終わりなき日常を生きる未確認政治物体EUの実像

2013年4月、国際政治学者の遠藤乾氏が『統合の終焉――EUの実像と論理』(岩波書店)を上梓した。本書は、連邦国家という大文字の「統合」が終焉したEUがいまだ生き続いているのはなぜか、その論理と実像に迫る意欲作であるのみならず、国境を越えたガバナンスをどう構築していくかのヒントに満ちている。終わりなき日常を生きるEUからわれわれが学ぶべきこととは? 政治学者・吉田徹氏によるインタビューをお送りする。(構成/金子昂)

 

 

日本は歪んだヨーロッパモデルを輸入している

 

吉田 最初の質問なのですが、国際政治学、EU政治を研究されている遠藤さんは、いまはどんな研究をされているんでしょうか?

 

遠藤 「なぜ遠藤が?」と思う方もいるでしょうけど、2010年に中国の漁船が尖閣諸島付近で海上保安庁の巡視船に衝突してから、日中関係や日本の安全保障について頭から離れなくて。どうしても離れないんですよ。

 

吉田 それは専門のEU政治と繋がりがあるんですか?

 

遠藤 もちろん。繋がっていますよ。

 

吉田 やはり「東アジア共同体」というアプローチになるのでしょうか?

 

遠藤 「地域」というのは頭にありますが、そう簡単ではないでしょうね。まず、吉田さん自身もそうかもしれませんが、ながらくヨーロッパをある種の鏡として使いながら日本の政治状況を推し測ってきたのだと思いますし、近代化のためとか、多極共存型デモクラシーとか、ウェストミンスター型民主主義とか、二大政党制、オリーブの木……なんでもいいんですけど、手を変え品を変え、日本はヨーロッパを国内政治のモデルとしてきたわけですよね。

 

それがいまでは、本家本元のEUがユーロ危機などでずぶずぶになってしまって、さらに民主党が政権をとっても、政権交代が機能したといえず、スウェーデンのような福祉国家になったわけでもなく、ぐだぐだと終わってしまい、また東アジア共同体との関係でいえば、EUと東アジアは状況がまったく違うことはあきらかで、ヨーロッパをモデルとして期待している人は、国際政治においても国内政治においても昔ほどはいなくなりました。

 

もはやヨーロッパの輝きは自明のものではない。むしろくすんでみえる。いきおい、力の増している中国やアメリカに目が行くようになり、日本人の目がヨーロッパから離れてしまっているんですね。

 

吉田 「ヨーロッパは遠くになりにけり」といった所でしょうか。

 

遠藤 そう、よっぽど工夫しなくちゃ誰も話を聞いてくれないんですよ。

 

そもそもね、日本人のヨーロッパを見る目はものすごく浅薄なんですよね。だってEUに対して「法的統合を進め、市場と通貨を機能的に統合して、その枠のなかで独仏が和解して……」という……。

 

吉田 神話を語っている。

 

遠藤 ええ、「いつかは独仏の対立が止揚して、欧州合衆国になる」という物語が語られている。やっとヨーロッパを語る日本人がいると思ったら「EUに比べて日本はなにをやっているんだ」という批判をしているわけで、ぼくはその物語に違和感を覚えていて。どうも日本人はヨーロッパに対して歴史的に一面的で、歪んだかたちのヨーロッパモデルを輸入し、浅薄に利用しているように思えるんですよ。

 

EUとアメリカの関係もまったく勘違いしていてね。東アジア共同体を語る人の多くは反米なんですよね。それはEUがアメリカに対して影響力を持つまでになっているからなのだと思いますが、そもそもヨーロッパの統合は、アメリカとヨーロッパが「大西洋共同体」という土台を築いた上で進められてきたわけで、アメリカとの関係は基本的に調和的だったんですよ。それどころか冷戦下でソ連に対抗するために、アメリカが戦略的に後押ししたところがあります。でも「東アジア共同体」ってアメリカに弓を引くようなイメージがついてしまっているでしょう?

 

また、鳩山さんが東アジア共同体の話を持ち出して、結局、それはガラガラと音を立てて崩れていきましたが、それは東アジア共同体とアメリカとの関係を誤って捉えていたせいでもあると思うんですよ。

 

たとえば西ドイツのブラント首相は、冷戦中、東方政策を進めて、ベルリンの壁を越えて東ドイツやソ連に手を差し伸べようとしたとき、きちんとフランスなど西側諸国に対して仁義を切っていましたよ。西側の一員であり同様に一敗戦国でもあるドイツが、鉄のカーテンを超えて東側に手を突っ込むことの難しさに気づいていたから、彼は同時にヨーロッパ統合を進めたのですね。

 

でも鳩山さんは、中国に手を伸ばそうとしたとき、アメリカに仁義を切ってない、というかむしろ、沖縄の基地問題で日米関係をぐちゃぐちゃにしてしまっていた。

 

吉田 そんな状況に遠藤さんはもう我慢ならなくなった?

 

遠藤 いや、「我慢ならない」っていうと、まるで怒りの拳を振り下ろしているみたいだけど(笑)。「なんだかおかしいんじゃないかな?」とは思っています。ヨーロッパ統合のプロセスをつぶさに見て学ぶべき歴史的経緯、大事なスキル、エッセンス、留意点がまったく抜け落ちているんですよ。

 

 

4000258990

 

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.228 特集:多様性の受容に向けて

・安藤俊介氏インタビュー「『許せない』の境界を把握せよ!――アンガーマネジメントの秘訣」

・【PKO Q&A】篠田英朗(解説)「国連PKOはどのような変遷をたどってきたのか」

・【今月のポジだし!】山口浩 ことばを「『小さく』すれば議論はもっとよくなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第九回:こんなところでジャズ