3.11以後の世界とSF第一世代の可能性

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

「物語」の経済学

 

稲葉 田中さんが新城さんにお話を伺おうと思ったのは?

 

田中 単純にファンですから。今回『3.11の未来』で書かれた中で会いたい、と思ったのは笠井潔さんか新城さんしかいません。そこで新城さんが展開されたテーマは時間をコントロールするという経済学の話ですよね。時間をコントロールするということを意識的にやっている学問は経済学だけなんです。物理学とか理工系はおいておきますけど。社会学ではそんなことを考えもしないと思います。インフレ目標というのは、人間の時間に対する感覚をコントロールするということなんですね。新城さんの作品では、、最初の『蓬莱学園』でもマネー的要因と時間の経済を論じているなと思っていて、そんな作家の方はほとんどいないんです。新城さんは一貫して経済的なテーマを扱っている日本では希少な作家だと思っています。

 

稲葉 ライヌンガムのタイムトラベルの不可能性(* Marc R. Reinganum, 1986, “Is Time Travel Impossible? A Financial Proof,” Journal of Portfolio Management 13(1): 10-12.)の話があるんですが、彼はファイナンスの人で、タイムトラベルは不可能であると証明したんです。なぜかというと、タイムトラベルが可能であれば競馬の予想も金融市場の予測もできるので、裁定機会があっという間にとりつくされ利子がゼロに収束するはずなのになっていない、だから不可能であると。証明ではないんだけど。

 

新城 宇宙人がまだ来ていないのは・・・という、例の論理と似ていますね。

 

田中 あと新城さんの『物語工学論』も面白いですね。物語の経済学というのが、経済学のわりと最先端の話題なんです。日本のサブカルチャーだといまさらという感じかもしれませんが。ノーベル経済学賞をとったトマス・シェリングという人がいて、彼はキューブリックの『博士の異常な愛情』のアドバイザーをやった人なんです。普通、経済学者はモノやサービスの選好を論じるんですが、彼は心の中の消費を論じるんですね。例えば、「名犬ラッシー」を観た多くのアメリカ人は名犬ラッシーがあたかも現実に存在するかのように消費した、そうした心の消費が重要なんだということを彼が最初に言ったんです。

 

それをタイラー・コーエンという経済学者が、物語の消費という形で拡張していったんです。リーマンショック以降、ブログだとかツイッターだとかの利用が増えた。そこで人々が何をやっているかというと、物語を生み出して消費するという、生産と消費がイコールな世界が広まっていった。これのベースが物語の消費であるわけです。そうした色んな人の物語と自分の物語が接続してネットワークを作り大きな物語になるということを彼は示唆しているんです。

 

また、物語というのは欲望のストッパーにもなるんです。普通、モノを消費するときのストッパーは金銭ですよね。だけど、心の中は一見すると無制限のように見えるけれど物語がストッパーになっている。つまり、これだけは自分の価値観では受け入れられないと人は思いますよね。自分の人生をひとつの「物語」として人は把握していて、その「物語」からなかなか自由になることはできない。しがらみや過去へのとらわれ方も物語の欲望がストッパーになってしまう。

 

つまり、人間のアイデンティティとか、この一線は譲れないというのは、自分の物語から出ているのではないか、物語が欲望のストッパーになっているのではないか、という話を経済学者はやっているんです。僕が書いた小松左京論はそういった物語の経済学を小松左京に見出していこうというつもりだったんです。昔から、内田義彦などの経済学者は文学との接点を求めてきました。、文学というのは、市場の無意識の塊なので前衛であると考えられて、そことの接触が経済学にプラスをもたらすというのが内田義彦のスタンスなんです。

 

 

新城作品の批評性

 

稲葉 新城さんの作品は『サマー/タイム/トラベラー』しかフォローできなくて、もちろん『蓬莱学園』は存じ上げてはいたんですけど。あれはいつ頃からですか?

 

新城 最初のゲームは90年で、小説版が91年からですね。最初のゲームの後はテーブルトーク版を出しつつ小説も、というのが90年代半ばくらいまで続いきました。

 

稲葉 オンライン化の話は?

 

新城 当時はインターネットもなかったので、紙媒体・郵便媒体でやるしかなかったんですが、90年代後半くらいに携帯ゲームかなんかでやれませんかという話があって、でもそれはどうこうなるという規模ではなかったです。今はSNSとかUGCとかいう言葉があるので、あぁそうだったんだと分かるんですけど、当時は自分たちが何をやっているのか分かっていなかったというのが正直な所で、紙メディアで可能なおもしろいことをやっていた、というくらいです。

 

稲葉 『蓬莱学園』のマスターだったというのはつい最近知って驚いきました。僕はTRPGは触ったことがないので分からないですが、そういうものがあるということは認知してはいました。電子化される以前のネットワークゲームのパイオニアに新城さんはなると思うんですが、そのころから20年くらい第一線で活躍していて、そこからしか見えないものがきっとあるだろうなと思うので興味を持ちました。

 

もう1つ、『サマー/タイム/トラベラー』は長い経験に基づいて批評的に組み立てられた作品だなという印象があります。それ以前に長谷川裕一さんのまんが『マップス』へのトリビュートアンソロジー『マップスシェアードワールド』を拝読していて、あの中で、他のみなさんが直球を投げている中、一人新城さんがビーンボールを投げて長谷川さんに喜ばれたというのがありますね。

 

田中 稲葉さんは長谷川裕一論(『オタクの遺伝子』)を書いていますね。何であれが出たのかすごいよね。

 

稲葉 誰が得すると言われても誰も得してないというか。装丁家のミルキィ・イソベは得したという話ですが。長谷川裕一という人はライターズライターという印象があって、トリビュートに参加している作家のみなさんは、失礼ながらどちらかというとマイナーな ―― マニアックな方々だけれど、イラストでピンポイント参加しているまんが家の皆さんは村枝賢一とか三浦建太郎とか、メジャーシーンで知られている錚々たるメンバーです。あと、長谷川裕一ファンを自称している人は意外とそこここに存在していて、たとえば奈須きのこさんもそうなんですね。

 

奈須さんといえば、シナリオを手掛けられた『Fate/stay night』(2004年)のプロットがほとんど長谷川さんの『クロノアイズ・グランサー』(2003年)とのそれとほぼ重なっていて、ちょっとパクリじゃないかと思ったくらいです。ただ、この件についてはちゃんと制作の時系列を確認した方がおられて、タッチの差でパクリにはなっていないと判明したんですが、それにしてもほぼ同時期に「最大の敵は主人公の未来の姿だった」というプロットが使われていたことになります。あれが無意識で行われていたとしたらシンクロナイゼーションがあったんだと思います。

 

新城さんはこれまで2巻出た小説版の『シェアードワールド』に1本ずつ、計2本書かれていましたよね。1つは『マップス』世界の構造を外から俯瞰するというか、物語の外側に出て、『マップス』物語の展開するその前の宇宙の、そのまた前の宇宙でどんなことがあったのか、について神話的に描かれたものです。

 

もう1つは、最後の数ページがなければリアリズムの青春小説として普通に完結するのに、その最後緒の数ページの力技で無理やり『マップス』世界の中に押し込むというものですね。『マップス』の物語が始まるさらに前、映画『スター・ウォーズ』公開の時代に田舎の高校生たちのロケット遊びを、大人になって銀河文明との接触を横目に回想する。そうやって『マップス』の物語世界と僕たちが生きているこの現実世界を接続するという、非常にメタフィクショナルな一編です。そういう批評的なところを礼賛するのは大人気ないといえば大人気ないですけれど、お話として面白いと思うんです。

 

また『サマー/タイム/トラベラー』もメタフィクション、作品それ自体でもってSFというジャンル、形式に言及するメタSFですよね。普通のタイムトラベルSFの基準的主題は、何と言っても「過去に戻る」なんですが、この物語の主人公たち、そこでの時間旅行者自身は過去には行かないわけです。タイムトラベルの物語的謎や神秘を、「過去に戻る」ことではなくて「一時的にではあれこの宇宙の外側に出る(ことによってエネルギー保存則その他を破る)」、というところに位置づけています。これがちょっと異例。

 

それからこの作品は、同時代だと阿部和重の『シンセミア』とテーマを共有しています。2000年代に日本の小説の世界では、「取り残された地方」が好んで主題化されましたが、本作はそういう意味での、現代的地方小説として読むこともできます。ただ、2000年代の小説ではあるのだけれど、それにとどまらない違うニュアンスもあります。

 

第一にこの小説には、ことにタイムトラベルのイメージは、ジャック・フィニイのそれによって支配されている。さらに第二に、そこに隠し味として内田善美をお使いになっておられる。フィニイのハヤカワ版の『ゲイルズバーグの春を愛す』の表紙は内田善美さんが描いておられて、何十年も変更されてないですよね。しかしそれ以上に重要なのは、この物語は、信州の名門高校の秀才たちの話なので、まさに内田さんの『空の色に似ている』の本歌取りですね。

 

新城 まさにその通りですね。

 

田中 なんでそんなに知ってるんだ!(笑)

 

 

1 2 3 4 5 6
シノドス国際社会動向研究所

vol.264 

・畠山勝太「こうすれば日本の教育はよくなる」
・穂鷹知美「マスメディアの将来――マスメディアを擁護するヨーロッパの三つの動きから考える」
・大賀祐樹「リチャード・ローティ」
・西山隆行「学び直しの5冊〈アメリカ〉」
・知念渉「「ヤンチャな子ら」とエスノグラフィー」
・桜井啓太「「子育て罰」を受ける国、日本のひとり親と貧困」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(8)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権成立」