強をするにあたって靴ひもをむすべるようになったことは大きな自信になりました。靴ひもをぐっとむすべた瞬間に、心につかえていたものが無くなりました。ぼくの中ではとても象徴的なエピソードです。見えないからできないと思いこんで楽をしていた自分が、自分でなんでもやらなきゃいけないと覚悟を決めた瞬間でした。

 

 

978-4-591-13457-3

 

 

テキストデイジーでも同時発売

 

―― 原稿はどのように執筆されているのでしょうか。

 

視覚障害者がパソコンを使えるように開発された「音声読み上げソフト」というものがあります。20年前から開発が始まっていて、Wordやインターネット、メール等の文章を読み上げてくれます。

 

例えば漢字を打つ時には、普通は漢字の変換を目で確認しますよね。ですが、音声読み上げソフトは、音で漢字を説明してくれるんです。例えば、「山本」と打つとしたら、「やまかわ」の「山」、「ほん」の「本」といった感じで読み上げます。合っていれば確定するし、合っていなければ次の文字にいって確認します。

 

 

―― 動画(http://www.youtube.com/watch?v=7tUk2xiODzE)を拝見したら、打つのがすごく早かったですね。

 

とんでもない。あの何倍もの速さで書く人が多いですよ。ぼくは盲人としても一流じゃないんですよ(笑)。途中から目が見えなくなったので。

 

 

―― 執筆中大変だったことはありますか。

 

原稿のやり取りは少し大変でした。普通の作家さんは編集者から戻ってきた原稿を見れば、どこに指摘が入っているか一目でわかりますよね。でも、ぼくの場合音声ソフトが読み上げてくれるまで、どの個所を直せばいいのか分からない。

 

それと、本って段落一つで雰囲気が変わるじゃないですか。音声ソフトは便利でいいんですけど、単調な機械の音声でずっと聞こえてくるので、読み返しても抑揚が分かりづらいんです。段落や間を確認するには適していません。ですので、チェックの時には編集者に音読してもらいました。すると、ここの流れが変だといったことに気づいて、直すことができましたね。

 

 

―― 点字での出版は予定されているのでしょうか。

 

今、準備をしています。点字も同時に出したかったんですけど、テキストデータを機械で点字化して、さらに人が校正しないといけないので、数カ月かかってしまうんです。ですが、目の見えない方が本を読む方法として、点字以外にも「テキストデイジー」という方式があります。これは、テキストデータさえあれば、機械の音声が読み上げてくれるというものです。日本点字図書館と出版社の協力で、発売と同時にダウンロードできるようになりました。

 

ぼくたちは、本がすごく話題になっていても、すぐには読める形で手に入らないんです。それがぼくはすごく嫌だったんですね。だから、自分の本が出る時は、同時にテキストデイジーでも出版したいと考えました。実はこれは初の試みなんです。テキストデータさえ早く渡せれば、点字と比べて比較的早くつくることができますので、ぜひ、他の出版社さんにも取り組んでほしいなとおもいます。「わが盲想」のテキストデイジー版は、視角障害等をお持ちの方のための電子図書館「サピエ図書館」からご利用いただけます。

 

 

 

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.267 

・堅田香緒里「ベーシック・インカムとジェンダー」
・有馬斉「安楽死と尊厳死」

・山本章子「誤解だらけの日米地位協定」
・桜井啓太「こうすれば日本の貧困対策はよくなる――貧困を測定して公表する」
・福原正人「ウォルツァー政治理論の全体像――価値多元論を手がかりとして」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(11)――シンクタンク人生から思うこと」
・杉原里美「掃除で、美しい日本人の心を育てる?」