池袋出会いカフェ女子大生殺人事件 裁判傍聴記録

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶英語の「話し方」教えます!「シノドス英会話」

https://synodos.jp/article/23083

 

―― 殺した理由について。被害者が意識を取り戻したらどうなると?

 

「警察に連れて行かれたり、男の人たちが部屋にくると思った。」

 

―― 通報されたらどうなると思った?

 

「首を絞めたのも事実だし、Aさんが私からお金とってないというのも、Aさんの思いどおりになると思った。」

 

―― 警察に捕まると?

 

「はい。」

 

―― 悪いことをした認識があった?

 

「はい。」

 

―― 被害者の言い分が通ってしまうというのは、具体的にどういうこと?

 

「無理矢理ホテルに連れ込まれて、首を絞められたという言い分。」

 

―― 自分で警察に説明しようという気はなかった?

 

「首を絞めた後はなかった。」

 

―― 逮捕は何が嫌だった?

 

「自分の言い分が通らないことや、周りに迷惑をかけること。」

 

―― 何の迷惑を?

 

「私によくしてくれた人たちを失望させたり、裏切られたと思われたり、他の人も取り調べを受けたり。」

 

―― そこまで心配すること?

 

「はい。」

 

―― 被害者の言い分が通ってしまうというけど、ホテルのフロントを通るとき、被害者と揉めたのか?

 

「いいえ。」

 

―― コンビニでも買い物をしたけどそのときトラブルは?

 

「ない。」

 

―― ラブホテルは男女の合意の下で行くところですよね?

 

「『私のために動いてくれる男がいる』とAさんが言うから。」

 

―― どういう男のこと?

 

「『私のために動いてくれる男がいるし、店の人間もいる」とAさんが言っていたから。」

 

―― その人々が家に来たらどうなると?

 

「殴られたり、ゆすられたりするんじゃないかと思った。」

 

―― だったらなおさら警察に言えばよかったのでは?

 

「Aさんは、『警察では私の言い分が通る』と言っていたので。」

 

―― その理由、根拠は?

 

「Aさんは居酒屋ではとても明るく、親身だったが、表情が全く違っていたので。」

 

―― 言い方などそれだけですか?

 

「表情とか声の大きさとか。」

 

―― 首絞めて殺すまで躊躇いは?

 

「なかった。」

 

―― そんな心配があってもなぜ命を奪うまでした?

 

「感情的になって考えがまわらなかった。今ではとてもつりあいのとれることではなかったと思う。」

 

―― 被害者の言い分は通じないと思ったんですよね?

 

「はい。首を絞めた後は事実になったから。」

 

―― 警察に言うのは面倒くさいと思った?

 

「私の思いを信じてもらえないと思った。」

 

―― フロントに電話をして120分も延長したのはどうして?

 

「理由はない。」

 

―― 110番しようとは思わなかった?

 

「もう放心状態。どうしたらいいかわからなかった。」

 

―― 後悔もなかった?

 

「そのときは逃げることを考えていたので。」

 

―― 被害者の手、わき腹の入れ墨をライターであぶったのはなぜ?

 

「入れ墨などの特徴で身元が早くわかるのではと思った。」

 

―― 途中で辞めたのは?

 

「意味ないと思った。」

 

―― 陰毛を炙ったのは? 途中で止めたのは?

 

「遺体になんてことしてるんだと思ったから。」

 

―― 自宅に戻って2時間の間、なぜそのとき出会い系サイトのメールをチェックした?

 

「どんなメールがきてるのかと思ったから。」

 

―― 自首しようと思わなかった?

 

「逃げようと思った。」

 

―― 最後のお別れのあいさつをするために渋谷で会った、住居提供者のIさんとはどういう経緯で知り合った?

 

「10年前に池袋の飲食店で声をかけられた。引っ越しをする際はIさんが保証人になってくれることもあった。月に1~2度仕事で東京に来た時に、Iさんの仕事の雑用、車の手配、映画、芝居を観に連れて行ってもらったりもした。」

 

―― Iさんの気持ちに応えるのは疲れた?

 

「同世代の女性や友達と遊んだりするのをよく思っていない印象があった。」

 

―― なぜIさんはそういうふうに?

 

「父がいなかったのも知っていたし、自分も父のように思っていたし。」

 

―― 最初の取り調べで、Aさんに脅された話はなかったが?

 

「受け取られ方の違いかと。うまく整理できていなかった。」

 

―― 拘留満期の20日間で?

 

「はい。」

 

―― 調書の署名をなぜ拒否した?

 

「受け取り方にズレがあった。」

 

―― 捜査全面協力したと思う?

 

「全部話した。」

 

―― 母親から拘置所に手紙とお金(1~2万)の仕送りを受けていましたよね?

 

「今はない。」

 

―― 借金が200万以上ありましたね?

 

「引っ越し代や生活費で。10月から派遣会社でコールセンターの仕事がきまってた。」【次ページにつづく】

 

 

1 2 3 4 5 6
シノドス国際社会動向研究所

vol.269 

・外山文子「タイは民主化するのか?」
・中西啓喜「データサイエンスは教育を「良い方向」に導くのか?――学級規模の縮小を例として」
・笠木雅史「実験哲学と哲学の関係」
・穂鷹知美「求む、国外からの介護福祉士――ベトナムからの人材獲得にかけるドイツの夢と現実」
・久木田水生「ロボットと人間の関係を考えるための読書案内」
・吉野裕介「【知の巨人たち】ハイエク」
・内田真生「ヒュッゲ(Hygge)とは何か?――デンマークが幸せの国と言われる理由」