日本語訳「安倍談話」

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

私たちは二度と戦争の荒廃を繰り返してはなりません。

 

紛争、侵略、戦争——私たちは二度と国際紛争解決手段としていかなる脅しや武力行使にも頼りません。私たちは永遠に植民地支配を廃し、世界中の人々の自決権を尊重します。

 

第二次大戦についての深い悔悟とともに、日本はこの誓いを行いました。これに基づき私たちは自由で民主的な国を作り、法治に従い、二度と戦争を起こさないというあの誓いを一貫して守り続けてきました。70年という長きにわたり平和を愛する国として私たちが歩んできた道を静かに誇りつつ、私たちは二度とこの確固たる道から外れないという決意をいまでも抱き続けています。

 

日本は戦時中の行いについて深い後悔と心からのお詫びを繰り返し述べてきました。こうした気持ちを具体的行動で表すべく、私たちはインドネシアやフィリピンなど東南アジア諸国の人々、台湾、韓国と中国をはじめ、隣人たるアジアの人々の苦しみを心に刻んできました。そして終戦以来、地域の平和と繁栄のために一貫して献身してきました。これまでの内閣が述べてきたこうした立場は、未来にわたっても揺るぎないものです。

 

 

でも、どんな努力をしようとも、家族を亡くした人々の悲しみや戦争の破壊により多大な苦しみを味わった人々の痛々しい記憶は決して癒されません。

 

だから私たちは以下のことを肝に銘じねばなりません。

 

アジア太平洋地域の各地から六〇〇万人以上の日本人帰還兵が安全に帰国し、日本の戦後復興の原動力となれたという事実。中国に取り残された日本人の子供三千人近くが、彼の地で育ち、故国の土を再び踏めたという事実。アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリアなど各国の元戦争捕虜たちが長年にわたり日本を訪れ、双方の戦死者の魂のために祈り続けてくれたという事実。

 

戦争のありとあらゆる苦しみをくぐりぬけた中国の人々や、日本軍による耐えがたい苦しみを体験した元捕虜たちにとって、それでもこれほど寛容であるためには、どれほどの感情的な葛藤があり、どれほど大きな努力が必要だったことでしょうか。

 

私たちは、この点を振り返り考えを向けねばなりません。

 

こうした寛容さのあらわれのおかげで、日本は戦後に国際社会に復帰できました。終戦70周年のこの機会を利用して、日本は和解のあらゆる努力を行ってきた国々や人々に対し、心からの感謝を述べたいと思います。

 

 

日本では、いまや戦後世代が人口の八割以上となっています。あの戦争とは何の関係もない子供たち、孫たち、さらにはその先に来るはずの世代に、あらかじめ謝るよう運命づけてはなりません。でもそれであっても、私たち日本人は世代を超えて、過去の歴史に正面から向き合わねばなりません。わたしたちはあらゆる謙虚さをもって過去を引き継ぎ、未来へと伝える責任を負っているのです。

 

私たちの親の世代と祖父母の世代は、戦後の貧窮の中、荒廃した国土で生き延びおおせました。かれらがもたらした未来は、現在の私たちの世代が受け継ぎ、そして次の世代へと手渡すものです。私たちの先人たちのたゆまぬ努力とともに、これが可能になったのはひとえに、日本が敵として熾烈な戦いを繰り広げたアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などの実に多くの国々が、憎しみを乗り越えて私たちにさしのべてくれた善意と支援によるものです。

 

私たちはこれを、世代から世代へ、未来へと向けて伝えねばなりません。私たちは歴史の教訓を心に深く刻み、もっとよい未来を創り出し、アジアと世界の平和と繁栄のためにできる限りの努力をするという大きな責任があります。

 

私たちは日本が膠着状態を武力で突破しようと試みた過去を心に刻みます。この反省のもと、日本はあらゆる紛争は武力行使によってではなく、平和的かつ外交的に、法治に対する敬意をもって解決しなければならないという原理を堅持し、世界の他の諸国にも同じようにするよう呼びかけ続けます。戦争中の原子爆弾攻撃の惨状に苦しんだ唯一の国として、日本は国際社会での責任を果たし、核兵器の非拡散と最終的な廃止を目指します。

 

私たちは20世紀の戦争中多くの女性の名誉と尊厳が極度に傷つけられた過去を心に刻みます。この反省のもと、日本はそうした女性の傷ついた心の側に常にたつ国でありたいと願います。日本は21世紀を、女性の人権が侵害されない時代にするよう世界を主導します。

 

私たちは経済ブロック形成が紛争の種を育んだ過去を心に刻みます。この反省のもと、日本はどんな国の恣意的な意図であれ影響されないような、自由、公正、開放的な国際経済システムを構築し続けます。私たちは発展途上国への援助を強化し、さらなる発展に向けて世界を主導します。繁栄こそが平和の基盤に他なりません。日本は暴力の温床でもある貧困との闘いにこれまで以上の努力を行い、医療、教育、自立の機会を世界中の人々に提供するようにします。

 

私たちは日本が国際秩序への挑戦者に成りはてた過去を心に刻みます。この反省のもと、日本は自由、民主主義、人権といった基本的な価値を不動の価値として堅持し、そうした価値観を共有する国々と手を携えて「平和への積極的な貢献」の旗を掲げ、未だかつて以上に世界の平和と繁栄に貢献します。

 

終戦80周年、90周年、百周年に向けて、私たちはこうした日本を、日本国民とともに造りあげる決意です。

 

2015年8月14日

日本国総理大臣 安倍晋三

 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.266 

・山本昭宏「平和意識の現在地――〈静けさ〉と〈無地〉の囲い込み」
・田畑真一「【知の巨人たち】ユルゲン・ハーバーマス」
・吉田徹×西山隆行×石神圭子×河村真実「「みんながマイノリティ」の時代に民主主義は可能か」
・松尾秀哉「【学び直しの5冊】〈現代ヨーロッパ〉」
・木村拓磨「【今月のポジだし】活動を広げよう――不登校支援」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(10)――「シンクタンク2005年・日本」自民党政権喪失後」