ロシアは世界の劇場にどう貢献できたのか

3月27日は「世界劇場の日」。ロシアは世界の劇場の舞台にどう貢献したのか。ロシアNOWが特集する。(アレクサンドラ・グリヤノワ)

 

 

A.チェーホフの戯曲

 

20世紀初めの世界の演劇界にとって、アントン・チェーホフの戯曲は画期的であった。その展開は特殊な心理主義によって当時の伝統的な演劇とは違うものとなっていた。チェーホフは主役を救うための唯一の正しい道筋を示さず、代わりに登場人物の日常の行動モデルを観客に観察させ、自分なりの結論を出させた。

 

 

チェーホフの作品は、イプセン、バーナード・ショー、ストリンドベリと同様に、19世紀から20世紀にかけての重要な演劇の流れ「新演劇」の基礎を構築。優れた劇作家はチェーホフを心理劇の父とあがめた。バーナード・ショーはその戯曲「傷心の家」を「イギリスの主題をロシア風に扱った幻想劇」と呼んだ。テネシー・ウィリアムズは「かもめ」を愛し、自分の解釈で舞台化することを生涯夢見ていた。この戯曲は「三人姉妹」や「桜の園」と同様、80以上の言語に翻訳され、イギリス、ドイツ、フランス、日本、アメリカなどで、多くの演劇を生みだした。

 

 

チェーホフの作品は、イプセン、バーナード・ショー、ストリンドベリと同様に、19世紀から20世紀にかけての重要な演劇の流れ「新演劇」の基礎を構築。

チェーホフの作品は、イプセン、バーナード・ショー、ストリンドベリと同様に、19世紀から20世紀にかけての重要な演劇の流れ「新演劇」の基礎を構築。

 

 

K.スタニスラフスキーとM.チェーホフの演技体系

 

有名な演出家、モスクワ芸術座の創設者の1人であったコンスタンチン・スタニスラフスキーの伝説的なフレーズ「信じない!」は、世界の演劇社会で流行した。スタニスラフスキーは、俳優にとって厳しい「トレーナー」であった。その演技術の体系は俳優に「役を生きる」ことを教えるもの。弟子には少しずつ役の個性を研究させ、自分の感覚と似た部分を見つけさせ、その後舞台でそれらを表現させた。

 

この方法は今日まで、すでに100年以上も俳優学校で教えられている。キーラ・ナイトレイからベネディクト・カンバーバッチまでの多くの映画スターが、この方法を愛してやまない。

 

ミハイル(マイケル)・チェーホフは、アントン・チェーホフの甥で、スタニスラフスキーの弟子であり、追随者であったが、そのシステムは多くの点で「先生」の基本要求に対抗するものであった。チェーホフは特に、自分を役と同化させるのではなく、演じている時に自分の演技を入念に客観視しながら、また自分の自然さを確認しながら、役の感情を緻密にコピーすることを俳優に提案した。チェーホフの体系は今日、スタニスラフスキーの体系よりも人気となることがある。クリント・イーストウッドやジャック・ニコルソンなどが、これを採用している。またアメリカには、チェーホフ演技体系指導者協会もある。【次ページにつづく】

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」