あの戦争から学ぶべきこと

2011年8月15日、日本は66回目の終戦の日を迎えた。何をもって「終戦」とするかについては、正式には議論があるらしい(日本が降伏文書に調印したのは9月2日)が、少なくとも多くの日本人がこの日、つまり昭和天皇による玉音放送が行われた日をもって戦争の終結を認識したということについては、あまり異論はないだろう。今年は3月に東日本大震災と福島第一原発事故があったことから、これらの件と戦争に関連するあれこれを重ねて論じる人が少なくない。

 

たしかに、あの戦争の経験から、今、震災・原発事故後のわたしたちが学ぶべきこと、改めて思い出すべきことはたくさんあるだろう。なかでも、かつて廃墟から復興を成し遂げたという自負や、今後の復興へ向けた決意といったあたりはぜひ再確認したいところだ。玉音放送で流された終戦の詔勅についても、その末尾に戦後の復興へ向けた言及があることが改めて、あちこちで指摘されていた。

 

 

宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ

 

 

15日に開催された全国戦没者追悼式における菅首相の式辞にも、こんなくだりがあったようだ。おそらくこの詔勅をふまえたものなのだろう。

 

 

本年3月の東日本大震災により、多くの命と穏やかな生活や故郷が奪われました。今、被災地は、復旧・復興に懸命に取り組んでいます。我が国は、国民一人一人の努力によって、戦後の廃墟(はいきょ)から立ち上がり、今日まで幾多の困難を乗り越えてきました。そうした経験を持つ私たちは、被災地を、そして日本を、必ず力強く再生させます。それが、先人の尊い犠牲とご労苦にお応えすることだと考えます。

「戦没者追悼式「菅首相の式辞」」(読売新聞2011年8月15日)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110815-OYT1T00473.htm

 

 

たしかに、原因や状況がちがうとはいえ、震災後の被災地の惨状や、がれき撤去後に真平らになってしまった街の姿から、戦争によって焼け野原になってしまった都市の姿を思い出した人は少なからずいたろう。大切な人、大切なものを失って立ちつくす人々もたくさんいるはずだ。だからこそ、わたしたちの国がかつて「廃墟」から当初の予想をはるかに上回るスピードで復興したという歴史を今こそ思い出すべきだ、という主張には、それなりの説得力があるのではないかと思う。

 

しかし、ただ復興、復興と唱えていても話ははじまらない。ここでは、あの戦争から学べることのなかで、復興のためにとくに重要と思う「合理的な意思決定の重要性」について書いてみることにする。

 

 

あの戦争は「合理的な意思決定」だったか

 

「合理的な意思決定」の定義についてはいろいろ考えられるだろうが、今回の文脈では、最低限以下の4つくらいは必要かと思う。

 

 

(1)事実に基づいて、客観的に分析した上で決定すること

(2)与件としている前提条件が本当に必要なのか、根本から問い直すこと

(3)目的と手段をはっきり分け、手段を目的化しないこと

(4)状況の変化に応じて見直すためのしくみを備えておくこと

 

 

戦争時の経験からこれらの重要性を学ぶべきというのは、要するに、あの戦争の際にはこれらが欠けていたのではないか、ということだ。もちろん歴史は専門外なので、日本が戦争に至った過程や戦争を決断した理由などについては、専門の方々がいろいろと研究し論じておられるのでそちらをご覧いただきたい。

 

それらを自分なりにつまみ食いしつつ考えるに、やはりあのとき、戦争へと日本を導いた決断が合理的だったとは考えられない。最大の理由は、端的にいえば、彼我の国力の差を軽視したということだ。それは、当時から明らかだった。

 

たとえば、猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦 – 総力戦研究所”模擬内閣”の日米戦必敗の予測」(文春文庫)には、内閣傘下の「総力戦研究所」で官民から選抜された若手エリートたちが内外の諸情勢を分析しシミュレーションを行った結果、昭和16年時点で、もし日米戦わば敗戦は必至、との結論を出したにもかかわらず、当時の政府がこれを握りつぶしたという経緯が紹介されている。分析結果を聞いた当時の東條英機陸軍大臣はこうコメントしたという。

 

 

「・・これはあくまでも机上の演習でありまして、實際の戰争というものは、君達が考へているやうな物では無いのであります。日露戰争で、わが大日本帝國は勝てるとは思わなかった。然し勝ったのであります。あの当時も列強による三國干渉で、やむにやまれず帝國は立ち上がったのでありまして、勝てる戰争だからと思ってやったのではなかった。戦といふものは、計画通りにいかない。意外裡な事が勝利に繋がっていく。したがって、諸君の考えている事は机上の空論とまでは言わないとしても、あくまでも、その意外裡の要素というものをば、考慮したものではないのであります」

 

 

ひとことで言えば「君たちはわかっていない」というわけだが、このコメントに象徴される考え方のポイントは、

 

 

「戦争の勝敗はさまざまな要因にも影響される」、

「戦争開始時点で勝てる見込みがなくても勝った事例がある」、

「よって今回も、現時点で勝てる見込みがなくても負けるとは限らない」

 

 

ぐらいにまとめられようか。

 

たしかにその通りといえばその通りなのかもしれないが、少なくとも、内閣直属の研究機関で優秀なスタッフを集め、考えうる内外の諸情勢を考慮して分析した結果に対するコメントとしては、あまりに説得力に欠けるといわざるを得ない。将来は不確実なものであり、すべてを事前に計画することなどできないのは当然だが、だからといって、まだわかっていない、あるいは前回たまたま存在した幸運な事情(いわば「神風」だ)にあらかじめ期待することは、ご都合主義以外の何ものでもない。その裏には、精神論で何とかなるといった考え方があるのだろうが、言語道断というしかない。それが重要な意思決定であればなおさらだ。

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.228 特集:多様性の受容に向けて

・安藤俊介氏インタビュー「『許せない』の境界を把握せよ!――アンガーマネジメントの秘訣」

・【PKO Q&A】篠田英朗(解説)「国連PKOはどのような変遷をたどってきたのか」

・【今月のポジだし!】山口浩 ことばを「『小さく』すれば議論はもっとよくなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第九回:こんなところでジャズ