代替医療は存在しない、効く治療と効かない治療があるだけだ

伝統的な背景は若干異なっているものの、日本もアメリカの奇跡と魔法のお薬ショーとは無縁ではない。1990年代に貿易摩擦解消のための市場開放がスタートして以来、アメリカで自由に売られているものは日本でも自由に売られてしかるべきと、アメリカ側に求め続けられている。

 

1996年には、それまで薬に見えるものは薬として薬事法の規制を受けるとしていたのが緩和された。サプリメントは栄養補助食品となり、錠剤やカプセルであっても食品として扱うこととなったのである。また、この結果、日本ではサプリを含む「健康食品」は定義も曖昧なまま、ほぼ規制もされない状態となってしまっている。

 

現在の米国は、栄養補助食品健康教育法(DSHEA)のもたらしたフリーパス状態になんとか規制をかけようとしたFDAの苦闘の結果、わずかながらだがチェック体制も出来てきている。本書が描くような経過を知らなければ、米国には日本にはないサプリの定義があり、国民の選択の自由を優先しつつ、政府の責任としての最低限のチェックは行われている状態と見えないこともない。これをお手本にすれば、サプリ業界は米国のように急速に成長して経済を潤し、一方、あいまいな健康食品の定義や扱いがもたらしている問題点を克服できるのではないか? という考えが生まれるのも理解できる。

 

そして、日本でも、国民がサプリをもっと利用すれば医療費の削減に繋がるだろう(それは幻の期待であることも本書が明らかにしているが)という考えの元に、DSHEAをお手本にして、国民が自己責任で健康食品やサプリを自由に選択して自己責任で健康管理をする方向を目指すべく、実際の動きも始まっている。2015年に開始された「機能性表示食品」のもその一つである。

 

TPP合意のニュースも流れる現在、日本の市場に魅力を感じているアメリカのサプリ業界と、アメリカのように厳しい規制なしでもっとサプリを売りたい国内の業界、経済成長への期待がある政府と役者が揃えば、この動きが止まることはなさそうだ。日本の私たちも先行するアメリカのサプリの規制緩和でだれがどのように得をして、何が起こったのかは知っておいて損はないだろう。

 

日本人もアメリカ人に負けず劣らず健康志向で、健康のために代替療法に傾倒してしまう人も多く見かけるからである(代替療法自体に副作用がなくても、実際に効果が確認されている通常医療から患者を遠ざけるという問題があることも、本書のエピソードを読めば納得できるはずだ)。

 

 

予防できる病気で子供たちが苦しむのは許せない

 

小児科医のオフィットが本書のような本を書くことになった理由は、彼がワクチンの専門家だからだろう。近年米国ではワクチン拒否をする反ワクチン運動が大きな問題となりつつあるが、オフィットは長年この問題に取り組んできたことで知られている。

 

オフィットの最初の一般向けの本は、1999年のルイス・ベルとの共著で親向けのワクチン解説書(『予防接種は安全か 両親が知っておきたいワクチンの話』)だった。そしてその後、本書を含めて10冊の一般向け書籍を書いているが、もっとも有名なのは自閉症とMMR三種混合ワクチンをめぐる英国の医師ウェイクフィールドの論文ねつ造事件を扱った『自閉症のニセ予言者たち(Autism’s False Prophets)』(2008年、未訳) だろう。

 

日本ではたまたまこの時期、国産MMR三種混合ワクチンのおたふく風邪ワクチンに不具合があって接種中止となったため、このねつ造事件の直接の影響を受けることはなかったが、本書でも触れられているように、ウェイクフィールド事件は名門医療論文誌ランセットを巻き込むなど、科学に信頼を寄せる人々にとっては言語道断のスキャンダルだった。ワクチンが自閉症を引き起こすというウェイクフィールドの主張については、その後の検証によってほぼあり得ないとの結論が出ている。

 

ウェイクフィールドは医師免許を取り消されて、研究者としても医師としても社会的な生命が絶たれた。とはいえ、我が子の障害に悩む親と、その親たちの支持が欲しいグループにとっては、自閉症ワクチン原因説は非常に魅力的な仮説だった。このためか現在でも製薬会社や製薬会社と結託した医学研究者が、ワクチンの危険性を指摘する人々に圧力をかけていて、ウェイクフィールドはその犠牲になった我々の英雄なのだという話が繰り返しPRされている。ワクチンは子供にとって危険で不要なものであるという反ワクチン運動の主張は、世界中で広く共感を集めていて、日本でも静かに広がりつつある。

 

この事件以降、オフィットは反ワクチン運動の主張の過ちを指摘し、ワクチンの有用性を訴え続けている。実際問題、アメリカでもヨーロッパでも予防接種をためらう親が増えたため、過去のものとなりかけていた感染症が子どもたちを脅かしている。

 

アメリカでは以前から宗教的な理由で予防接種を含む現代医療を拒否する小さなコミュニティーがあちこちにあり、感染症の局地的な流行を引き起こして問題となってきたが、反ワクチン運動のキャンペーンで予防接種率が大幅に低下したため、こうしたコミュニティーで始まった感染症の流行が、ごく普通の人々も巻き込むようになってきている。最近では2015年ディズニーランドで始まった麻疹の流行が記憶に新しい。ワクチンで防げる感染症の多くは、ワクチンで予防する以外に有用な治療法がないものが多い。

 

小児科医であるオフィットは予防できる病気で子供たちが苦しむのは許せないし、親であっても子どもを苦しめる結果になる行動はとるべきではないと考えている。こうした熱心さが目立つためだろう。マスコミは「ワクチン・導師(グル)」という少しからかうような異名を進呈している。

 

ワクチン反対派は、当然ながらオフィットに猛烈に反発している。雑誌ニューヨーカーの記者マイケル・スケプターがTEDのスピーチで、「テロリスト」と銘打たれたポスターを示し、「この男(オフィット)はロタウイルスのワクチンを開発して大勢の途上国の子どもたちを救ったのに、ワクチンの話をするというだけで講演会にはボディーガードが必要になっています」と述べているような状況である。

 

だが本書もそうであるように、オフィットは反対派を頭から否定してはいない。彼はなんであれ、まず納得するまで相手と背景を調べるのだ。2011年に出版された反ワクチン運動の歴史を追った『死にいたる選択(Deadly Choices How the Anti-Vaccine Movement Threatens Us All)』(未訳)も、その調査と探求の成果だと言ってよい。その次に書かれたのが本書で、最新刊は信仰に基づく医療ネグレクトを扱った『良くない信仰(Bad Faith When Religious Belief Undermines Modern Medicine)』(未訳)である。

 

最近は日本でも医療不信を表明して、標準的な医療と製薬会社の金儲け主義を糾弾する意見を見かける。だが本書でオフィットが何度も指摘するのは、代替医療ビジネスの儲けの大きさと、代替医療とセットになって売られているナチュラルでオーガニックな健康食品・ビタミン・サプリ・ビジネスの巨大化である。

 

詐欺まがいの主張も内包したまま大きなビジネスへと成長してきたこの業界の怪しさは、残念ながら大製薬会社の欺瞞や不正といった話題ほど興味を惹かないようだ。本書を精読したあとに、いつの間にか私たちもナチュラルでオーガニックなものが身体に悪いはずがない、健康を考えて私が自分で選んだものが悪いはずがない、という前提でものを考えるようになってしまっていることに気がつき、現実的な恐怖を感じてしまった。

 

訳者の私はニセ科学やデマに興味を持つうちに代替医療の問題に遭遇した。数年前に欧米で代替医療が大きな問題になっていると聞いたときには、健康保険システムによって主流医療が安く手軽に受けられて、加えて医師が漢方を処方し、国家試験を受けた鍼灸師の治療も医療の一部として使える日本では大きな問題とならないだろうと考えた。だが、その後、代替医療の問題に注目してニュースを追うようになって、この見込みがまったく甘かったことを思い知った。

 

高齢化で膨らむ医療費に悩む政府は、代替療法の活用で国民の健康が維持できるとの主張に惹かれている。治らない病気を抱えた人々は現代医療に不満を持ち、医療を否定する本がベストセラーになっている。医療否定と代替療法への傾倒の結果もたらされた悲劇が、感動する話としてメディアに登場し、多数の人が涙する。今、日本もそのような状況にある。ぜひ本書を読んで、少し違った角度から、私たちの暮らしと健康について考えて下さる方が増えることを熱望している。

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.3.15 

・中西啓喜「学力格差と家庭背景」
・竹端寛「対話を実りあるものにするために」
・佐々木葉月「日本のテロ対策の展開」

・小野寺研太「「市民」再考――小田実にみる「市民」の哲学」
・久保田さゆり「学びなおしの5冊〈動物〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(5)――設立準備期、郵政民営化選挙前」
・山本宏樹「これからの校則の話をしよう」