「妊娠しやすい」年齢を教えることだけが性教育なのか

22歳が妊娠のピーク!?文科省が改訂した「保健教育」の高校生向け副教材で、女性の妊娠のしやすさと年齢による変化を表す折れ線グラフの表記ミスがあった。今回の騒動から見える、日本の性教育の現状について社会学者の永田夏来氏に話を伺った。(聞き手・構成/山本菜々子)

 

 

グラフの問題点

 

 

グラフ

(文科省HP:「健康な生活を送るために」19家族社会・20妊娠出産(p38~p41) より転載)

 

 

――今回、グラフの数値が元のデータと大幅に違っていたことが問題になりましたね。

 

そうですね。基のデータを見る限り、20代前半、22歳と25歳とではほとんど値は変わらないように見えますし、30代になっても急激に落ちているわけではありません。「グラフを単純化して見やすくした」という範疇は超えていると思います。「改ざん」と言われても仕方ないかもしれません。

 

それ以上に、今回のグラフの最大の問題点は、出典がわからないことでしょう。(O’Connor et al. 1998)となっていますが、この論文で紹介されているのは違う論文のデータです。つまり、孫引きですね。

 

有村治子少子化担当相は「医学的、科学的に正しい知識を学校教育で伝えたい」との意向のもと、保健体育の副教材として導入したようです。しかし、「医学的、科学的に正しい」とされる知識の出典がよくわからないというのはおかしいでしょう。

 

最近は、インターネットを使って様々な検証が行われています。私の友人の研究者もどの論文からの引用なのか調べており、だいたいの見当はついているようですが、今回、データを提出したとされる吉村氏は、説明責任を果たすべきだと思います。

 

 

――そもそものグラフの数値についてはどうでしょうか。

 

このグラフは1989年の論文を基にしたものだと言われています。避妊をしていない女性がどれくらい妊娠しやすいのか調べたもののようです。

 

元の論文にもありますが、このグラフはセックスの頻度が情報として勘案されていません。また、文化や歴史的状況による影響を踏まえてとらえる必要があるデータです。端的に言うならば、20代前半だとセックスする頻度が高いけれども、年齢と共にセックスする回数が少なくなっているので、妊娠も少なくなってきているという程度のことを表しているとも読めます。

 

しかし、副教材での使われ方は非常にミスリードです。

 

グラフの横には

 

医学的に、女性にとって妊娠に適した時期は20代であり、30代から徐々に妊娠する力が下がり始め、一般に、40歳を過ぎると妊娠は難しくなります。一方、男性も、年齢が高くなると妊娠に関わる精子の数や運動性が下がり始めます。

 

と書かれています。保健体育の教科書であることを踏まえてこのグラフをみると、生理学的な事実として、妊娠のしやすさが22歳をピークに下がっていくように見えます。非常にミスリードです。

 

 

――多くセックスしている年代が、確率的に妊娠しやすい。「妊娠する力」と言われると、セックスすると何パーセントの確率で子どもが出来る……という話だと思ってしまうが違うと。

 

そうです。その意味の統計を取るならば、他の条件は同じでないとおかしいはずですし、妊娠だけではなく、どのくらいの確率で出産・流産したのかなども含めないと「医学的に女性にとって妊娠に適した時期」を示せないと思います。

 

 

――つまり、出典も明らかにされていないし、グラフは「改ざん」と言われても仕方がない。その上に、「妊娠しやすさ」というにはミスリードな数字であると。ちなみに、「妊娠しやすさ」のグラフがこれしかないというわけではないんですよね。

 

そんなことはないと思いますよ。他にデータを持っている産婦人科医もいるでしょうし、保健衛生や人口学の研究者も同様でしょう。

 

それにも関わらず、なぜセックスの頻度などをコントロールしていないデータなのか。しかも、1998年の外国の論文で、その上、出典のあやふやなものを使う必要があるのか疑問です。

 

今回のグラフが「手違い」とするならば事前に防げたはずです。産婦人科医だけでなく、関連領域の研究者が普段からきちんとディスカッションしていれば、「医学的に女性にとって妊娠に適した時期」を高校生に示すためにはどういうデータが適切なのか、おのずと決まってくるでしょう。【次ページにつづく】

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.228 特集:多様性の受容に向けて

・安藤俊介氏インタビュー「『許せない』の境界を把握せよ!――アンガーマネジメントの秘訣」

・【PKO Q&A】篠田英朗(解説)「国連PKOはどのような変遷をたどってきたのか」

・【今月のポジだし!】山口浩 ことばを「『小さく』すれば議論はもっとよくなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第九回:こんなところでジャズ