「自然保護」を本気でやるには何が必要か――CEPAツールキットの紹介を中心に

地球サミットで生まれた2つの条約

 

昨年の12月、気候変動枠組条約の第21回締約国会議(COP21)がパリで行われた。温暖化に対する危機感が共有され、アメリカや中国も加えた多くの国で「パリ協定」が締結された。日本でも比較的大きく報道されたのは、気候変動問題が現在最も重要な地球環境問題と認識されているからだろう。

 

気候変動枠組条約は、1992年のいわゆる「地球サミット」で生み出された条約だが、同じ会議でもう一つ、世界規模の環境条約が誕生している。それが「生物多様性条約」である。この条約は、自然保護に関する条約としては最も広い範囲をカバーし、また194もの国と地域が加盟しているという点でも重要な条約である。2010年には、この条約の第10回締約国会議(COP10)が名古屋市で開催され、話題を集めた。しかしそれから6年が経ち、名古屋会議について話題にされることは少なくなった。

 

全般的に、生物多様性問題は、気候変動問題に比べて注目度がうすい。それは一つには、言葉やコミュニケーションの問題がある。気候変動問題が、「温暖化」というキーワードを通じて五感に訴えかけるのに対し、生物多様性問題は、「生きもの」の保護の問題と考えられ、人間の生活に密着したものとは感じられなくなっている。しかし、後で述べるように、生物多様性の減少は人間の生活に大きな影響を与えるものなのだ。

 

気候変動対策のネックになっているのは、対策が経済発展の妨げになることへの懸念である。同様に、生物多様性保全、いわゆる自然保護のネックになっているのも、それが経済発展の妨げになるという論点である。自然保護の主張を採用すると、端的には「開発」が抑制されるわけだが、生きものの保護のために経済活動が抑制されることに対して反発を感じる人も多い。そこから自然保護は経済発展と対立関係にあると考えられてきた。

 

 

生物多様性をめぐる国際的議論の成熟:自然保護 対 経済発展 を超えて

 

しかし生物多様性をめぐる国際的議論において、「自然保護をとるか経済発展をとるか」といった対立軸は過去のものになりつつある。そこでは、自然(生物多様性・生態系)を守ることは経済発展の基盤であるという認識が進んでいる。それを示す典型的な用語として「生態系サービス」がある。これは自然環境が人間にもたらすさまざまな恵みの総称である。

 

その中では「基盤サービス」(大気・水・土壌)、「供給サービス」(食糧・資源・エネルギー)、「調整サービス」(気候調整・洪水制御・廃棄物分解)、「文化的サービス」(科学・レクリエーション)といった、人間にもたらされるさまざまな恵みが掲げられている。生物多様性の減少は生態系サービスの減少をもたらし、人間の暮らしも貧しくなるというわけだ。それに関連して、生態系や生物多様性に対する経済的評価も進んでおり、「生態系と生物多様性の経済学」(TEEB)という報告書もつくられている。

 

さらに近年では「自然資本」という言葉も登場している。企業にとって、物的・人的な資本を維持しなければならないのと同様に、経済活動を持続的に行うためにはその基盤となっている自然(生物多様性)を維持しなければならない、という考え方だ。

 

現在の生物多様性保全論ではこのような考え方が主流となっている。自然保護と経済発展をいたずらに対立させるのではなく、経済発展の基盤に自然保護を位置づけている点で、現在の国際的な自然保護の議論は成熟の段階に入っているといえよう。

 

 

「思い」だけでは自然は守れない

 

このように経済の論理で自然保護を語ることに対して、従来の自然保護運動家は眉をひそめるかもしれない。確かに、自然保護を訴える人々の動機としては、経済的な計算によるものよりも、自然を失いたくない、大切な場所を奪われたくない、といった直観的な「思い」のほうが大きいだろう(私がこの分野の研究をしているのもそのような動機に基づいている)。

 

しかし、自然保護の現場においては利害対立が生じる。そのときに、自分の「思い」が伝われば、相手が納得し、合意が形成され、対立が解消するというのは、楽観的すぎる見方であろう。そうではなく、第三者的な土俵で語り合うための共通言語がなければならない。そこで必要になるのは、それぞれの「思い」とは別の、より客観的な自然保護のための論理である。「生態系サービス」や「自然資本」は、多くの人々が納得できる論理であり、そこから利害関係者間の共通の土俵になりうると考えられる。

 

これは、自然保護に対する個々人の「思い」を、経済的・生態学的な論理に翻訳すべきであるということではない。「思い」の強さ、真摯さはそれ自体に価値がある。時にはそれが人を動かすこともある。しかし、「思い」の強さや動機の純粋さを訴えるだけでは、自然保護を広めることは難しいだろう。自然保護に対する「思い」は、経済的・生態学的な共通言語とともに示されることで、多くの人に理解される力をもつようになるだろう。

 

 

自然保護は愛好家の趣味の問題ではない

 

また、自然保護を具体的に遂行するためには、人間か自然かという二者択一的議論はかえって有害であり、自然保護運動を行っている人々を社会から孤立させることになるだろう。自然保護は、一部の人々の趣味の問題ではない。生物多様性条約の会議に集まっている人々は、自分が「自然愛好家」だから来ているわけではない。そこで議論されているのは、例えば遺伝資源から得られる利益の配分といった、国や地域の資源や経済に関わる議題も多いのである。そこは南北問題の最前線ともいえる。

 

こういったことは、生物多様性をめぐる国際的議論においては半ば常識になっているように思われる。しかし、このことが日本の多くの人々にきちんと伝わっているかは疑わしい。自然保護は学者や登山家の浮世離れしたご高説、というのは遠い昔の、しかも間違った理解である。“自然を守るなんて、霞みを食べて暮らせというのか”という反感は見当違いだ。このような理解だと、生物多様性条約の締約国会議で論じられていることがまったく分からないだろう。政策決定者や企業の意思決定者は、自然保護をめぐる国際的議論について知っておかないと、ふとしたことで国際的非難を浴びかねないだろう。【次ページにつづく】

 

 

 

◆◆シノドスへのご寄付のお願い◆◆

 

 

 

lounge

1 2

困ってるズ300×250

α-synodos03-2

vol.204 特集:都市再生

・木村幹夫×飯田泰之「不動産情報はウソをつけない!?――登記簿情報から読み解く、空き家、相続、ニュータウン、AI利用」
・木曽崇「都市の経済的価値を高めるナイトタイムエコノミー」
・久繁哲之介「市民・顧客は『攻略する対象でなく、協働する仲間』――競わない地方創生」
・田中友章「都市再生プロジェクトへの景観法の活用」
・富井規雄「電車はなぜ遅れるのか?――都市における電車の遅延メカニズムとその対策」