女性の就労を阻害する「壁」をどのように崩すか――配偶者控除廃止の検証

この間の政府の動き

 

配偶者控除制度を巡っては、2012年度の衆院選において民主党がマニフェストにその廃止を明記していた。配偶者控除を廃止することで得られる追加的財源を児童手当に回すという、従来の民主党の政策にかなったものであった。

 

一方、戦後一貫して「夫が稼いで妻がそれを支える」という「男性稼ぎ手モデル」を尊重してきた自民党は、2013年の参院選においても配偶者控除の維持をマニフェストに掲げており、その路線はある程度継続する可能性もあった。

 

しかしこの流れは変わり始める。内閣府のもとに設置されていた「経済社会構造に関する有識者会議」は、2013年の6月に第10回の会議を開催し、そこでは「成長のための人的資源活用検討専門チーム」が同年4月にまとめた報告書が資料として提出された。そのなかには、経済成長を牽引するためには人的資源の形成が必要であり、そのためには「配偶者控除などによって、就業が不利にならないようにすることなど、働き方に中立な税、社会保障制度」を目指すべく検討すべきだ、と書かれている(22頁)。

 

ただ、この提案はこの時点では取りあげられることはなかった。安倍政権の成長戦略において「女性労働力の活用」はかねてより強調されていたが、その力点はあくまで「育児期の就労支援」と「女性管理職の増加」にあった。

 

ところが、1月の第15回「産業競争力会議」においては、議事要旨の「成長戦略進化のための検討方針」に「女性の活躍を推進し、全員参加型社会を実現するため、働き方改革を進める。このため、学童保育の待機児童解消に向けた取組や、働き方の選択に中立的な税制・社会保障の在り方の検討を進める」と書かれている。これを受けて2014年3月には、所得税の抜本改革の一環として配偶者控除の縮小・廃止が検討されることが報道された。そして同時に(なかば唐突に)、課税単位を個人から世帯にすることを検討するという、これまた重大な案が提示されることになった。

 

この記事では、少子化の歯止めと女性の就労促進という2つの目標に照らして、この2つの制度変更がどのような意味を持ちうるのかを整理してみよう。

 

 

配偶者控除は数ある「壁」のなかの一つ

 

配偶者控除の廃止は「働き方に中立な制度」に向けての方策であると述べられているように、いわゆる「103万円の壁」を意識せずに有配偶女性が労働投入を追加できるようにするための変更である。配偶者控除(ならびに配偶者特別控除)の廃止だけであれば、社会保険による「130万円の壁」が残るが、これも撤廃という話が一部で出てきている。雇用側の事情もあり、現実には「130万円の壁」を意識する人のほうが多い可能性もあるので、以下では配偶者控除と社会保険に関する(第3号被保険者制度等の)制度を合わせて論じ、便宜的に「税・社会保障の壁」と呼んでおこう。

 

税・社会保障の壁に関する2つの制度には、女性の就労促進と税収・社会保険料の確保という2つの効果が見込まれている。女性の所得が増加すれば、経済成長につながるし、税や社会保障を負担する主体が増える。労働人口が減少するなかで、成長や社会保障制度を維持するためには、就業者を増やすのが王道であることには間違いがない。配偶者控除の廃止は、追加の財源を適切に振り向けることができれば、福祉の主体を家族から公的セクターに移行させる効果もある。

 

それに、現状ではこれら「壁制度」を利用しているのは中間収入層であり、低収入世帯ではない。夫の年収が300万円以下であるような家計的に苦しい世帯では、女性は壁を超えて働くことを強いられている。その意味では、壁制度の廃止には家計に余裕のある層に恩恵のある不公平な制度を是正する、という側面も確かにある。「専業主婦の家計を圧迫」という非難もあるが、専業主婦のいる家庭は、ある程度夫が高収入であるか、さもなければ子育てとの両立が非常に難しい家庭である。したがって対応策としては壁制度の維持ではなく、公的扶助や両立支援制度の整備を基本に据えるのが筋である。

 

以上から、私は基本的には税・社会保障負担の壁を撤廃することには賛成である。ただし、以下のような懸念すべき点をある程度克服できるのなら、という条件付きで、である。

 

まず、配偶者控除制度や「第3号被保険者」の廃止が、実際にどの程度女性の就労促進につながるのかについての実証研究の結果は一貫していない。改革をしても労働供給にはほとんど効果がないという結果を示す研究もある。どのような条件が満たされた時に、この壁の撤廃が女性の就労促進になるのかについて考慮が必要だろう。

 

それに、労働人口が縮小するなかで課題になるのは労働人口の増加そのものだけではなく労働力の増加、特に一人当たりの労働生産性の向上である。「壁」を取り除くことで期待できる追加の労働力は、非正規雇用の労働時間の追加(たとえばこれまで週3日勤務していたパートタイム労働者が、週5日勤務に切り替える、など)によるものと、正規雇用者の増加によるものに分けることができる。前者であれば、労働生産性の大幅な向上は見込めないだろう。パートタイムの基幹労働化の傾向が観察されているが、もっと大胆に正規雇用と非正規雇用の壁を取り払い、賃金格差を縮めていくことができれば、労働投入が限られた女性にとっても働きやすい環境が生まれるはずである。

 

正規社員としての就業に際しては、制度の壁ではない別の壁も存在する。家事の壁である。筆者による推計では、女性が労働時間を追加した際に減る家事の量は、平均して男性が追加で行う家事の量の2倍ほどであり、女性の正規社員としての就業は明らかに家庭内の厚生レベルを減少させている(特に掃除の頻度が下がる傾向が目立ち、部屋の中が薄汚くなることが予想される)。育児休業制度は徐々に充実してきているが、育児期を乗り切ればあとはどうとでもなる、というのは大きな間違いであることは別途論じた(「迷走する運命にあるワーク・ライフ・バランス政策」)。個人的には、長時間労働や男女賃金格差を抜本的に是正すること抜きに育児休業を充実させることは、雇い主や稼ぎ手としての男性にとって一種の免罪となり、むしろ古い性別分業体制を維持するという意図せざる結果をもたらす可能性もあると考える。

 

以上から、女性の就労の壁をトータルに取り払うためには、さらに2つの壁を弱めていく必要がある。ひとつは正規雇用と非正規雇用の壁であり、もうひとつは家庭内の家事分担の壁である。配偶者控除制度や「第3号被保険者」の廃止は、これらの一連の改革のなかに体系的に位置付けた上で実施するべきなのだ。

 

ついでだが、女性の就業という観点から見れば、実は企業の家族手当の存在が大きいことも忘れてはならない。家族手当は、制度自体は企業規模にかかわりなく広範に見られるのだが、その額は企業規模に応じてかなりの差があり、特に高所得の男性の妻が就労を抑制する動機を与えている。税制の壁が撤廃されるときに企業による家族手当も見直されるのかどうかは未知数だが、同時に縮小されるのであれば、その分を非正規雇用労働者への社会保険適用の拡大のために用いるという方向性も模索すべきかもしれない。

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.248 「論壇」の再構築に向けて

・大内悟史「こうすれば「論壇」はもっと良くなる――政治や行政を動かす「意見」や「論争」を」
・中里透「物価はなぜ上がらないのか?――「アマゾン効果」と「基調的な物価」のあいだ」
・牧野雅彦「知の巨人たち――カール・シュミット」
・西垣通「人工知能を基礎情報学で解剖する」