日本の産業と経済政策 ―― 過去、現在、未来

デフレ脱却のために必要なこととは

 

先ほどマーケットは日銀当座預金にも注目していると言いました。日銀当座預金が増えつづけると予想インフレ率があがります。当座預金をみて日銀がどのような金融政策をとっているのかを判断するためです。

 

ただ日銀当座預金を増やしたときの予想のインフレ率の上がり方は、アメリカに比べると小さいんですよね。これは日銀が、「日銀が流動性を供給しても物価は上がらない。物価を上げるには、政府の成長戦略や財政の持続可能性の確保、そして構造改革が必要だ」と言っているせいです。こんなことをいう中央銀行は日銀だけですよ。世界中の中央銀行は金融政策で物価を安定的な水準に維持できると言っています。

 

そんな日銀のもとでも、予想インフレ率があがると円安・株高になっています。ですから今後、安倍首相がうまくレジームを転換してくれるとしたら、株は買い時ですよ。もちろんレジームが変わらなければ意味がありませんから、買って損しても責任はとりません(笑)。

 

日銀のレジームをチェンジさせるために必要なことは、日銀法を改正することでしょう。日銀法の改正について「日銀の独立性を阻害する」とマスコミは報道しますが、中央銀行の独立性とは、手段の独立性のことなのです。考えてみてください。企業が営業マンに対して「目標も手段もお前が決めろ」と言っているようでは経営が成り立たないでしょう。経営者や上司が、なにをどれだけ売るという目標を決めて、社員が達成のための手段を考えるわけです。中央銀行も同じで、目標は政府が決めて、手段を日銀が決めればいい。

 

「日銀当座預金が増えても銀行から民間にお金が流れなければデフレは脱却できない」と主張する人も多いですね。じつはわたしもこの批判にはなかなか反論できずにいました。でも反証を教えてくれたのが、先ほども話にでてきました岡田靖さんです。彼は残念ながら2年ほど前に亡くなってしまいました。

 

ここからが今日の話の肝です。2000年代初め、小泉政権時代に外需主導によって輸出が伸びて景気が回復しました。設備投資も増え、生産も増えた。景気は回復しているものの銀行貸出は、2005年6月までずっと減少しました。そこからはゆるやかに貸出は増えていくわけですが、なぜこのようなことが起きたのでしょうか。

 

デフレになると企業は設備投資を少なくして、あまったお金を内部留保にまわします。リーマンショック後を見てみると、日本企業は半期で12兆円、年間24兆円ものお金をあまらせています。企業がお金をあまらせているなんて日本だけですよ。企業というのは本来、内部留保だけでは設備投資の資金が足りないので、株式を発行したり、借入をしたりするわけです。それが日本企業の場合、あまったお金を預金にまわしたり、その他の金融資産で運用したりする。モノやサービスを生産するはずの企業が金融資産にお金を向けたら経済はおしまいです。

 

企業は金余りです。したがって、日本の場合、デフレ脱却からしばらくのあいだは、企業はその余っているお金で設備投資や生産拡大のための資金を調達できますから、銀行からの借り入れに頼る必要がないんですね。しかもデフレ脱却の初期は、株価が急騰しますから増資もしやすくなる。銀行に頼る必要はますますなくなるんです。銀行から借りなくても企業の余っているお金が動き出す。だから,銀行の貸し出しに頼らずにデフレから脱却できるんです。これを15年くらいずっと話しているのに、マスコミも日本の経済学者もまったく耳を傾けない。15年も同じ話をさせられたらわたしだって怒りますよ(笑)。

 

以上が、わたしが長い間、話してきた内容です。

 

 

若い学生に向けたメッセージ

 

宮川 ありがとうございました。最後に、先生方から若い学生にメッセージをお願いいたします。

 

南部 いま少子化が問題になっていますが、高齢化問題は40年前から話題になっていましたね。デフレの原因に、消費が増えないことがありますが、その一因は日本のお年寄りがケチでお金を使わないことでしょう。ヨーロッパのスキー場に行くと、年配のかたがたくさんいますが、日本ではどこにいっても若者ばかりです。

 

つまり消費を増やすためには、若い方にたくさん子どもを産んでもらうしかないのです。ただここには非対称の問題があります。なぜなら男性は子どもを産むことができない。そして女性が子どもを産みたいと思わなければ、政策的なことをいくらやっても子どもの数は増えません。ですから若い男性の学生諸君は、女性が結婚して子どもを産みたいと思えるくらいに魅力的な人間になってください(笑)。

 

岩田 さすが、南部先生は発想が違いますね。みなさん頑張って下さい(笑)。

 

わたしからは、インプットを大切にしてほしいと言いたいですね。アメリカの学生は積極的に発言しているといいますが、そのアウトプットは大量にインプットしているからできるものです。

 

以前話題になったサンデルさんの授業も、学生は事前にかなりインプットしているから、白熱した議論ができるんです。日本の大学の入学試験は、勉強がいやになって、大学に入ったらもう勉強したくなくなる類のものだと思いますが、少し休んだ後は、いろんなことをインプットして欲しいですね。図書館に行くと、いつも閑古鳥が鳴いていますから、席を奪い合うくらい勉強してください。これを最後のメッセージにしたいと思います。どうもありがとうございました。

 

八田 わたしはいつもこういうとき「経済学やったほうがいいよ」と言うことにしています。しかし今日いらっしゃった方は経済学を勉強されている方がほとんどだと思うので、「学生のあいだに、ぜひ英語を勉強してください。」と申し上げようと思います。

 

日本社会は閉鎖的なところがありますから、日本にいれば、行き止まりにはまってしまうこともあるでしょう。しかしそこで外国に出る選択肢があれば、別の道が開けます。いまは英語を勉強する環境は充実していますから、自分の将来のためにも英語を勉強することをおすすめしたいと思います。

 

宮川 貴重なお話ありがとうございました。とても充実した最終講義になったと感じております。先生方は今年度で学習院を離れられてしまいますが、今後の一層のご活躍を確信しております。

 

(2013年1月16日 学習院大学にて)

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」