南相馬市立総合病院の内部被ばく検査から

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

内部被ばくリスクを軽減するには?


このような事例を紹介しましたが、残りの9割の方で生物学的半減期に予想されるような速度で減少しており、慢性的な摂取はかなり少ないだろうことも付け加えておきます。コープ福島で公表された陰膳検査の結果(http://www.fukushima.coop/kagezen_news/kagezen/index.html)にもあるように、食事でのセシウム含有量が1Bq/kg以下で、日常生活での慢性的なセシウムの摂取がかなりコントロールできている方が大多数を占めていることが推定されます。

 

そうすると、次の問題が生じます。どのようにすれば慢性的な食品による内部被ばくのリスクをさらに軽減できるのか?(10Bqとっている原因はどの食べ物なのか?)ということです。

 

これに関しては、南相馬市立総合病院で食品に関する問診を行っています。完全な解析はまだ完了していませんが、今のところ食品を「スーパーで購入し、産地を選んでいる。」という方と、「スーパーで購入するが、産地は選ばない。」と答える方で、内部被ばくの値が異なるという結果は導かれていません。同様にミネラルウォータと市の水道を用いる方の間で差も出ていません。

もちろん、差が明らかになるほど時間が経過していないという批判はあり得るのですが、少なくとも今現在、スーパーで購入し、市の水道を使用している普通のご家庭でセシウム量が増え、値が下がらなくなっているという状況ではありません。

 

それに対して、米や野菜、果物で「家庭または地元で作ったものを食べている。」と答える方は相対的に高リスクになります。私の経験上、継続的に摂取し、原因となっている食べ物は様々でした。干し柿のこともありました、リンゴのこともありました。お米と思われることもありました。ざっくりとは、米、野菜、果物が原因となっているケースが多く、肉や魚が原因と考えられるケースはほぼ無い印象です。

 

食品の基準値は100Bq/kgへ下げられましたが、残念ながらこの案は、何をどのぐらい食べるのかという情報が欠落していました。主食は毎日食べます。好物は頻繁に食べます。嫌いなものはあまり食べません。私はリンゴが好きです。でも、2週間に1回食べるかわかりません。お米は間違いなく毎日食べています。キウイも好きですが、1回に食べる量(重さ)はリンゴまでいきません。

もう少し食べ物によって基準値に傾斜をかけていたら、よりリスクは低減できる方向に行く(行った)はずなのにと思っています。主食を食べる頻度がどれくらいか、好物が何かは非常に重要な情報です。お母さん方にも、プラスアルファで、食べ物に気をつけるとしたら、主食、子供の好物(特に果物と野菜)、値の今まで高かったものの3つにはより気を配るよう話しています。

 

 

「地域単位」ではなく「家族単位」で食物汚染を考える

 

ベラルーシのベルラド研究所の報告書には、内部被ばくの原因の94%が食物、5%が水、1%が空気であったと記されています。幸か不幸か食物の自給率の低い日本では、色々な産地の食物を食べるため、このように食品からの内部被ばくがかなり抑えられているのではないかと推測しています。

今現在の500Bq/kgであるとか、100Bq/kgといった基準が功を奏しているというより、色々なものを食べているから、それに加え子供を持つ親たちが独自に産地を選び、食品摂取に気をつけてくれているからに他ならないのだろうと思っています。

既に述べた通り、今現在、南相馬にてスーパーで食材を購入し、水道も必要な場合はミネラルウォータを用いて、適宜マスクをする。この生活で大量の内部被ばくをする状況ではありません。よって逆にベラルーシでは1%が空気と申し上げましたが、相対的に空気からの被ばく量が多いであろうことは予想されます。

内部被ばくの主要な経路が、経口なのか吸入なのかという点に関して、ウクライナではWBCの上半身側と下半身側の検査結果を比べるという方法がとられています。吸入が多い場合、上半身側(肺側)での検出量が下半身側(足腰まわりの筋肉側)よりも高くなる傾向があることが言われていますが、今現在の当院の結果にてそのような傾向は見つかっておりません。

 

また除染チームの内部被ばく量が、通常の成人より明らかに被ばく量が多いというデータも今のところありません。吸入での被ばくが問題ないなどという気は一切ありませんが、いずれにせよ今後は食品の検査体制の強化と、居住区域のホットスポットの除染が必要なことに変わりはないでしょう。

 

 

tsubokura08

吸入か経口摂取かの区別について、ウクライナにて。

 

 

外部被ばくは、空間の線量に大きく依存しますが、内部被ばくに関しては、空間線量がその量を規定する因子として重要なものではありません。南相馬で内部被ばくを検出するのは、「地域単位」ではなく「家族単位」です。つまり、今の生活での内部被ばくは、現在の食生活でどの程度汚染食品を避けられているかに大きく依存しています。

汚染地域で食品の摂取に十分気をつけていらっしゃる方と、非汚染地域に住んでいて食品には全く気を使わない方を比べた場合、どちらがこれからの内部被ばくリスクが高くなるのかは微妙なところです。食品汚染をどのように考えるかは、南相馬の問題ではなく、浜通りの問題でもなく、東日本全体の問題です。

 

 

ヨウ素、ストロンチウムなどをいかに検知するか

 

当院での検査で明らかになってきたことをいくつか紹介しましたが、まだこれから解決しなければならない問題も多く存在します。

 

一つはヨウ素の問題です。やはり内部被ばくにおいて、一番懸念されるのはヨウ素による甲状腺がんの増加だと思います。我々が検査を開始できた2011年7月の段階から、既にヨウ素は全く検出できない状況になっていました。その頃には既に検知できない程度の量だったと言えるのかもしれませんが、ヨウ素の被ばくは終わっており、痕跡を追うことは出来ませんでした。つまり我々にはヨウ素の内部被ばくがいかほどだったかを知るすべがありません。

このことに関して我々の出来ることは、ヨウ素とセシウムの比率を決め、セシウム量からヨウ素の内部被ばく量を推測することです。しかしながら、セシウムがかなり排泄されつつある今、この方法での予想はかなり雑であり、ヨウ素の内部被ばくの高リスク群がどのような方々なのかを突き止めるまでには至りません。その意味でも、全員の小児には年に一度ペースの定期的な超音波による健康診断が必須であろうと考えています。

 

現在のホールボディーカウンターの役割は、去年の3月の段階での被ばくを評価することでは最早なく、今の日常生活での慢性的な被ばく量の評価することです。確かに代謝の遅いご高齢の方々の現在の検査結果から逆算し、事故直後の被ばく量を推定することはまだぎりぎりできるかもしれません。

しかしながら、代謝速度の速い、セシウムが2ヶ月弱で半減してしまう小学生では、事故直後に摂取したセシウムはほぼ排泄しきってしまっており、事故直後の被ばく量を正確に推定することはもう不可能です。事故直後の急性期の被ばく量の推定ではなく、その後の生活における慢性的な被ばくがどの程度に抑えられているのかを明確にするための検査であるということです。

事故当初の被ばくに関しては、いくつかの試算があり、またいくつかの検査結果もあります。それらに基づきこれくらいのリスクだから、という話しをすることはできますが、検査がしっかり出来ていない以上、これからの(甲状腺エコーなどの)健康診断で守っていくべきだろうと思っています。

二つ目は他の核種の問題です。代表的なものはストロンチウムでしょう。ベータ線しか出さないストロンチウムは、ガンマ線の検出器であるWBCでは検知できません。尿検査をするしかないのですが、大量の尿が必要であったり、処理に時間がかかったりと、高度専門施設でしか検査できないのが現状です。計測できたとしても、尿自体の濃さが朝と夕で違うように、値が安定しないという問題もあります。

これに対しては、ウクライナと同じ方法であれば、セシウムとストロンチウムの比率をいくつかのサンプルから推測する方法があります。経時的に変化しますが、チェルノブイリ事故後、セシウム対ストロンチウムが9対1程度でした。日本ではよりセシウムの比率が高く、99対1ぐらいの結果が多いのですが、日本でもより明確なデータの解析が進むことが必要です。プルトニウムはさらにその存在比率が小さいですが、これらの核種も同様です。

 

 

1 2 3 4
シノドス国際社会動向研究所

vol.269 

・外山文子「タイは民主化するのか?」
・中西啓喜「データサイエンスは教育を「良い方向」に導くのか?――学級規模の縮小を例として」
・笠木雅史「実験哲学と哲学の関係」
・穂鷹知美「求む、国外からの介護福祉士――ベトナムからの人材獲得にかけるドイツの夢と現実」
・久木田水生「ロボットと人間の関係を考えるための読書案内」
・吉野裕介「【知の巨人たち】ハイエク」
・内田真生「ヒュッゲ(Hygge)とは何か?――デンマークが幸せの国と言われる理由」