タンザニア農民との学び――国家の周縁地で森林保全とエネルギーの関係を考える

シリーズ「等身大のアフリカ/最前線のアフリカ」では、マスメディアが伝えてこなかったアフリカ、とくに等身大の日常生活や最前線の現地情報を気鋭の研究者、 熟練のフィールドワーカーがお伝えします。今月は「等身大のアフリカ」(協力:NPO法人アフリック・アフリカ)です。

 

 

森林荒廃が進む農村部

 

東アフリカ、タンザニアの幹線道路を地方に向けて進んで行くと、道端に薪や炭を並べた即席の露店が、長い距離にわたってたびたび現れる。タンザニアの農村部ではガスや電気といったインフラがほとんど整っておらず、煮炊きにはもちろん、光源としても薪や炭が使われている。だが、露店に並ぶ薪炭は、近隣の農村ではなく都市部のエネルギー需要を満たすためのものだ。一部の富裕層を除けば、都市に住む人びとも調理に使うエネルギーを炭に依存している。近年の急速な経済成長は都市部に多くの人びとを引きつけ、薪炭の流通拡大に拍車をかけている。

 

 

幹線道路沿いに並べられた薪炭と木製の車止め

幹線道路沿いに並べられた薪炭と木製の車止め

 

 

こうした薪や炭の販売は、農村部の人びとにとって手っ取り早い、かつ唯一といっていいほどの現金収入源になっている。彼らが現金収入を求める背景には、先進諸国の援助によって学校や医療施設が整えられて教育機会や治せる病気の幅が増えた反面、学費や医療費の捻出が重くのしかかってきたという事情がある(伊谷2016a)。

 

自然林から薪炭を取り出したり、伐開地を耕作して農産物を販売するのはまだ良い方で、いよいよ困窮すると土地を売ってしまう。農民にとって土地を失うことは生活基盤の消失を意味しており、その先のさらなる生活の困窮を招来する。近年、注目を集めているランド・グラッビング(土地収奪)には、外国企業によるものだけではなく、都市在住のタンザニア人富裕層による投資的な動きも混在しており、じわじわと農村部に進展している。不在地主が増加すれば、農村部の土地利用が混乱することは想像に難くない。

 

 

このようにして都市の一部の富裕層と農村部の格差が深刻さを増していくなかで、ある地域では住民がみずから問題を打開するために新たな事業をはじめている。私たちは、タンザニアの農村部における環境問題の実態把握を進めるとともに、そうした住民発の対処法に学びながら実践的な活動にも取り組んできた。この小論ではとくに、タンザニア南西部、行政的にはソングウェ(Songwe)州モンバ(Momba)県と呼ばれる地域の農村での活動に触れながら、アフリカの環境問題を捉える視点を提起したい。

 

 

植林は誰のニーズ?――国家の周縁地から眺める森林政策

 

ザンビア国境にも近いタンザニア南西部は、ふるくからさまざまな民族が行き交う「民族の回廊」と呼ばれてきた。そこでは人びとの交流とともに、焼畑をはじめとするさまざまな農法も伝播し、ミオンボ林(Miombo)と総称される自然林を薄く広く使う文化が息づいていた。

 

モンバ県に住むニャムワンガ(Nyamwanga)の人びとも、近隣の民族との交流のなかで多様な農法を育んできたが、冒頭で述べたようなグローバル経済の影響を受けて生活に困窮している。焼畑農耕を営む彼らは、生活基盤である林のバイオマスが脆弱になっていく現状を理解しつつも、現金を稼がなければならないというプレッシャーのなかで、どのように林を管理すればよいのか立ち往生している。

 

タンザニア政府は、1961年の独立後も植民地時代の環境政策を引き継ぎ、現在まで森林保全に力を入れてきた。しかしそれは住民による利用を許さない保護林の設定や造成が主体であったため、植林に対する住民のインセンティブは上がらず、事業は持続性を欠いていた。2000年前後には林の管理を住民に委ねる政策も講じられたが、木材資源の需要が高まるなかで住民に伐採の自制を期待するのは容易でなかった。

 

保護林の設定や造成にはタンザニア国家のエネルギー政策も強く関連している。タンザニアの系統電力は、大規模なダム型水力発電に大部分を依存している。そのため政府は、水源や流域に対して厳しい土地利用規制を課し、水源涵養林を保全する義務を押し付けている。

 

また、環境保全の名の下に製炭の禁止令を出したものの、炭に代わるエネルギーの供給策を講じることはなく、肥大する都市のエネルギー供給を事実上、農村部の製炭に依存し続けている。これまでの森林政策は、いわば都市部のニーズに向けたものであり、農村部は都市部のための環境保全とエネルギー供給の役割をお仕着せられてきたのである。とりわけ、国家のサービスから遠い位置にあるニャムワンガ社会は、国家政策の矛盾が顕在化している最前線の地域といえる。

 

このような状況に対して、植林といっても劣化した自然林を修復するのではなく、自分たちで利用しながら管理する人工林の造成がひとつの打開策になると私たちは考えている。経済価値が高く、また住民の裁量で使える林を創りだせば、自然林にかかってきた負荷を軽減できる。

 

タンザニア南西部の気候は大きく雨季と乾季に分かれるが、近年では降雨パターンが不規則になる傾向があり、これまでの慣行的な農業に支障がでている。しかし樹木は一度活着すれば簡単には枯死しないので、不作の年でも材木の販売によって生計を補てんできる。

 

私たちは、このようなことを念頭に置きつつ、1990年代から同地で実施されてきた実態把握の成果に基づき、地域の環境と経済をめぐる問題について取り組んできた。そのプロセスにおいて村の有志と住民グループを組織し、彼らとともに先進的な地域の事例に学びながら活動を進めてきた。

 

 

森づくりを住民から学ぶ――人工林を使いこなすベナ社会

 

多くの農村が生活のために森林を破壊的に利用せざるをえないジレンマに陥っているなかで、先駆的なケースとして人工林の造成に取り組み、経済的に有益であることを実証したのが、南部高地の中央、ンジョンベ州に居住するベナ(Bena)の人びとだ。

 

タンザニア経済の成長を背景として2000年頃から都市部の建材需要が増えるなか、ベナの人びとは製材に適したパツラマツ(Pinus patula)を積極的に植えるようになり、この15年のあいだに彼らの村の景観は草地から人工林へと急速に変わっていった。木材販売によって好景気に沸き、チェーンソーやテーブルソーを購入して製材業を営む者も現れている。

 

 

ベナの村では切り出した板材を道端に積んで乾燥させる

ベナの村では切り出した板材を道端に積んで乾燥させる

 

 

ベナの居住域は標高1,600~2,000メートルの丘陵地帯で、かつては熱帯山地林に覆われていたと考えられるが、古老たちの話によれば、1930年代にはすでに見通しの良い草原が広がっていて、薪を集めるのもひと苦労だったという。そこに、宗主国であったイギリスの企業やカトリック教会が、工業原料や建材の生産を目的としてさまざまな外来樹を持ち込み、そのなかでも生長の早いモリシマアカシア(Acacia mearnsii)やパツラマツがベナの人びとを惹きつけた。

 

彼らは西洋人の経営する植林地と身近に接するなかで近代的な林業技術を吸収し、自らも草地に木を植えて、利用するための林をつくりだしていった。詳細は別稿(近藤2016)に譲るが、1980年代終盤には人工林を繰り返し利用・再生する独自の農林業複合システムが普及した。育苗や間伐、枝打ちなどの手間をかけながら林を育て、樹齢7~10年程度の人工林を伐採して樹幹を製炭や製材に利用したあと、残った枝葉を燃やして焼畑を耕作するというものだ。

 

ベナの人びとのように大規模に林業を興すまでには至らなくても、植林のモデルケースとして彼らから学ぶべきところは多い。

 

ニャムワンガの人たちに、「利用するための林」をつくりだすことで、安定して現金を稼ぎ食料を生産できることを体感してもらおうと、2014年に住民交流を企画した。3名のニャムワンガの男性とともに、植林にとりくむベナの住民グループを訪問し、彼らの活動内容を聞いたり、苗床を見せてもらって実地で育苗技術の指導を受けたりした。この交流を通してニャムワンガの人たちは強い刺激を受け、自分たちの村でも本格的に植林に取り組むため、その場でグループと交渉して苗木を百本購入した。

 

 

パツラマツの幼苗を育苗チューブに移植する方法を教わる

パツラマツの幼苗を育苗チューブに移植する方法を教わる

 

 

こうした盛り上がりは、たんに林業試験場や環境セミナーで技術を学ぶだけでは得られなかったものだろう。生活のなかに林業が息づく現場を訪れたことで、民家の屋根が草からトタンに葺き替えられたり、ソーラー発電機を備えたゲストハウスやバー、ビデオ上映店が深夜まで営業しているといった活気あふれる村の様子を彼らは肌で感じた。

 

また、ベナの村のなかには、ところどころ植林されなかった放牧用の草地が残されていて、その部分はニャムワンガの村よりもはるかに木が少ないことが観察された。こうした体験と住民同士の等身大の交流を通じて、植林すれば生活の向上に繋がるという「成功のイメージ」を具体的に思い描けるようになったこと、また、自分たちにもできそうだという感覚をもてたことが、彼らのやる気を奮い立たせた。

 

 

「しかけ」づくりを住民から学ぶ――鍛冶職人パングワの知恵

 

とはいえ、最短でも7年程度かかる人工林の「果実」を待つ時間は、ニャムワンガのような、本当に現金収入源に乏しく、目の前のことに追われている人びとにとっては長い。住民交流の興奮が落ち着いてきた時に、あるいは交流に参加できなかった住民に対して、7年後の利益が植林のインセンティブとして機能し続けるとは限らない。植林活動を後押しするような、活動の潤滑油的な「しかけ」を組み込まないと、事業の持続性を担保することは難しい(伊谷 2016b)。

 

このような問題を考えるうえでのヒントをくれたのも、やはりタンザニアの農村部に暮らす人びとだった。彼らが教えてくれたのは、水力という自然エネルギーの利用である。

 

ベナの居住地に隣接する、ンジョンベ州南西部の山岳地帯には、パングワ(Pangwa)と呼ばれる民族が生活している。彼らのルーツは鍛冶職人であり、一部の人びとがその伝統を今日まで受け継いでいる。彼らの技術が興味深いのは、昔ながらの鉄製品の製造に従事するかたわら、現代社会で求められる道具も新たに創り出している点である。その一例が、ここで紹介するごく小規模な水力発電事業である。

 

彼らが暮らす山村を訪れると、突如パラボラアンテナが林立している集落に出くわすことがある。手作りの電柱があり、そこから延びる電線をたどると、その先にトタン屋根が葺かれた水力発電の装置が据え付けられていた。これらを設置した人びとは、キリスト教系の団体による水力発電事業に刺激を受け、手近にある材料を使って見よう見まねで水車をつくり、発電事業を手掛けていた。農業や養鶏などをとおして少しずつ資金を貯め、自分たちの村の河川環境に合うように試行錯誤を繰り返してきたのである。

 

 

パングワが経営する鉄工所に設置された簡易水汲み装置。強い力を必要とせずに水が汲みあげられる。

パングワが経営する鉄工所に設置された簡易水汲み装置。強い力を必要とせずに水が汲みあげられる。

パングワの手による水力発電の一例

パングワの手による水力発電の一例

 

 

これまで電力会社だけの独占物だと思っていた電気を、自分たちと同じ農民が作り出しているという事実は、ニャムワンガの人びとにとって衝撃的であった。わずかな電気でも、電灯をつけることができれば、暗闇のなかで夕食をとることはなくなる。現在、農村部でもほとんどの人が利用する携帯電話の充電のほか、ラジオやテレビ・ビデオの利用なども可能になり、人びとの生活の底上げに直接つながる。

 

水力発電はその性質上、流量の安定が意識されるため、水源涵養林の育成や流域の環境保全の活動とも切り離せないわけだが、私たちはそうした活動に積極的に取り組む人にも出会い、彼らの試行錯誤のプロセスから多くを学んだ(黒崎 2016)。見学した現場では、新たな活動に取り組む「おもしろさ」が強く伝わってきたが、それが彼らの活動の原動力のひとつになっていることも大事なポイントである。

 

ベナの植林の事例と同様に、私たちはニャムワンガの村人とともにパングワのところまで訪ね、さまざまな設置事例の現場を踏破した。根っからの実証主義者である人びとにとって、住民同士の交流の効果はてきめんであった。【次ページにつづく】

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

α-synodos03-2

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.224 特集:分断を乗り越える

・吉田徹氏インタビュー 「ポピュリズムはなぜややこしいのか?」

・【ヘイトスピーチQ&A】 明戸隆浩(解説)「ヘイトスピーチ解消法施行後の現状と課題」

・【今月のポジ出し!】 荻上チキ 「今からでも遅くない!メディアを鍛える15の提言」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文) 「Yeah! めっちゃ平日」第七回