自閉症の診断基準の改訂と「アスペルガー」カテゴリーの削除について

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

アスペルガー障害の有病率

 

さて、診断から漏れるのが特定不能群であることを押さえた上で、「アスペルガー症候群」について話を移そう。DSMではアスペルガー症候群のことをアスペルガー「障害」と呼ぶ。一般的にはアスペルガー「症候群」と呼ばれることが多いが、なぜ呼び方が違うのかというと、DSMではすべての診断名に不全を意味する「障害(disorder)」をつけるからだ。たとえば「うつ病」はDSMでは「うつ病性障害」と呼ばれる。

 

一般的には、アスペルガー症候群は知的障害がない自閉症だと捉えられていることが多い。自閉症とアスペルガー症候群が発見されたのは時期的にはそうは変わりなかったが、自閉症の概念の方が早く広がったために、自閉症には知的障害が伴うと思われていた時期があったのだ。その認識に対して、知的障害が伴わないケースもあるというかたちでアスペルガー症候群という言葉が使い始められたというのが、この言葉の登場の経緯であった(Wing 1981)。

 

登場の経緯からしてもそうなのだが、いまでもアスペルガー症候群は知的障害のない自閉症という意味で使われていることが多い。しかし、DSM-IVでのアスペルガー障害の定義は、慣例的に使われているこの用法とも定義が異なる。少しややこしい。

 

慣例的使用法と比較的近い定義を持っているギルバーグの診断基準を採用した疫学調査で有病率を見てみよう。アスペルガー症候群の有病率は0.48%とされている(Kadesjo et al. 1999)。ときどき、アスペルガー障害は2%、3%だという記述も見かけるが、それはいくらなんでも多すぎる。国際的な疫学を見る限り、知的障害のない自閉症は0.5%が妥当なところだ。

 

一方、DSM-IVのアスペルガー障害の有病率は0.084%である(Chakrabarti et al. 2001)。DSMでのアスペルガー障害はひどく稀な障害として位置づけられていることがわかる。ギルバーグの診断基準と比較すると6分の1の規模である。

 

このくらい慣例的理解のアスペルガー症候群とDSMのアスペルガー障害の有病率は異なっているのだ。

 

 

DSM-IVのサブカテゴリー

 

現行のDSM-IVではアスペルガー障害はどのように取り扱われているのだろうか。アスペルガー障害は広汎性発達障害という診断名のサブカテゴリーと設定されている。それぞれのサブタイプごとに分けて有病率を示したのが下の図だ。

 

 

ide03

 

 

Chakrabarti et al.(2001)の調査では、広汎性発達障害の有病率は全体で0.626%である。そのなかでアスペルガー障害の占める割合は非常に少なく、10万人に8.4人である。このような少数であれば、DSM-IVから「アスペルガー」カテゴリーが消えたとしてもインパクトとしてはあまり多くない。影響を受けるのは、「特定不能」カテゴリーに分類されてきて、慣例的にアスペルガー症候群と呼ばれてきた人たちだ。このグループがDSM-IVではもっとも多いことが上の図からも見受けられる。

 

日本では、この人たちを「アスペルガー症候群」と診断する臨床医が多いのが現状だ。DSM-IVでは「特定不能」カテゴリーであったはずなのに、アスペルガー障害と診断され、今回の改訂で診断から漏れ落ちるケースは発生するかもしれない。(*3)

 

(*3)特定不能の広汎性発達障害の診断基準(DSM-IV-TR)

このカテゴリーは、対人的相互反応の発達に重症で広汎な障害があり、言語的または非言語的なコミュニケーション能力の障害や常同的な行勤・興味・活動の存在を伴っているが、特定の広汎性発達障害、精神分裂病、分裂病型人格障害、または回避性人格障害の基準を満たさない場合に用いるべきである。たとえば、このカテゴリーには、“非定型自閉症” ――発症年齢が遅いこと、非定型の症状、または閾値に達しない症状、またはこのすべてがあるために自閉性障害の基準を満たさないような病像―― が入れられる。

 

 

DSM-IV策定時の議論 ―― 診断の妥当性は明らかではない

 

アスペルガー症候群の診断カテゴリーについてもう少し議論を深めたいと思う。というのは、この言葉は専門家のみならずもはや日常会話に使われるくらいになっているからだ。そもそもアスペルガーという言葉がこれほど浸透しているにもかかわらず、なぜ削除されるに至ったのか。

 

DSM-5で「アスペルガー」カテゴリーが削除されることに違和感をもたれている方もおられるかもしれない。また、単純になぜなのかが分からないという印象を持たれている方もいるかもしれない。今回の改訂にとまどいを感じられている方も少なからずおられるのではないだろうか。

 

その原因を探るために、アスペルガー症候群の成りたちの話をしたい。もちろんここでの話は診断学上の話である。

 

アスペルガー障害という診断名は1994年に発表されたDSM-IVで初めて掲載された。その前のバージョンのDSM-III-Rでは広汎性発達障害という上位概念は記載されていたが、アスペルガー障害という診断名は存在していなかった。1994年にDSM-IVにアスペルガー障害が掲載される。新しい概念であったため、掲載にあっては慎重な議論がされた。議論の中心となったのは、アスペルガー障害が障害として妥当性のあるものか? という議論だ。DSMというものは診断基準であるので、診断としての妥当性があるか否かが争点となるわけだ。

 

アスペルガー症候群の妥当性を検討したのはDSM-IVの広汎性発達障害委員会である。彼らはアスペルガー障害・症候群の文献を検討し、妥当性のある一貫した障害であるエビデンスはほとんどないと結論づけている(Szatmari 1992; 1997)。

 

しかし、実際には診断基準には掲載することになった。その理由は、(1)当時の社会状況では知的障害のないIQの高い自閉症をアスペルガー症候群と呼んでいたこと(この状況はいまも同じ)、(2)そのグループを指し示す言葉がアスペルガー症候群以外に無かったこと、(3)知的障害のない自閉症の存在がほとんど知られておらず、周知する必要があったという事情からだ。

 

妥協案として「診断の妥当性は明らかではないが」と注釈がつけられつつ、アスペルガー障害はDSM-IVに記載された。DSM-IVのアスペルガー障害の診断名に「診断の妥当性は明らかではないが」という注釈がついていることなど、いまでは多くの人たちは知らないことだと思う。「そもそも論」なのだが、診断の妥当性などはじめから無かったのだ。

 

 

アスペルガー障害は存在しないのか?

 

社会的状況から、しぶしぶ診断基準に入ることになったアスペルガー障害だが、DSM-IVのなかでどういうかたちになったかというと、1944年にはじめてアスペルガー症候群を発見したハンス・アスペルガーの記述に近づけられるかたちで診断基準は構築された(Volkmar &Klin 2000=2008)。一貫した妥当性を持った研究がないことから、発見者の原義に近づける努力がされたわけだ。しかし、そのためにかなりレアな障害に仕上がってしまったのだ(Chakrabarti et al. 2001)。

 

そのうち”DSM-IV Asperger’s Disorder Exist?(アスペルガー障害は存在するのか?)http://link.springer.com/article/10.1023%2FA%3A1010337916636:title=Does“という論文まで書かれるようになった。なにせ、10万人に8.4人である。本当にいるのか? と言われても仕方ないレベルだ。

 

診断名といっても患者さんのためにわかりやすく説明するためのものと、実際に医者が考える診断名がある。患者さんに「特定不能の広汎性発達障害」といってもややこしいから「アスペルガー障害」というケースもしばしばあるはずだ。一方で、医師自身がアスペルガー障害の基準をしっかり理解せず、この診断名を多く使用したのも事実である。DSM-IVのアスペルガー障害を診断基準通りに判定すると、かなり狭き門であるであることを知っている医師は残念ながら多くはない。

 

DSM-IVの判断基準ではアスペルガー障害は10万人に8.4人しか発現せず、その判断基準に意義があったのかはよくわからない。ヴォルクマーとクラインはハンス・アスペルガーの記述に近づけたものと述べているが、ウィングは(Wing 2000=2008)広汎性発達障害のサブカテゴリーとしては「不満足な代物」という評価を下している。

 

自閉症スペクトラム障害に統合が決まってからは議論されることも稀になったが、アスペルガー障害というサブカテゴリーの無用さは研究者のあいだでは共通認識となってきたところがある。

 

今回はそのさわりだけを述べただけに過ぎないが、アスペルガー障害・症候群がDSMから無くなる理由を少しは伝えられたのではないだろうか。結局のところ、知的機能の低い自閉症も高い自閉症も、そのあいだに決定的な差異はなかったのだと言えよう。DSM-IVが策定されてから19年。アスペルガー障害・症候群は診断の妥当性は見いだされることなく消えることとなった。ある意味、自然な流れだと思える。

 

ただ、知的障害のない自閉症を指す言葉は存在していないのは20年前と同じである。アスペルガー症候群という言葉は今後も消えることなく使われていくことになるだろう。この言葉の使命が終わったのは、あくまでも診断学上の話であって、一般的にはまだまだ使われていくに違いない。

 

 

参考文献

B Kadesjo, C Gillberg, B Hagberg, 1999, Brief Report: Autism and Asperger Syndrome in Seven-Year-Old Children: A Total Population Study, Journal of Autism and Developmental Disorders 29(44): 327-331.

http://www.springerlink.com/content/q7842p370v730g2j/

 

S Chakrabarti, E Fombonne,2001, Pervasive Developmental Disorders in Preschool Children, JAMA, vol.285, 24: 3093-3099.

http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/285/24/3093

 

Lorna Wing, 1981, Asperger’s syndrome: a clinical account.,Psychological Medicine.,11(1): 115-29.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7208735

 

Szatrnari, P., 1992, The validity of autistic spectrum disorders: A literature review. Journal of Autism and Developmental Disorders, 22: 583-600.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1483978

 

Szatmari, P., 1997, Pervasive developmental disorder not otherwise specified. In T. A. Widiger (Eds.), DSM-JV source book (Vol.:1, pp. 4:3-54). Washington, DC: AmericanPsychiatric Press.

 

Chakrabarti S. , Fombonne E.,2001, Pervasive Developmental Disorders in Preschool Children, JAMA, vol. 285, 24 :3093-3099.

http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/285/24/3093

 

フレッド・R・ヴォルクマー、アミー・クライン、2000=2008「スペルガー症候群の診断をめぐる問題」『総説 アスペルガー症候群』明石書店、44-107頁。

 

ローナ・ウィング、2000=2008「アスペルガー症候群に関する研究の過去と未来」『総説 アスペルガー症候群』明石書店、561-582頁。

 

 

(本記事は、「Yahoo!ニュース「個人」」からの記事に加筆を加えたものになります。)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/idesohei/20130501-00024646/

http://bylines.news.yahoo.co.jp/idesohei/20130502-00024674/

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.268 

・植原亮「エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも?」

・出井康博「留学生という名の単純労働者」

・堀内進之介「学び直しの5冊〈現代社会〉」
・有馬斉「患者が望まない延命治療を行うことは正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて」
・穂鷹知美「移動の自由がもたらす不自由――東ヨーロッパを揺り動かす移住・移民問題」
・多賀太「男性の「ケア」参加はジェンダー平等実現の決め手となるか」
・吉永明弘「ローカルな視点からの環境論」