日本におけるLGBTの法整備の動き

国会議員レベルでの動き

 

わたしたち「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」は自殺対策やいじめ対策などLGBTの生きる支援の体制づくりを求めて活動していますが、そのなかで尽力してくださっている議員たちの動きについても少しご紹介します。

 

前出の2012年「自殺総合対策大綱」改定のさい、中心となって動いてくれたのは民主党の今野東参議院議員(当時)、山花郁夫衆議院議員(当時)、松浦大悟参議院議員、井戸まさえ衆議院議員(当時)などでした。これまで国内では性同一性障害のみが政策課題として扱われる風潮があったなかで、同性愛者などを含むLGBT全体が政策課題として取り組まれたことが特徴的でした。

 

「人権問題を市民とともに考える議員連盟」から発足した「性的マイノリティ小委員会」では、おもに自殺対策について何度も議論や勉強会がおこなわれ、当団体からも明智がヒアリングを受けた以外に、ゲイ・バイセクシュアル男性にかんする健康問題等の調査を行っている日高庸晴先生にもご協力をいただき、「LGBTの置かれた現状に対し、国として自殺対策を行う必要がある」ことを共有する場が設置されました。

 

 

(「性的マイノリティ小委員会」で明智が講演している様子です)

(「性的マイノリティ小委員会」で明智が講演している様子です)

 

 

関係省庁である内閣府や厚生労働省、文部科学省などの官僚たちの重い腰を動かすべく、何度も熱い議論が繰り広げられ、そのような経緯からようやく「自殺総合対策大綱」の対象が(性同一性障害に限らず)性的マイノリティという定義にまで拡大されたというのは、やはり民主党の国会議員の方たちの功績だと思います。

 

民主党が「性的マイノリティ小委員会」を設立したのと同じタイミングで、公明党は性同一性障害の団体から要望を受けて「性同一性障がいに関するプロジェクトチーム」を設立し、性別適合手術や学校現場での配慮などの課題解決に向け議論がされているようです。

 

みんなの党の川田龍平参議院議員は「LGBTの相談窓口の拡充」について国会で質問し、大臣の答弁を引き出してくださいました。

 

自民党の馳浩衆議院議員は「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」成立の立役者としても知られていますが、今後は性的マイノリティの子どもに対するいじめ対策についても前向きに取り組みたいとのことです。

 

昨年の衆議院選挙のさいのアンケートでは、自民党はLGBT施策に対して消極的な回答を見せましたが、実際には党内にもいろいろな意見があり、前述のとおり、馳浩衆議院議員や橋本岳衆議院議員、ふくだ峰之衆議院議員、牧島かれん衆議院議員などが中心となって「性的マイノリティに関する課題を考える会(仮称)」を設立する動きが出ています。

 

 

(自民党の馳浩衆議院議員と撮影しました)

(自民党の馳浩衆議院議員と撮影しました)

 

 

今後の展開について

 

日本共産党の宮本たけし衆議院議員と面談したときに、宮本議員からは「わたしたち左翼と思われている人間が性的マイノリティのことで動くと保守系の人たちが騒ぐ。これからも日本共産党が性的マイノリティの人たちを守るのは揺らぐことはないので、一人でも多くの自民党議員を味方につける努力をしなさい。わたしはそれを望んでいる」と言われました。

 

LGBTの話題は、実際には困っている当事者の生身の姿があるのにもかかわらず、「こうあるべきだ」「いや、そうではなくて、こうあるのが普通だ」などという議論に終始してしまう傾向にあります(性や家族観にかんする話題全般にいえることかもしれませんが)。「べき論」や倫理の議論も大切かもしれませんが、それをしているうちに、わたしたちは干からびてしまうのではないかと思うことが多々あります。それこそヒキガエルのように。

 

いま、この瞬間にも「とにかく教員の理解がもう少しあれば、学校を続けられるかもしれない」と思っている高校生が、学生服(セーラー服だったり学ランだったり)の強制的な着用に耐えきれなくなり、学校中退をよぎなくされています。拠点病院を訪れる性同一性障害の当事者は、4人に1人が不登校に追い込まれており、どこからが「障害」で、どこからが「社会の課題」なのかさえ見えにくくされています。

 

LGBTのコミュニティのなかでは、誰かが自死で亡くなることは珍しいことではなく、しかしどれだけ親しかったとしても、それがたとえともに暮らす恋人であったとしても、お葬式には呼ばれないことも「よくあること」なのです。親族ではないから、という理由で……。

 

このような現実を変えるのに、果たして「右」や「左」、イデオロギーは関係があるのでしょうか。これまでにも、特定の政党のみに比重を置いた働きかけの結果、議員相互の不信感が増長されるできごとがありました。重要なものは重要、必要なものは必要である、ということを一つひとつ、しっかりと確認していく意味でも、今後ますます党派の枠を超えて課題が解消されていくよう期待しています。

 

サムネイル:「RAINBOW」David Martyn Hunt

http://www.flickr.com/photos/davidchief/499204055/

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.272 

・荒木啓史「遺伝か環境か?――ゲノム科学と社会科学の融合(Sociogenomics)が教育界にもたらすイノベーション」
・神代健彦「道徳を「教える」とはどのようなことか――「押しつけ」と「育つにまかせる」の狭間を往く教育学」
・中里透「財政のことは「世の中にとっての」損得勘定で考えよう!」
・伊藤昌亮「ネット炎上のポリティクス――そのイデオロギー上のスタンスの変化に即して」
・穂鷹知美「マルチカルチュラル社会入門講座――それは「失礼」それとも「人種差別的」? 」
・福原正人「戦争倫理学と民間人保護の再検討――民間人殺害はなぜ兵士殺害より悪いのか」