地域活性化再考 「広く」「あまねく」「一律」の地域活性化は可能か  

過去の地域振興の試み

 

去る9月18、19日、神奈川県厚木市にて、「第5回B-1グランプリ」(http://www.b-1gp.cande.biz/)が開催された。B-1グランプリとは、地域の一風変わった調理法や食材を持ち寄って競うイベントだ。過去には今ではすっかりおなじみになった「富士宮焼きそば」や「厚木シロコロホルモン」がグランプリを獲得した。B-1グランプリにかぎらず、いま地域ではさまざまな試みが行われている。

 

他方、地域に「広く」「あまねく」「一律に」盛り上がりを生み出そうとする試みは、官民問わず失敗の連続であった。古くは1999年に導入された地域振興券があり、2000年前後には「地域通貨」や「地域SNS」のブームがあった。近年では「創造都市」や、「エコツーリズム」も注目を集めている。

 

これらの手法は、(1)海外、あるいは国内のある地域で、「成果」をあげた事例(とくに仕組み)がみつかる。(2) 国や地方自治体、商工会議所などがその普及を強く推進する。(3) それを受けて、全国各所の地方自治体や地域内主体によってその手法が試される、という点が共通する。

 

もちろん、一部の「成功例」は話題になったし、一定の「成果」をあげたかもしれない。だが評価や効果測定が十分に行われていない、もしくは公表されていないものも少なくない。それゆえに、全体像の正確な評価を知ることは難しい。成功したのであったなら、いずれの事例もいやというほど喧伝されたはずだ。

 

 

地域通貨の失敗

 

なぜ、こうした手法は往々にして「失敗」するのだろうか。

 

特定の地域で成功した手法は、その土地の地域資源や特徴的な社会ネットワーク、あるいは暗黙的な地域の固有性をうまく引き出すかたちで成功したものが多い。失敗はそうした条件が欠けている場合に起こる。

 

たとえば、ボランティア活動などによってポイントを獲得し、自分がサービスを利用するときにそのポイントを使うことができるという地域通貨の失敗などは、その最たるものといえよう。2000年前後、テレビや書籍の影響ではじまった地域通貨ブームだが、最盛期には5~700程度の地域通貨が国内にも導入された。ところが、最近の研究では活動を継続しているものは、その半数以下といわれている。

 

地域通貨のような仕組みが機能するためには、そもそも近隣住民に対する信頼関係が前提として必要である。子育てや介護など、もともとの信頼関係がない人間にまかせることなどできはしない。

 

地域通貨がうまくいったとされる欧米の事例と日本の地域社会では、共同体や近隣住民に対する信頼といった所与の条件が異なっている。地域通貨が日本の地域社会にとっても万能の手段といえないことは明らかだろう。

 

 

「仕組みの模倣」をこえて

 

登場時には最新のICT技術であったSNSを、コミュニティ再生に活用する地域SNS。挑戦的な試みであったが、ITコミュニケーションの中心は、SNSからよりリアルタイムでソーシャル化した方向へ舵を切りつつある。たとえば、twitterやfacebookだ。

 

予期できなかった出来事とはいえ技術の趨勢が移行しつつある今、地域活性化の手段であるSNSに固執しつづける必然性はないように思える。むしろ同様のコンセプトを新しい環境に再構築することが望ましいのではないか。

 

あるいは、芸術家が住みやすい環境を整備し、彼らの創作活動を通して、観客や関連する人びとを地域に集める創造都市だが、芸術消費の在り方は本拠地のイギリスと日本では大きく異なっている。いい意味でも、悪い意味でも芸術家の行動特性も違う。横浜開港博Y150も、蓋を開けてみれば後味の悪いかたちで幕を閉じたわけだが、創造都市は果たして適切な手法といえるのだろうか。

 

地域振興の現場では、政策や手段が地域の諸条件を前提のもとで、あるいはそれらの相互作用によって機能するということは忘れられがちだ。それゆえ、仕組みの模倣がいたるところで行われている。

 

地方自治体や商工会議所のような前例主義が幅を利かすセクターでは、「ある地域で成功した」という前例の存在が「導入の根拠」になりやすいという事情もある。しかも「仕組み」は俗人的な施策と異なり、表面的な模倣も容易だ。

 

けれども、同じ枠組みや一元的な方法で競争すると、どうしても枠組みをつくったものや、先行者が話題になってしまう。後発の参入事業者に待っていたのは、厳しい競争と利権の壁だけということもよく耳にする話だ。

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.248 「論壇」の再構築に向けて

・大内悟史「こうすれば「論壇」はもっと良くなる――政治や行政を動かす「意見」や「論争」を」
・中里透「物価はなぜ上がらないのか?――「アマゾン効果」と「基調的な物価」のあいだ」
・牧野雅彦「知の巨人たち――カール・シュミット」
・西垣通「人工知能を基礎情報学で解剖する」