立憲君主制の国、日本――カイザーの体制を崩壊させなかったほうが・・・

先の世界大戦[第一次世界大戦]後に、ドイツ皇帝(カイザー)の体制を崩壊させなかったほうが、われわれにとってはよかったと思う。ドイツ人を立憲君主制の方向に指導したほうがずっとよかったのだ。彼らから象徴(シンボル)を奪い去ってしまったがために、ヒトラーのような男をのさばらせる心理的門戸を開いてしまったのであるから。

 

第二次世界大戦(1939~45年)の末期にあたる1945年7月。ドイツの戦後処理問題などを話し合うため、廃墟となったベルリンの郊外ポツダムで開かれていた連合国首脳会談の場で発せられた言葉である。

 

発言の主(ぬし)は、ときのイギリス外相アーネスト・ベヴィン。貧しい労働者の家庭に生まれ、労働組合の指導者として頭角を現した生粋の社会主義者であった。

 

もともとは貴族制度はおろか、君主制にも大反対だったはずのベヴィン。だが、連合軍に追いつめられ、いまや壊滅寸前となっていた日本の「天皇制を戦後に廃止すべきか」という、アメリカ海軍長官フォレスタルの質問に応じて、彼が答えたのが冒頭の言葉であった。

 

こうした考えはベヴィンひとりに限られたものではなかった。戦後の占領政策を実際に推し進めたダグラス・マッカーサーやコートニー・ホイットニーといった「共和制」国家アメリカの首脳部らも、天皇にすべての尊厳と名誉を与えるが実際政治には介入させない「民主的な天皇制」を、新たに構築することを基本にすえていったのだ。

 

こうして戦後の日本には、天皇を「象徴」とする新たな立憲君主制国家が築かれた。

 

 

君主制の区分

 

それでは戦前の大日本帝国憲法(1889年制定)下の天皇と、戦後の日本国憲法(1947年制定)に基づく象徴天皇とは、どのように違うのであろうか。

 

ドイツに生まれアメリカで活躍した憲法学者のカール・レーヴェンシュタインは、名著『君主制』(1952年)のなかで、親から子・孫へと代々引き継がれる世襲君主制を大きく三つに区分している。

 

まずは「絶対君主制」である。絶対的な支配者である王が、法からも解放され、神意の命じた権利によって思うがままに統治でき、神に対してのみ責任を負う体制だ。17世紀後半のフランスの「太陽王」ルイ14世(在位1643~1715年)がその代表格であろう。

 

次が「立憲君主制」。国王が統治者であると同時に支配権の所有者でもある。この体制では王権は議会と並存するが、国王の背後には軍隊・警察・行政がついているため、両者に対立が生じた場合には、国王が有利となる。「国王は君臨しかつ統治する」体制であり、19世紀プロイセン(現在のドイツ)やハプスブルク帝国などが代表例となる。

 

最後に「議会主義的君主制」がある。こちらは、立法は議会に委ねられ、行政は議会内で多数派を形成している政党の信任を得た内閣によって担われる。「国王は君臨すれども統治せず」が基本であり、19世紀のイギリスで確立され、ベネルクス諸国や北欧諸国でも広く採用された君主制である。

 

ただし、先に紹介したベヴィン英外相の言葉に出てくる「立憲君主制(Constitutional Monarchy)」とは、レーヴェンシュタインの区分にあてはめれば「議会主義的君主制」のことを意味する。第一次世界大戦(1914~18年)による敗戦で、プロイセン・ドイツ帝国やハプスブルク帝国が崩壊し、さらに大戦中の革命でロシアのロマノフ王朝が倒壊されるや、ヨーロッパの大半の君主制は、議会主義に立脚するのが当たり前となったからである。

 

本稿でも「立憲君主制」と定義づけるものは、この「国王は君臨すれども統治せず」の体制である点に注意していただきたい。

 

 

専制的君主制から立憲君主制へ

 

上記のレーヴェンシュタインの区分にのっとれば、戦前の日本では「天皇が君臨しかつ統治する」体制がとられていた。大日本帝国憲法がプロイセン・ドイツの憲法やオーストリア(ハプスブルク)の憲法学から影響を受けていたことからも、このことは推察できるであろう。

 

ただし実際の運用面では、天皇にはドイツ皇帝やハプスブルク皇帝のような絶大な力はなかった。政府や議会、陸海軍などが個々に権限を持っていた。ただし、伊藤博文や山県有朋、さらに原敬といった有能で有力な指導者たちが全体を統御できるような時代が過ぎ去り、1930年代以降にこれら諸機関のあいだで調整が利かなくなると、混乱は深まった。

 

とくにドイツやハプスブルクにも見られた「帷幄上奏(いあくじょうそう)」という、軍部が政府や議会などに諮らずとも、君主に直接軍事に関する意見を上奏できる権限が残り、これもまた日本が太平洋戦争へと突き進む要因のひとつとなった。

 

ベヴィンが指摘したかったのは、こうしたドイツ流の専制的な君主制を廃し、イギリス流の立憲君主制に先導しさえすれば、第二次大戦後の日本の天皇制も「健全な」体制として、国の安定に貢献できるだろうということだったのではないか。

 

実際に、日本国憲法においては、戦前の天皇に保障されていた統帥大権や外交大権などはすべて剥奪され、内閣の交替も総辞職か解散・総選挙の結果によるものとされている。

 

第一次世界大戦後には、ドイツや東欧諸国では「民主主義と君主制は両立しない」という考え方が強まり、それらの国々では共和制が採用された。しかし、これまたベヴィンが鋭く指摘するとおり、それまで君主がしめてきた「象徴」としての存在が急にいなくなってしまったこともあり、独裁者アドルフ・ヒトラーの登場にもつながったのである。

 

「君主制か共和制か」という国家形態と、「専制主義か民主主義か」という統治形態とは、必ずしも合致はしない。

 

共和制下のドイツ(ヴァイマール共和国)が史上最悪とも言われたナチスの独裁主義を生みだし、君主制下のイギリスやベネルクス、北欧諸国にいまも世界の最先端をいく民主主義が成熟しているさまを見れば、その点は明らかであろう。

 

ベヴィンも、マッカーサーも、そして戦後日本でGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)とともに新たな国造りに邁進した日本の指導層たちも、それに気づいていたのであろう。【次ページにつづく】

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.249+250 「善い生き方」とは何か?

・佐藤岳詩「善い生き方と徳――徳倫理学というアプローチ」
・井出草平「社会問題の構築と基礎研究――ひきこもりを事例に」
・大屋雄裕「学びなおしの5冊〈法〉」
・酒井泰斗「知の巨人たち――ニクラス・ルーマン」
・小林真理「「文化政策学」とはどんな学問か」