日本における里親制度の現状と課題とは

2016年4月4日、20の自治体と13の民間団体が協力し、親元で暮らせない子どもたちを家庭的な環境で育てるために養子縁組や里親への委託を推進する協議会を発足させた。現在、厚生労働省によると、親元で暮らせない子どもたちは全国でおよそ46,000人存在している。今回は、日本の里親制度の現状と課題、今後の政策について専門家とともに考える。 2016年04月08日放送TBSラジオ荻上チキ・Session-22「日本の里親制度〜その現状と課題」より抄録(構成/畠山美香)

 

■ 荻上チキ・Session22とは

TBSラジオほか各局で平日22時〜生放送の番組。様々な形でのリスナーの皆さんとコラボレーションしながら、ポジティブな提案につなげる「ポジ出し」の精神を大事に、テーマやニュースに合わせて「探究モード」、「バトルモード」、「わいわいモード」などなど柔軟に形式を変化させながら、番組を作って行きます。あなたもぜひこのセッションに参加してください。番組ホームページはこちら → http://www.tbsradio.jp/ss954/

 

 

養子と里親の違い

 

荻上 今日のスタジオゲストをご紹介いたします。日本社会事業大学准教授の宮島清さんと、NPO法人キーアセットのマネージャーの榑沼あづささんです。よろしくお願いします。

 

宮島・榑沼 よろしくお願いします。 

 

荻上 そして、のちほど漫画家の古泉智浩さんにもお電話で登場していただき、実際に里親になった立場からお話を伺いたいと思います。

 

さて、宮島さんは大学でどのようなお仕事に携わっているのでしょうか。

 

宮島 私はもともと児童相談所や県庁で児童福祉の仕事をしていたのですが、現在は実務に携わっている方々が通う専門職大学院で教員をしています。 大学院では、児童相談所司の方や児童養護施設の職員の方、スクールソーシャルワーカーの方、生活保護の担当者などが学んでおります。30代 から50代の方、年齢の高い方ですと60を超える方もいらっしゃいます。

 

荻上  現場を知っている方が学習の機会を得て、幅広い視野から色んな仕事に携わりたいという方が学んでいるのですね。 榑沼さんはどのような活動をされているのでしょうか。

 

榑沼 私たちキーアセットは、本部がイギリスにあり世界の約11ヶ国で養育里親や養育里親家庭の支援をしています。日本では、大阪府、堺市、川崎市、東京都から里親支援機関事業を受託して里親家庭さんの支援を行っている民間組織です。

 

里親支援事業や自治体によって異なることはありますが、キーアセットでは里親制度についての地域での普及啓発といったリクルート活動を始め、里親になりたいという方に面接や研修を実施したり子どもが委託された後の養育家庭へのサポートをしたりします。

 

荻上 「キーアセット」という名前は、どのような意味が込められているのですか。

 

榑沼 アセット=資産という意味です。資産ははぐくまなければならないものであり、私たちにとってもっとも大事な資産は子どもです。その資産をはぐくむための鍵(キー)となるのは家庭である、と私たちは考えます。そうした思いを込めて「キーアセット」と名付けました。

 

荻上  ここで、リスナーから質問がきています。

 

「外国では著名な方が複数人の子どもを養子として育てているという話を聞いたことがあるのですが、養子と里親の法律上の違いを教えてください。また、日本では里親制度が普及しないのは、日本人の特性によるのか、それとも制度に問題があるのか知りたいです。」

 

宮島 養子も里親も実際に血の繋がりのない子どもを育てるという面では同じです。しかし、養子は民法上で親子関係を結びますが、里親は児童福祉法に基づいて養育します。

 

日本では、養子というと家を継承する、財産を引き継ぐために法律上の親子関係を結ぶという意味で捉えられてきました。なので、今まで養子制度は「子どもをもらう」というイメージだったんです。しかし、本来は、養子制度も里親制度も親が子どもを育てられないときに家庭に迎い入れるものです。「子どものための制度」であることを強調しておきたいと思います。

 

荻上 養子と里親の法律上の違いによって影響はあるのでしょうか。

 

宮島 里親制度では法律上の親の地位には変化が生じません。里親制度の場合は、福祉の援護として生みの親が子どもを育てられるようになるまで里親に託すという都道府県知事の措置が行われます。里親はこれに基づいて子どもを家庭に迎えることになります。

 

榑沼  養子制度の場合は法律上、家族を作っていくという関係ができていきます。里親の場合は、子どものニーズに基づいて必要な期間里親がケアを提供していくという違いから、養子と里親は異なります。

 

荻上 養子と里親の主旨の違いがあるということですね。

 

宮島  日本では、里親制度でも、長い間養育して子どもを育て上げることが多いのですが、親御さんが入院する期間だけ養育するというような短期の委託というものもあります。

 

荻上  養子と里親は全く違うものとして区別できるものではなく、重なる点もありますね。

 

宮島 親子関係というのは3つの要素から成っています。1つ目は生物学的な親子関係、2つ目は法律上の親子関係、3つ目は実際に暮らす中での絆の深さの関係です。しかし、現状では血縁関係や法律関係だけが着目されやすくなっています。

 

荻上  子どもはどういう理由で里親を必要とするのでしょうか。

 

榑沼  虐待であったり、ネグレクトで親が適切な養育を提供できないということが1つの理由です。あと、親の病気や経済的な理由で家庭では暮らせず、一時的に養育家庭を必要とする場合もあります。

 

荻上 里親制度や養子縁組制度の他にも子どもたちが支援を受ける選択肢はあるのでしょうか。

 

榑沼 社会的養護を必要とする子どもたちへのケアを担っているのは、今の日本では家庭養護の他に乳児院や児童養護施設などの施設養護があります。

 

 

社会的養護の必要性

 

荻上 社会的養護を必要とする子どもは日本ではどのくらいいるのでしょうか。

 

榑沼 およそ46,000人の子どもたちが社会的養護を必要としていると言われています。

 

荻上 実際にその中で里親に預けられる子どもはどれくらいいるのでしょうか。

 

榑沼  全体でおよそ15%の子どもたちは里親家庭、その他の子どもたちは児童養護施設や乳児院に預けられます。

 

荻上  この里親に預けられる割合について、どのようにお考えでしょうか。

 

宮島 社会的養護は子どもたちのニーズに沿って提供されるべきであると思います。特に、子ども時代の全てを施設で過ごすというような長期入所が多い状況は変えていかなければならないと考えます。例えば、赤ちゃんや2〜3歳の時に施設に預けられて成人するまでずっと施設で暮らす。このような例がこの国では多いのです。このような場合には、同じ施設にいても、施設内の養育者は、退職などで何度も変わることになります。子どものことを考えれば、職員の方も早く里親委託をさせてあげたいと望んでいるというのが現状です。

 

 

宮島氏

宮島氏

 

日本における里親制度の普及

 

荻上  日本においても里親制度が普及しない現状についてどうお考えでしょうか。

 

宮島  日本では血縁関係を重視しすぎるために、里親制度が普及しないのだという海外の研究者からの指摘があります。西欧社会ではキリスト教を基盤としたボランタリズムがあるため、血縁関係にこだわらずに里親制度が普及したという言われ方もあります。

 

 

 

しかし、歴史を見てみると、日本で里親制度が成立した昭和20年代の終わりには里親養育の割合が20%に達していたことがわかります。その後、30年代になって右肩下がりになって行きます。この現象を見ると必ずしも日本人の考え方や文化などから違いが生じたというような話ではなく、制度の運用についての問題や現場の在り方に課題があったのだろうと思います。

 

榑沼  アメリカで里親制度が普及しているのは、日本よりも里親をしている方が身の周りに多く存在しているというのが1つの理由です。そのため、里親制度の現状を身近で知りやすいという環境があります。また、里親をしている人が里親をした体験を周りに口コミすることによって、里親に関わるきっかけづくりをしていることが理由にあると思います。

 

荻上  里親などの多様な家族像が目に見える形で存在していることが理由にあるのですね。もともと高くなかった諸外国の里親率が高くなった事例はあるのでしょうか。

 

宮島  50年代頃から70年代頃まで大規模な児童養護施設を無くして行く動きがありました。しかし、それには負の歴史もありました。『オレンジと太陽』という史実を描いた映画も作られています。

 

大規模施設を無くして行く陰で、イギリスで施設に預けられていた子どもたちをオーストラリアの児童養護施設に送っていたということがあったということです。このことが明らかになり、当事者とソーシャルワーカーが人生を取りもどす運動を起こしています。

 

こういったこともあってのことだということを踏まえておかなければなりませんが、里親委託を増やしていく取り組みが計画的に進められてきたのです。

 

 

各国の要保護児童に占める里親委託児童の割合(2010年前後の状況)(%) 出典:「諸外国における里親等委託率の状況」(厚生労働省)(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/syakaiteki_yougo/dl/yougo_genjou_01.pdf#search='%E9%87%8C%E8%A6%AA%E5%A7%94%E8%A8%97%E7%8E%87+%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%AF%94%E8%BC%83)

各国の要保護児童に占める里親委託児童の割合(2010年前後の状況)(%)
出典:「諸外国における里親等委託率の状況」(厚生労働省)

 

荻上  イギリスやオーストラリアは、7割から9割という里親委託の比率が高い国ですが、子どもにとってのニーズを重視して変化したということでしょうか。

 

宮島  社会的養護の目的は、子どもに信頼できる家庭、特定の大人との愛着を与えることなのだということが理解され、これを優先することが政策目標に位置付けられました。そうして、こういった考え方が一般化することが、児童福祉の政策を変えていったといえます。

 

 

里親になるまでの過程

 

荻上  実際に里親になる場合にはどのような手続きを経ているのでしょうか。

 

榑沼  はじめは、最寄りの児童相談所などで相談をしてもらいます。そこから、面接を通してどうして里親になりたいのかなどの質問をおこないます。その後、認定前の研修を通して実習を受けてもらいます。最終的に自治体による家庭訪問調査、審査を経て里親の登録をする形になります。

 

荻上  面接では具体的にどのようなことが聞かれたりするのでしょうか。

 

榑沼  やはりなぜ里親になりたいかということについて時間をかけて話を聞いていきます。また、里親になる方自身の子どもの頃の家庭環境、社会人の経験のお話なども伺います。なかなか子どもを作ることができなかった方には不妊治療のお話をしてもらい、それを通して今後どういった里親になりたいかなどのお話をします。

 

荻上 研修ではどのようなことをするのですか?

 

榑沼  自治体によって若干の差はありますが、例えばキーアセットの研修では簡単な事例を紹介して子どもを預かる上での対応について参加者同士が話し合う、その中で様々な気づきや学びを体験してもらうというやり方も一つの方法として行っています。子どもを産む人にとっても親になるまでの準備期間がありますので、里親の場合も安心して里親として活動するための準備期間を用意しています。

 

荻上  実習では具体的にどのようなプログラムがあるのですか?

 

榑沼  里親になりたい方が実際に乳児院や児童養護施設で1日から2日、多くて5日間くらい日中の生活を共にしていただきます。その中で、里親が子どもに対してどのように対応すればよいのか、研修を踏まえて実習で体験していただきます。

 

荻上 育児に携わるということを学び、体験してもらうということですね。その後の調査と審査はどのようなことをするのでしょうか。

 

榑沼 児童相談所の職員の方が家庭訪問調査や審査をします。家庭訪問を通して、里親になることへの意思の再確認や、預けられた子どもが今後どういった環境で育っていくのかということを調査します。

 

審査は、自治体の児童福祉審議会等の方々が里親さんの研修や実習での様子をまとめた報告書もとに、里親になってもらうかどうかを検討します。

 

荻上  審査をして里親になるときは児童相談所側から子どもとの相性を決めていくのですか。それとも里親側から決めていくのでしょうか。

 

榑沼 「審査」というのは認定、登録をするかどうかという審査です。なので、まだ子どもを委託するかどうかの段階ではありません。 登録されると、子どもとのマッチングが考えられます。児童相談所や施設の方が子どものニーズを細かく検討した上で、里親と子どもを決めていくのです。

 

宮島 里親になる側としては、「子どもを預かる」というより「一人の人間を家族メンバーとして迎え入れる」という視点を持つことが大事だと思います。その点をあらかじめ実習を通じて考えていただくことが重要だと考えています。【次ページにつづく】

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」