池袋出会いカフェ女子大生殺人事件 裁判傍聴記録

―― ホテルに入ってからのことについて。『首を絞めないでよ』と言われたのですよね?首を絞めてどうしようと思ったのか?

 

「感情的になってたので、首を絞めて黙らせてやろうと」

―― 言葉で強く言うだけではだめだったのか?

 

「冷静になれなかった」

―― 黙らせるほかの方法は考えなかった?

 

「考えなかった」

―― 右手の親指はどこを押さえてた?

 

「喉の右はずれあたり。」

 

―― 力を入れて絞めた?

 

「はい。」

 

―― 左手は?

 

「右の親指と左の親指をクロスする感じ。」

 

―― すぐにベッドに押し倒した?

 

「はい。」

 

―― お腹のあたりに乗っかった?

 

「はい。」

 

―― 手加減は?

 

「加減はしていない。」

 

―― 手で? 体重で?

 

「両方。」

 

―― 被害者が「やめてよ」と言った後、声は?

 

「なかった。」

 

―― 首を絞めてからどれくらい?

 

「すぐに。」

 

―― はじめ手をバタバタさせていたのはどのように?

 

「私の手を叩く感じでバタバタ。」

 

―― 被害者の足は?

 

「わからない。」

 

―― バタバタさせるのを辞めたのは、首絞めはじめて何分くらい?

 

「1~2分くらい。」

 

―― 体が動かなくなってからも1~2分?

 

「はい。」

 

―― なんで?

 

「とても感情的になってて。」

 

―― 2~3分危険な首を絞めてたときはどんな気持ち?

 

「怒りで何も考えてなかった。」

 

―― いつ手を放すか考えなかった?

 

「唇の変色を見るまでは。」

 

―― 我に返ったきっかけは?

 

「唇の変色をみて。」

 

―― 呼吸はあった?

 

「はい。」

 

―― どうしてわかった?

 

「体が温かかったり、動いているように見えた。」

 

―― 息はしてるけど、意識はなくなってる感じ?

 

「はい。」

 

―― 我に返ってどう思った?

 

「このままでは自分が悪くなってしまう。」

 

―― やりすぎた、かわいそうとか思わなかった?

 

「やりすぎたという気持ち。」

 

―― 顔色はどう変わっていった?

 

「土系色。」

 

―― 赤黒いような?

 

「はい。」

 

―― 首絞めはじめてどれくらいで?

 

「2~3分。」

 

―― 痙攣したのは?

 

「順番わからない。」

 

―― 途中で手を離そうと思わなかった?

 

「このままではAさんの言い分が通ってしまうと思った。」

 

―― 首絞めて、さらにまた首絞めるまでは?

 

「2~3秒。」【次ページにつづく】

 

 

 

1 2 3 4 5 6
シノドス国際社会動向研究所

vol.276 

・橋本努「新型コロナウイルスとナッジ政策」
・三谷はるよ「市民活動をめぐる“3つの事実”――「ボランティア」とは誰なのか?」
・五十嵐泰正「『上野新論』――「都市の時代」が危機を迎えたなかで」
・倉橋耕平「メディア論の問いを磨く――言論を読み解く視座として」
・山田剛士「搾取される研究者たち」
・平井和也「コロナ情勢下における香港と台湾に対する中国の圧力」