これからの「共生」のために――外国人労働者をいかに受け入れるか

外国人実習生・留学生たちの実態

 

荻上 では、実際に外国人の技能実習生の実態を取材している方にお話を伺いたいと思います。著書に『ルポ 日本絶望工場』などがあるジャーナリストの出井康博さんです。よろしくお願いします。

 

出井 よろしくお願いします。

 

荻上 今回技能実習制度の適正化法などが改正されたということですが、出井さんが取材した場所では、技能実習生の方々はどのような思いで働かれていたのでしょうか。

 

出井 単純に少しでもお金を稼ぎたいという気持ちなのだと思います。日本で技術を学ぶとか、国際貢献などといった制度の趣旨は全くの建前に過ぎません。日本側は単純労働の人手不足を解消したいだけ、実習生は出稼ぎにやってきているだけです。

 

荻上 どのような現場を取材されましたか?

 

出井 たとえば、あるインドネシア出身の実習生は、現地の送り出し団体にトヨタの最新設備が揃った工場のビデオを見せられて、トヨタで働けるんだと思って来日したら、三次請け、四次請けの工場で働かされて、しかも給与は月10万程度だったという事例がありました。実習生の給与は「日本人と同等以上」と定められていますが、実際には最低賃金レベルです。しかも送り出し団体や日本の監理団体がピンハネをしてしまう。結果、日本人と同じ仕事をしても給与は半分にも満たない。そういう実情で職場から失踪する実習生が後を絶たないのです。

 

荻上 なるほど。技能も実習できて言葉も学べて、給与もしっかりもらえるということであればわざわざ逃げたりはしないと思いますけど、給与がなければ厳しいですよね。

 

出井 そうですね。職場から逃げ出して不法就労をした方が確実に稼げます。彼らの目的は出稼ぎなので、日本にいる間にできるだけ稼ごうと思うわけです。ところで私は最近、留学生を取材しているんですが、彼らが実習生以上に厳しい状況に置かれていることはもっと注目されていいんじゃないかと思います。

 

荻上 留学生の実態が厳しい、それはどうしてでしょうか。

 

出井 外国人留学生の数は25万人以上に急増しています。そのなかには、出稼ぎ目的の“偽装留学生”が相当含まれているのです。恐らく、全体の半分以上はそうだと思います。とりわけ目立つのがベトナム人ですが、彼らは日本語学校への学費や現地のブローカーへの手数料などで150万から200万円もの借金を背負って来日します。日本にやってきた後は実習生すら受け入れられない底辺の職種で働くんですけど、そうやって稼いだお金もまた翌年の学費に消えていく。ブローカーが日本語学校や留学生の受け入れで生き残りを図ろうとしている大学などと結託し、「日本に留学すれば月20-30万円は簡単に稼げる」と騙している。日本語も全くできない留学生が「月20—30万円」を稼ぐなど実際には無理ですから。

 

荻上 実際に日本語学校や大学に所属するという形態をとるがゆえに、学費の問題も発生するし前借金もある。そのため、なかなか本来の目的が果たせないということですね。送り出し国のブローカーが虚偽の説明や誇張をしていたとき、日本がそれを把握して是正させることはないのでしょうか。

 

出井 外務省も問題は把握しています。一方で政府は「留学生30万人計画」を進め、留学生の数を増やそうとしている。留学ビザの取得も簡単にできるため、悪いブローカーや日本語学校、大学が蔓延ってしまうのです。

 

荻上 リスナーからこんなメールが来ています。

 

「出井さんの著書にも出てくる、新聞奨学生の相談を受けるNPOを主宰しています。私は韓国人と中国人の相談を受けたことがありますが、日本語学校がブローカーと一体となっており、給料から学費分を毎月2万円天引きされ、時給換算すると500円を切るありさまでした。来日前に聞いていた話と違うわけですが、入管法で定められている労働時間をオーバーして働かされているため、ヘタに役所に相談できない。この場合、労働者側も資格外活動として罪に問われるからだ、とのことでした。」

 

出井 そうですね。今のメールは新聞奨学生の話ですが、彼らを含め留学生のアルバイトは法律で「週28時間以内」と決まっています。しかし新聞配達の仕事は週28時間では終わりません。そのため週30時間、40時間働かされることになる。法律を盾にして残業代も払われず、強制送還を恐れて役所にも相談できない。全くひどい状況です。こうした実態について新聞やテレビでは全く報じられません。新聞配達の現場は、今や留学生の違法就労なしでは成り立たない状況です。そんななか、“偽装留学生”問題について紙面で取り上げれば、「お前たちの配達現場で起こっていることはどうなんだ」と批判されることを恐れているのです。

 

荻上 そうした中で、出井さんはこれから外国人労働の課題について、どういった議論をしていくべきだと思いますか。

 

出井 正直な議論だと思います。まずは、人手が足りない現場がたくさんあると認めること。「実習生」だとか「留学生」だとか偽って外国人労働者を受け入れることには限界があります。事実、彼らの質が急速に悪化していることは、現場を取材していて痛感します。外国人労働者が必要ならば、受け入れのための制度を根本からつくり直すことが必要なのではないでしょうか。

 

荻上 出井さん、ありがとうございました。いろいろと問題ある事例が出てきましたけど、市川さん、他の国ではどのような受け入れ態勢になっているのでしょうか。

 

市川 韓国の例は対照的なんですけど、外国人研修制度という形で、一時期日本の技能実習制度と同じようなことをやっていました。ただ、非常に問題が多いということで、2004年から、労働者としての受け入れであると正面から認めた雇用許可制度という制度に移行しました。但し、受入の人数と期間は限定するという制度になっています。それと同時に在韓外国人処遇基本法という法律も2007年に定め、外国人が韓国で生活していくにあたってどのような制度整備をするかということを定めた法律を作りました。外国人労働者を受け入れることに正面から向き合い、入国した外国人にどのように生活してもらうかということを議論する姿勢に変わっていきました。

 

また、ヨーロッパの場合は、移民の受け入れについては制度が整っているのですが、外国人受け入れを正面から認める議論というのは、どこの国も難しいところがありますね。ドイツの例だと、外国人の受け入れ国ではないとずっと主張してきたものの、実際には外国からの移住者も多く、外国人の比率は高かった。そこで、2000年くらいから議論をし直して、自分たちが移民を受け入れている国だと正面から認め、それに基づいて2005年に、外国人法という法律から移民法という法律に変化させました。移民を受け入れるということを正面から認め、そのうえで、移民がドイツで他の市民と統合された環境を作るために何をするべきかを定めたんですね。

 

たとえば、ドイツ語を600時間、ドイツの文化・法令などを30時間勉強できる「統合プログラム」と呼ばれる制度を作って、勉強した方には、長期の在留資格を与えていこうとか。これは日本にとって参考にすべきモデルであると思います。今の日本の法制度は、そもそも、外国人が日本で生活することを前提に外国人を社会の中に包摂していく、ということは想定していないからです。

 

 

介護職に従事することのリスク

 

荻上 こんなメールが来ています。

 

「私は介護支援専門員として高齢者福祉に関わっているものです。特別養護老人ホームなどが併設しており、私自身いくつかの介護現場で業務に就いたことがあります。11月18日に可決、成立した介護現場に外国人の技能実習生を受け入れることも可能にする関連2法ですが、正直現場に混乱と疲弊を招くだけだと思います。そもそも自国民でさえ数年しかもたないような介護現場で、文化も環境も違う外国の方が働き続けることができるのでしょうか。数ヶ月でやめてしまったり、精神的に追い詰められてしまい、国に帰らざるを得なくなる状況になるのではないでしょうか。」

 

外国人労働者が介護の現場に参入する上での課題について考えたいと思います。介護問題に詳しい、淑徳大学教授の結城康浩さんです。よろしくお願いします。

 

結城 よろしくお願いします。

 

荻上 介護のニーズが増えて行く一方で、人材不足が指摘されています。今回の外国人労働者受け入れに関する法案については、結城さんはどのようにお感じになっていますか。

 

結城 今回の法律改正はふたつのポイントがあります。ひとつは、日本の短大や専門学校など、介護の学校に留学した方がいますよね。その人たちが卒業後にきちっと就労ビザをとれて働くことができる。今まで留学生は介護職で働くと就労ビザが認められなかったんですが、これを可能にしたことは評価できると思います。ただしもうひとつの技能実習制度に関しまして、今回初めて対人サービス業である介護を職種として加えるには少し課題が多すぎるのではないかと私は分析しています。

 

荻上 どのような課題や懸念点がありますか。

 

結城 短大生や専門学校の留学生と違って、技能実習制度では日本語の教育期間が数ヶ月しかないんですね。ですから、対人関係の問題がクリアできないのではないかと見ています。たとえば高齢者とのコミュニケーションにおいて、痛いとか、これを食べたいなどの微妙なニュアンスをなかなか感じ取れない。そうなると、今いる日本の介護スタッフの負担増加を招いてしまう。介護職には、確かにシートやタオルを畳むなどの単純作業もありますが、基本的な業務は対人コミュニケーションになります。複雑な任務をやらざるをえないので、今回の法改正には色々な課題があると考えていますね。

 

 

「不平等」を変える重要性

 

荻上 一方で、介護の人員不足の解決のために、日本人の介護士に対してもしっかり給料などの働き方を見直そうという議論もあります。その動きと矛盾する結果も懸念されます。

 

結城 現在介護の現場では、2025年に団塊世代が75歳以上になるまでに30万人も人手が足りない状況なんです。たとえ1割外国人介護士が入っても、残りの27万人は日本人でまかなわなければいけません。そもそも、技能実習制度の人を受け入れるとしても、大量に入ってくるとは考えにくい。施設側も日本の受け入れ管理団体に一定程度のお金を払わなければいけないからです。外国人介護士を増やすことが切り札のように思われていますが、かえってこうした弊害を克服できず、日本人の介護士の増員にブレーキがかかるのではないかという懸念がありますね。

 

荻上 つまり、このカードを使ったから大丈夫というように政治の側が誤認をし、しっかりと介護現場の改善処遇に取り組まなくなる可能性があるわけですね。ただ、仮に介護の現場で外国人の方に働いてもらうことを前提とするならば、最低限どんな制度が必要となってくるでしょうか。

 

結城 国が考えているのは、まず賃金体系を完全に日本人と同じにすること。これが大前提ですよね。それから技能実習制度の場合は、5年間と定められたのであれば、きっちりその間働けるような環境を整えることが大事です。また、介護現場にもジョブコーチ的な人を入れて、実習生に対しての指導をしっかりできる体制を整えること。しっかりと介護技術を身につけさせる訓練をさせていかないと、技能実習生も不幸になりますし、お年寄りも不幸になりますし、そして働く日本人介護スタッフも不幸になります。問題点をクリアにできるためにこの3つは不可欠であると思っています。

 

荻上 結城さん、ありがとうございました。市川さん、今のお話どう思われましたか。

 

市川 技能実習の対象職種に介護が加わったのは、大きな転換点だと思います。というのも、これまではものづくりの現場だけだったので、対人サービスの職種は初めてなんですね。対人の仕事においては、スキルが非常に必要なんですけど、それは経験の積み重ねの中で初めて生まれるものです。3年、5年という短いスパンのなかで本当にそのようなスキルが身につくかは、相当注意して見ていかなければならないと思います。

 

荻上 ただ、これは労働の部分だけに着目してはいけないとも思います。というのも、実習生や留学生が、たとえば日本で家族を作るとか、日本に定住するといったことは想定されていませんよね。労働力だけ供与して帰れ、生活はするな、という設計に見えます。生活しようとして入管によって強制送還され、家族が離れ離れになるケースなども多くあります。

 

市川 技能実習制度は、一定期間たったら必ず帰国させるという、いわゆるローテーション制度の一種だと言われています。日本の場合は未熟練の外国人労働者に対しては、定住化という道は一切開いておらず、家族を呼び寄せることも認められない。しかし、5年というとかなり長いですよね。その中で家族との深いかかわりが認められないことは、当事者にとってはかなり辛いと思います。違う視点ですが、日本の生産年齢人口(15~64歳)は、少子化の影響で2010年から2030年頃までに少なくとも1300万人以上減るという国立社会保障・人口問題研究所のデータもあります。ですから、定住化、永住化を見据えた外国人の受け入れをしていかないと、日本社会の構造自体が成り立たないものになっていってしまいますね。介護のような職種は、技能実習のようなローテーションではなく、知識や技能を積んだ人はそのまま日本に定住化していってください、という定住化を認めるべき職種ともいえるように思いました。人口減を迎える社会の中で、外国人労働者の新たな可能性を開いていくひとつの方向性になるのかもしれません。

 

荻上 その辺りの議論で言えば、もう遅過ぎたという感覚もあります。人口が減少するということは、日本語話者が少なくなっていくということですから、日本語を勉強して日本で仕事を得ようという動機付けそのものが提言するわけです。政治家の感覚からすると「日本は魅力的な国だから少しずつ外国人にも開いてあげよう」という思いがあるかもしれませんけど、実態としてはどんどん厳しくなっていくように思います。

 

市川 魅力のある国とは経済的な側面だけでなく、外国人を包摂して一緒に暮らせる環境が整備されているかどうか、という問題もあると思います。たとえば、子どもが小学校から日本語と外国語を使いながら勉強できる環境があるかどうか。いわば多様性を意識した環境づくりを念頭に置かないと、外国人労働者の受け入れは難しいだろうと思いますね。

 

先ほども申し上げたように、外国人に関する法律というのは、ざっくりいうと管理するためのものと、共生するためのものがあります。しかし、日本では後者が存在しません。ヘイトスピーチ対策法がようやく今年になって出来ましたが、それ以外に「外国人との共生」という観点からの法律が存在しないことは致命的ですし、日本の大きな欠点だと思います。

 

荻上 今の状況を踏まえると、「外国人にも門戸を開きましょう」とは胸を張って言えないところがある。人材の問題を語るのであれば、同時に権利の問題、生活の話も含めて議論し、受け入れ態勢を整えなければならない。明らかになっている矛盾点としっかり向き合うことが必要になるということですね。市川さん、ありがとうございました。

 

 

Session-22banner

 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)

著者/訳者:出井 康博

出版社:講談社( 2016-07-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 907

新書 ( 192 ページ )

ISBN-10 : 4062729563

ISBN-13 : 9784062729567


 

介護―現場からの検証 (岩波新書)

著者/訳者:結城 康博

出版社:岩波書店( 2008-05-20 )

定価:

Amazon価格:¥ 842

新書 ( 224 ページ )

ISBN-10 : 4004311322

ISBN-13 : 9784004311324


 

 

バナーPC

α-synodos03-2

1 2

vol.218+219 特集:表現の自由とポリティカル・コレクトネス

<ポリコレのジレンマ―政治・芸術・憲法から見た政治的正しさと葛藤>

・第一部 テラケイ×荻野稔(大田区議会議員)

・第二部 テラケイ×柴田英里(アーティスト/フェミニスト)

・第三部 テラケイ×志田陽子(憲法学者)

<『裸足で逃げる』刊行記念トーク>

上間陽子×岸政彦「裸足で、いっしょに逃げる」

<連載エッセイ>

齋藤直子×岸政彦「Yeah! めっちゃ平日」

○シン・編集後記(山本ぽてと)