行き過ぎた指導をなくすための方策をさぐる

桜宮高校で起きた自殺事件や柔道女子日本代表による告発を機に再論点化している体罰問題。暴力行為のみならず、生徒の心を殴るような理不尽な指導もみられる。適切な指導とはなにか。いま教育の現場ではなにが求められているのか。行き過ぎた指導による被害者・被害家族と向き合いつづけている「『指導死』親の会」の大貫隆志さんにお話を伺った。(聞き手/荻上チキ、構成/出口優夏)

 

 

体罰は「聖域化」されやすい環境でおこる

 

―― 現在、体罰問題がふたたびメディアで大きく取り上げられています。じつは表に出てこなかっただけで、学校空間やアスリート教育の現場では体罰が起こりやすい環境が温存されていたわけです。今回の体罰問題の「再論点化」について、大貫さんはどう感じていらっしゃいますか?

 

今回の再論点化で、世間の人々の体罰にたいする意識はだいぶ変わるのではないかと思います。しかし、一部に体罰容認論を唱えつづける人たちも確実に残ってしまうでしょう。とくに、スポーツの現場にいる方々を見ていると、「指導ならば大丈夫」「愛情があれば大丈夫」「死ななければ大丈夫」という条件づけの上で、なんとか体罰を見逃してもらおうとしている印象を受けますね。

 

今回、体罰が問題となっているスポーツの現場と学校空間というふたつの領域には共通点があります。どちらもとても聖域化されやすく、法の介入がされにくい。

 

通常、会社で「わたしが指示したことと違うじゃないか」と日常的に上司が部下を殴っていたら、それはあきらかに暴力として犯罪行為になります。しかし、スポーツや教育の世界では、指導者が生徒を殴っていても、「指導上の行為だからしかたがない」と許されてしまいやすい。しかも、生徒側も「先生の指示をうまくこなせない自分が悪い」と自分を責めてしまうので、暴力行為がなかなか表にでてこないんですね。

 

「体罰」という言葉は、スポーツの現場や学校空間のような、指導者に従わないだけで罰することが簡単に許されてしまうような環境において、生徒をコントロールするための効果的な指導方法という名目でキープされつづけているように感じます。

 

 

―― 体罰を肯定する方々がよく言うのは、「ぼくたちも先生に殴られたけれど、あの先生がいたからこそ人間的にも技術的にも成長できた」というものです。ただし、本当にその先生が体罰を使ったから彼らは成長できたのかはと言えばそうではないでしょう。成果を出している教師が体罰をおこなっていたからといって、体罰の効果だとはなりません。体罰なしで成果を上げている教師が多くいる以上、「体罰必要論」の根拠はない。にもかかわらず、「体罰の全否定は行き過ぎ」といった仕方で、撤退戦の中で擁護をしようとする政治家もいます。

 

日本の指導方法は、とにかく強い力をつかって子どもたちに先生の言うことを聞かせようとするところがありますよね。でも、そんなに力をこめなくても、ほんの少しのインパクトで大きなリターンを取るということは可能だと思います。日本もそういう洗練された教育方法にシフトしていく必要がありますね。

 

また、教育とは大人たちが望む状況へ子どもたちを導いていくことだ、という日本の教育論にも違和感を覚えます。本当ならば、子どもが自ら学んでいき、ある地点に至るまでを手助けするのが教育なのではないでしょうか。

 

 

指導自体が目的化してはいけない

 

―― 体罰を容認する人々の言説として「社会に出て困らないように、学生のうちから理不尽な状況になれておかなければならないんだ」ということもよく言われます。

 

そんなつらいことをわざわざ学生のうちに体験しなくてもいいと思ってしまいます。社会に出れば否応なく処世術を学ばなければいけないわけですから。いじめ問題でも同じような言説がありますが、どうしていじめや体罰をなくそうという発想にならないのかがとても不思議です。

 

理不尽な状況に慣れたからといって、いじめや理不尽な指導が肯定されるわけではありません。わざわざつらい状況に子どもたちを慣れさせなくても、どうしたら社会の理不尽さに耐えていけるのかを合理的に伝えればいいのではないでしょうか?

 

 

―― 理不尽な手段でしか、社会の理不尽さを教えられない、というのはおかしな話です。

 

でも、そういった指導があちこちで見られるのが日本の現状ですよね。「叱られて、落ち込む」ということ自体が生徒にとって学びの一環であると思い違いをしている指導者がたくさんいる。

 

とくにスポーツ系の部活では、監督が生徒を長期的にコントロールするために、「監督である自分のいうことのいうことが絶対である」という体制をつくろうとします。だから、根本から人格を否定するような言葉が容赦なく飛んでいる。「そんなんだったら人間やめちまえ」とか、「柔道できなかったら、お前はブタ以下だ」とか。

 

とくに暴言や暴力の対象となりやすいのはキャプテンやリーダー格の生徒です。指導者にしてみたら、リーダー格の生徒をコントロールすることで、そのほかの生徒も同時にコントロールしてしまおうという思惑ですね。リーダー格の生徒が行き過ぎた指導の対象になりやすいのではないかということは、今後しっかりと調査・整理をする必要があると思います。

 

しかし、そもそも「体罰」という言葉自体がおかしいですよね。体罰というのは、指導者からの生徒にたいする一方的な暴力です。でも、「罰」という言葉が含まれていることで、あたかも暴力行為が、生徒が犯した罪への適切な罰則であるかのように受け取られてしまう。生徒は罪を犯したわけではないのに、どうして罰せられなければいけないのか。そのことにとても違和感を覚えています。そこで、ぼくは体罰も含め、行き過ぎた指導が原因で起こってしまった自殺のことを「指導死」と呼んでいます。

 

 

onuki

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

●シノドスはみなさまのサポートを必要としています。ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」へのご参加をご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●シノドスがお届けする電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー&Facebookグループ交流「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.254 公共性と社会

1.長谷川陽子「知の巨人たち――ハンナ・アーレント」
2.岸本聡子「公共サービスを取り戻す」
3.斉藤賢爾「ブロックチェーンってなあに?」
4.山岸倫子「貪欲なまでに豊かさを追いかける」