“手乗り家畜”昆虫が拓く養殖ビジネスの展望

今年の大学一般入試の志願者数で、近畿大学が2年連続で全国1位になった。同大の広報担当者は、「近大マグロ」の効果が一役買っているのでは、と述べている。

 

「近大マグロ」は、卵から成魚まですべてのライフサイクルを人工管理する、近畿大学発の完全養殖技術で育てられたクロマグロだ。日本人の魚介類に対する熱い思いが良くわかる一面といえるかもしれない。

 

近大マグロ以外でも、我が国では世界に先駆けて東京大学海洋研究所の研究グループらがニホンウナギの生態を解明し、完全養殖を実現している。このことはテレビや新聞でも盛んに取り上げられた。

 

完全養殖が注目を浴びているのは、今後好物の魚が食べられなくなるのではないか、という人々の不安の裏返しかもしれない。ウナギやマグロだけでなく、世界全体の漁業生産量はここ20年以上頭打ちになっている。一方で人口の増加とともに需要は増えているため、天然資源だけでなく、養殖によって生産量を上げているのが現状だ。

 

 

近大マグロ

近大マグロ(近畿大学水産研究所にて)

 

 

飼料としての昆虫養殖

 

昨年、世界銀行と国連食糧農業機関(FAO)らが作成した報告書「2030年までの漁業と養殖業の見通し」では、養殖による生産量は順調に伸び続け、2030年には世界の食用魚の62%が養殖で生産されると予測している。

 

このような中、養殖にかかるコストは大きな問題となってくる。特に問題とされるのは、飼料のコストだ。配合飼料の主原料となる魚粉の価格は、世界的な需要の増加などにより高騰を続けている。魚粉を輸入している養殖漁家に対し、政府は毎年補助金を出し続けているのが現状だ。

 

そこで、魚粉の代替飼料として期待できるのが昆虫である。ここでは、世界中で広く養殖されているカイコやイエバエを例に挙げることにする。

 

 

カイコは絹織物の副産物として

 

2013年に国連食糧農業機関(FAO)から発行された報告書「食用昆虫‐食料および飼料の安全保障に向けた未来の展望」(以下FAO報告書)によると、コロンビアやインドの絹織物業に利用された後のカイコの蛹や糞は、家畜の飼料として利用されている。

 

魚粉の代わりにカイコを飼料として鶏に摂取させた場合、飼料の摂取や体重の増加具合を調査しても、魚粉と遜色ない効果が得られることが報告されている。さらに、鯉の飼料としてカイコの蛹を与えると、魚粉よりも体重の増加が大きくなったという報告もある。

 

 

カイコ(Wikipediaより)

カイコ(Wikipediaより)

 

 

戦時中にわが国で出版された尾崎準一著「蚕糸化学と副産物利用」を見ると、養蚕業が盛んであった当時はカイコの糞を飼料として利用する研究が熱心に行われていたことがうかがわれる。

 

これによると、カイコの糞のタンパク質含量は大豆粕よりは劣るものの小麦、大麦、米ぬかより高いとしている。また、白色の繭を作るカイコは食草である桑の葉に含まれるカロチノイドを糞中に排出するため、このカイコの糞を鶏に飼料として与えると卵黄の着色効果をもたらすという。

 

カイコは古くから絹を生産する昆虫として特化されているため、飼料のみへの活用には向いていないかもしれない。絹織物生産で生じる副産物として、蛹や糞を活用するといった形が望ましいように思われる。

 

ちなみに、カイコの蛹や成虫は佃煮などにして食用にする文化もある。味は草の香りが強く癖があるので好みが分かれるところだ。蛹は燻製にするとスモークチーズのような味わいになる。

 

 

イエバエは繁殖力が高く飼育コストも低い

 

イエバエは繁殖力が高く発育期間も短いことから、各国で飼料として利用されている。イエバエを混合した飼料で育った鶏はタンパク質変換効率が向上するとともに肉や卵の質が向上したという報告もある。

 

日本では2012年に養殖魚の飼料や飼料添加物として昆虫の活用を検討していく、愛媛大学発のベンチャー「株式会社愛南リベラシオ」が設立されている。

 

愛南リベラシオの代表取締役井戸篤史氏らの研究によると、イエバエの蛹・フライミール®を飼料として利用した際、マダイやウナギの稚魚といった養殖魚の摂食促進や耐病性の向上がみられたという。

 

「持続的な水産養殖の実現には、昆虫飼料によって育てた魚を消費者が積極的に購入するようになってもらうことが必要」と井戸氏は語る。環境に大きな負担をかけず、地域社会にも配慮した養殖魚は、水産養殖管理協議会(ASC)が認証を行っている。

 

消費者がこの認証ラベルを見て製品を選べば、消費者が持続可能な水産物の取り組みを後押しすることができる。愛南リベラシオの井戸氏は、昆虫による養殖はASCの趣旨と合致するものだと述べている。現在、昆虫生産のパイロット工場の導入を計画しており、ゆくゆくはASCの認証も目指していく予定だ。

 

 

イエバエ蛹添加飼料で育てたマダイ(写真上)の方が、従来の飼料で育てたマダイ(写真下)より体色が良好だった(提供:株式会社愛南リベラシオ)

イエバエ蛹添加飼料で育てたマダイ(写真上)の方が、従来の飼料で育てたマダイ(写真下)より体色が良好だった(提供:株式会社愛南リベラシオ)

 

 

南アフリカに拠点を置くAgriprotein社は、イエバエ幼虫を加工したMagMealTMという飼料用の商品を開発している。

 

同社によれば、イエバエ飼料を活用すると農業用地および化石燃料の使用を削減できるとし、飼料1トンあたり2500ドル以上の削減につながるという。昨年よりケープタウン近郊で大規模なハエ養殖施設を建設しており、3月には稼働予定である。1日22トンのハエ幼虫を生産することが可能で、ハエ幼虫1匹25ミリグラムと考えると、1日約70億匹以上のハエを生産することになる。

 

イエバエ以外にアメリカミズアブを利用する会社もある。アメリカミズアブは体長2センチ程度の全身黒色のアブで、日本でもコンポストや生ごみから発生する昆虫である。

 

アメリカのEnviroFlightという会社では、食品廃棄物等で育ったアメリカミズアブ幼虫を魚や家畜の飼料として利用する一方、幼虫から排出された糞は肥料として活用する。また、前述のFAOの報告書によると、ニジマスの飼料の魚粉25%と魚油38%相当をアメリカミズアブに置き換えることが可能であるとしている。

 

 

イエバエは高効率のタンパク質生産工場

 

カイコとイエバエの特性の比較をしてみると、表1のようになる。両者をタンパク質生産工場として考えると、どちらの効率が良いだろうか(表1)。カイコはイエバエより大型の昆虫であり、タンパク質含有量も高い。しかし、長期で見ると発育期間の短いイエバエがカイコを圧倒する。

 

 

表1.カイコとイエバエにおける生産効率の比較(三橋淳「昆虫食古今東西」より改変)

 

 

カイコは桑の葉や専用の人工飼料で飼育しなければならない。一方、イエバエは雑食性なので食品廃棄物や動物の糞などでも飼育することが可能である。このように昆虫をタンパク質生産という観点で見ると、イエバエの優位性が目立つ。昆虫種によって養殖の目的は異なってくると考えるべきであろう。【次ページにつづく】

 

α-synodos03-2

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.222 特集:沖縄

・仲村清司氏インタビュー「変わる沖縄——失われる心と『沖縄問題』」

・宮城大蔵「静かに深まる危機——沖縄基地問題の二〇年」

・北村毅「戦争の『犠牲』のリアリティー:当事者不在の政治の行く末にあるもの」

・神戸和佳子「『わからなさ』の中でいかに語り考えるのか——沖縄をめぐる哲学対話の実践から」

・山本ぽてと「沖縄トイレットペーパー産業史」
・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」