自己表現は人を<癒す>のか? ―― 「大変な社会」を生きるために

人は自己表現しながら生きている。それでは、人は自己表現しなければ生きていけないのか? 自己表現は人にとってどれだけの意味があるのか。精神科病院・平川病院のなかで営まれている<造形教室>では、「心の病」を抱えたひとびとが、アートを通じた自己表現によって自らを<癒し>、自らを支えている。『生きていく絵』(亜紀書房)は、文学研究者の荒井裕樹氏が<造形教室>への取材を通じて考えた自己表現の意味や可能性を考えまとめた本だ。自己表現は人を〈癒す〉ことができるのか、そして社会にとってどんな意味があるのか、お話を伺った(聞き手・構成/金子昂)

 

 

さりげなく、やわらかな空気が流れる場所

 

―― 最初に、『生きていく絵』はどんな本なのかお話ください。

 

簡単に説明すると、東京都内の精神科病院・平川病院のなかで活動している〈造形教室〉を取材した本です。心を病む人たちのアートを通じた自己表現にはどのような意味や可能性があるのかを考えました。

 

 

―― その〈造形教室〉ではどんなことが行われているのですか?

 

心を病む人たちのアートと聞くと、多くの人は「アートセラピー」とか「作業療法」といったものを思い浮かべると思います。でも、そこの〈造形教室〉は、それらとはちょっと違う独特の試みがなされているんですね。

 

普通、「アートセラピー」や「作業療法」というのは、治療やリハビリを目的として行われます。そのため、精神科医・臨床心理士・作業療法士といった資格をもつ医療者が、患者さんたちの活動を指導したり、サポートしたり、場合によっては管理したりしています。

 

でも、この本でとりあげた〈造形教室〉には、そういった医療者がいないんですね。もちろんまったく無関係というわけではないのですが、適度な距離感を保っている。それで基本的には、この場を居場所に選んだ人たちが自由な時間にやってきて、それぞれが自分のペースで自由に絵を描いている。医療施設のなかにこういった場があるというのは、実はとても珍しいことなんです。

 

いままで何度も「本の舞台になっている〈造形教室〉ってどんなところですか?」っていう質問をいただいてきたのですが、答えるのがすごく難しいんですよね……編集を担当してくれた柳瀬さんも一緒に行ったことがあるのですが……。

 

柳瀬 時間の流れが独特でした。みなさん淡々と作業をされていて、どんどんと作品ができあがっていく人もいれば、ひとつの作品に何年もの時間をかけている人もいる。学校や職場で共同作業をするときは、漠然とみんなで同じ時間の流れのなかで働いていると思っている人がほとんどなのではないかと思いますが、〈造形教室〉ではひとりひとりがそれぞれの時間のなかで絵を描いているように映りました。

 

荒井 ぼくがなぜ〈造形教室〉に通ったかというと、そこの空気感がいいなぁと思ったからです。さりげなく、やわらかな空気が流れている。精神科病院のなかですから、みなさん何らかの「心の病」をもっています。大変な境遇のなかを生きのびてきた人も多いし、いま現在もつらく苦しい生活を強いられている人もいる。〈造形教室〉はそういった人たちを「支援」したり「サポート」する場所ではなく、なんとなく「一緒にいる」場所だといえるかもしれません。さりげなく、やわらかな気持ちで一緒にいることが、人を励まし、支えることができる。それがとても不思議でした。

 

 

OL_生きていく絵_カバー

 

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.3.15 

・中西啓喜「学力格差と家庭背景」
・竹端寛「対話を実りあるものにするために」
・佐々木葉月「日本のテロ対策の展開」

・小野寺研太「「市民」再考――小田実にみる「市民」の哲学」
・久保田さゆり「学びなおしの5冊〈動物〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(5)――設立準備期、郵政民営化選挙前」
・山本宏樹「これからの校則の話をしよう」