官能的(センシュアス)な都市とは?――新しい「住みたい街ランキング」

街の持続可能性は「多様性」から生まれる

 

飯田 今はセンシュアスであることが人を惹きつける原動力になっているということですが、集まる人々というのはどのような層なのでしょうか。

 

島原 「多様性」がキーワードになるかと思います。今回、ランキングの上位25%、真ん中の50%、下位25%と三分割して分析したところ、上位の街は集まる人々の職業・年齢も多様で、共働きの人も、外国人も、LGBTも暮らしやすいという特徴がありました。訪れる人々の多様性を受け入れる、寛容度の高い街なんですよね。また、個人経営のお店やセレクト系のお店が多いことも分かりました。つまり、人の多様性とコンテンツの多様性の両方が揃っている。逆に言うと、ランキングの低い街というのは、同じような層の人が集まっていて、お店もチェーン店だらけで個人店が少ないという傾向がありました。

 

飯田 多様性という観点は、まさにリチャード・フロリダの「ボヘミアン=ゲイ指数」ですよね。ただこの基準って、そのまま当てはめようとしても日本にはLGBTに関する統計上の数字が限られているので、なかなか難しいのですが。とは言え、ここで重要なのは、あまり理屈っぽく考えないで、むしろ「多様な人がいると何かいいことがある」くらいの考え方なんだと思います。今はファッションも飲食もサービスも、そういった漠たるものが最も利ざやが取れるわけです。

 

島原 そうですね。また、生物がそうであるように、街の持続可能性は多様性から生まれるのだと思います。多様な人がいるということは、一つのカテゴリーに対する依存度が低いということなので、あるカテゴリーが廃れてもまた別のものがそこを埋めていくんですね。

 

飯田 それに、多様な人を抱えていると、その地域を基盤にして立地している中堅企業を支える力にもなると思います。社員3〜5人程度の規模で仕事が回っている会社には周りに膨大な多様性が必要です。社外に多様性があるからビジネスを継続できる。そういった小さな企業がたくさん立地している地域こそが多様性があると言えるのかもしれません。それをうまく体現しているのが東京なんだと思います。

 

島原 一方で、特に郊外のニュータウンや、タワーマンションが立ち並ぶ湾岸エリアなどでは、同じような属性の人を大量に集めてしまっているので、もし人の入れ替わりが起きなければ、あのまま街全体が高齢化していくことになってしまいます。

 

飯田 そういったベッドタウンの場合、どう効率よく通勤するかに特化しているので、街の特徴そのものもどんどん失われているように思います。

 

例えば、奈良から大阪に毎日通勤している「奈良府民」と呼ばれる人たちにとってはスムーズな鉄道へのアクセスが非常に重要な街作りの目標になる。仕事場も行きつけの飲食店も大阪にある、休日の買い物も大阪となったら、なるべく短時間で効率良く通勤できることが望ましい。すると理想の駅は、駅ビルを建てて、歩道橋やデッキでつなげて、バスターミナルを作って……という、典型的なコルビュジエ型の再開発になる。あれだけの文化資源を持っている奈良ですら、移動効率を優先した再開発の要望が根強いと伺って驚きました。

 

島原 首都圏の郊外住宅地と同じ考え方ですよね。まさにコルビュジエ型の都市のコンセプトであるゾーニング、つまり用途を分けていき、業務エリア、商業エリア、住宅エリアをいかに効率よく繋ぐかがという発想です。ただ、その街の主語は誰なんだ、という話なんですよね。効率を喜ぶのは生産という顔のないシステムであり、システムの幸福とそのシステムのパーツである個々の人間の幸福は必ずしも一致しない場合があると思います。

 

加えて言うと、今の奈良の例だと、おそらく持ち家の方が多いでしょうから、いわゆる「正社員・専業主婦・長距離通勤」という構図かと思います。つまり、これからどんどん減っていく層ですよね。そう遠くない先には、彼ら自身もリタイヤして第一線を退き、都心への長距離通勤をしなくなる。逆に言うと、住まいがある地域での生活時間が長くなるはずです。

 

飯田 家族構成の変化、個人のライフスタイルの変化から考えても、これからはますます遊ぶところ、住むところ、働くところ、すべてがバラバラだと、住んでいて意味がない街になるでしょうね。

 

 

DSC_0231 (1)

左:島原氏、右:飯田氏

 

 

歩ける街、遊べる街

 

飯田 以前、HOME’Sのアーカイブデータを使って、うちの学生が不動産の賃貸価格の計量分析を行ったんです。すると、都心部に行けば行くほど駅から歩く時間が長くても価値が落ちないことが分かりました。つまり、同じ「駅まで歩く時間10分」でも、周りに何もなくて同じ風景がずっと続くような場所と、歩いていて楽しい場所とではまるで意味が違う。それが不動産価格にも明確に現れているんですよね。

 

島原 歩いていて楽しい街というのは、センシュアスという意味においてすごく大事です。今回の調査結果を見て面白かったのは、文京区で「歩く」という行動がたくさん起こっているんです。文京区は東京で最も坂や階段が多くてバリアフリーではない街なのに、散歩をしたり駅から帰る時に寄り道をしたりする割合がすごく多い。

 

 

文京区

出典:各都市の特徴〈センシュアス・シティ・レーダーチャート〉

 

 

特に、「谷根千」と呼ばれる谷中、根津、千駄木辺りのエリアでは、下町らしい細い路地や昔ながらの商店街がたくさんあって、風景の変化にも富んでいるので歩いていて楽しいんですよね。今まで重視されてきた移動効率性という概念をまったく無視した現象ではあるのですが、歩くからこそ気がつく風景があるし、その場所にしかない匂いもあるし、人との出会いも多い。そういった感覚が、実は住みたい街を選ぶ基準になっているんだと思います。

 

飯田 それに、今後は街の夜に何があるのかが、ますます重要になっていくかもしれませんね。国際カジノ研究所の木曽崇氏も言っていましたが、夜に家族で遊べる場所がないというのは、日本に来る外国人観光客の大きな不満でもあるそうです。日本で「夜遊び」というとどうもキャバクラ・風俗のことになってしまったりします。

 

島原 家に帰った後も近所で遊べる街というのは人気になっていくでしょうね。これからは必然的に労働時間の短縮も進むと思われますから、早い時間に帰宅して近くに何もないとなると、夜の時間帯をどう過ごせばいいのか分からなくなりますよね。ワンルームマンションにこもって、ずっとネットをしてるのも、少々寂しい気がしますし。

 

飯田 これから都市が存続できるほどの人口規模を維持していくためには、人を惹きつける官能性を携えなければならないということですが、今回ランキングが低かった街にはどういう特徴がありそうですか。

 

島原 ランキングが低いところは、やはり郊外ニュータウン系のエリアが多かったですね。そこに住んでいる人口の多くが東京、横浜、大阪に通う通勤族なので、昼間は専業主婦と子どもしかいません。これは無理からぬことですが、やはり子育て中の専業主婦の方は、猥雑なものや危険なものを遠ざけたいんですね。非常に無菌化されたクリーンな街が求められるので、自ずと雑多な多様性が欠落してくる。都市計画のスケール感や開発コストが転嫁された家賃の高さゆえに、チェーン店ばかりが立ち並ぶ傾向が強いですし。

 

そもそも都市の機能って何だろうと考えた時に、おそらく、働く場所と、遊ぶ場所と、学ぶ場所、いろいろな機能が集積しているのが都市なんだと思います。逆に、グロテスクにまで機能を純化して、切り出したものだけ置かれているのが郊外系エリアの特徴です。

 

全体的に、郊外ニュータウンに住む人口比率が高いところは、ランキングが低くなっている傾向があるようです。例えば京都市や神戸市、名古屋市や札幌市です。もっとランキングが上でもおかしくないイメージがありますが、あまり芳しくないのは、市全体では実は郊外のベッドタウン人口が多いせいだと思います。

 

特に名古屋や札幌は車社会ですので、自分の足で歩いて街を感じるという機会が少ない。それに、車で移動するということは飲まないということなので、行きつけの飲み屋などでの出会いも少ない。常に個人の空間を持って移動している状態なので、自分の住む街の人と出会わない暮らしになっていくんですね。今回は地方都市は市単位でデータを取ったので、区ごとに分けるとまた違う結果になったかもしれません。

 

飯田 車社会であれば、まさにコルビュジエの考え方で歩車分離されているのが一番素晴らしい、ということになりますし、道は真っ直ぐで広いのがいい。名古屋はまさにその例ですね。

 

多機能性のくさびを街の中に打ち込んでいくということを早い段階でやらないと、多摩ニュータウンと同じようになってしまう可能性はあります。

 

島原 そうですね。ただ、ネックなのは、そこに住んでいる人たちは雑多なものを入れたくない、このままがいいと思っている場合もあるんです。

 

二子玉川にライズ S.C.という複合施設がありますが、ここには飲食店などと一緒に、楽天のオフィスが入っているんですね。でも、楽天の社員が会社を出るころには、店はみんな閉まっているんだそうです。夜に騒がしいのは嫌だ、という声が近隣住民から寄せられてたからです。夜は静かな街がいい、という方もいるんですね。

 

飯田 せっかくのオフィスからの需要をみすみす地域外に逃がしてしまっているわけですね。もちろん閑静な住宅街が良いという人は少なくないでしょう。しかし、街が街として持続していくためには商店や飲食店があり、それが自分と異なる時間に活動していることを許容する寛容性が今後ますます必要になっていくのではないでしょうか。街づくりの基本発想が今まさに転換を求められているように感じます。

 

島原さん、本日はありがとうございました。

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」