性的マイノリティへのいじめをなくすために

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

「女らしさ」「男らしさ」とはなんだろう。学生の頃に、友だちのことを「女の子みたい」「男の子みたい」とか「なよなよしてる」と悪気なくからかった経験を持つ人、それを傍観していた人は多くいるのではないだろうか。ジェンダーに関するからかいが当たり前になっている社会ってなんだろう。大人が守らずに、誰が子どもを守ってあげられるのだろう。

 

社会に蔓延るLGBTなどの性的マイノリティに対する偏見をなくさなければ、いじめをなくすことはできない。「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」(http://ameblo.jp/respectwhiteribbon/)共同代表であり、「ストップいじめプロジェクトチーム」(ストップいじめ!ナビ http://stopijime.jp/)にも参加されている明智カイトさんにお話を伺った。(聞き手・構成/出口優夏)

 

 

「互助」だけではなく「公助」も

 

―― はじめに、「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」とはどういった団体なのでしょうか?

 

もともとホワイトリボン・キャンペーンとは、

(1)開発途上国における妊産婦の命と健康を守る運動

(2)男性が男性に対し、男性による女性への暴力(特にDV)を止めようと呼びかける運動

(3)自分がLGBTなどの性的マイノリティであることに苦しみ、自殺してしまう若者を救うための運動

(4)対テロ戦争を標榜する報復攻撃を止めようと呼びかける運動

の4つの社会運動のことを指します。

 

「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」では(2)と(3)に焦点を当て、「啓発・啓蒙活動によってジェンダー/セクシュアリティを理由とした暴力や差別のない社会を目指す」という理念のもとに、パネル展や講演会、ロビー活動などを行っています。

 

わたしたちは、数多くあるLGBT団体のなかでも特殊なスタンスをとっています。よく「自助」「互助」「公助」という言葉を聞くと思いますが、通常LGBTコミュニティーでは、電話相談や交流イベント開催といった「互助」が基本となっています。性的マイノリティに対する公的な支援や法整備がまったくなされていないので、「公助」をあてにしても仕方ないと考えているんですね。

 

しかし、「互助」はとても負担が大きいという現状があります。普通の仕事をやりつつ、ボランティアとして活動しなければいけないので、身体的にも金銭的にもどんどん疲弊してしまう。そう考えると「公助」も不可欠です。「それぞれの領域がどこまでやればよいのか」というラインを明確にする必要があるということで、わたしたちは「公助」つまり行政に対する働きかけや外部の支援者に対する啓蒙活動に力を入れています。

 

 

自分が動かなきゃ誰も動いてくれない

 

―― 明智さんが「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」を始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

 

わたしも学生の頃に「女の子っぽい」、「なよなよしている」という理由でいじめを受けていました。今でもいじめの後遺症に苦しんでいて、自殺未遂をしたこともあります。

 

もともとは「自分は助けられる方の立場であって、助ける方の立場ではない」と考えていたので、LGBTの活動はずっと傍観していたんです。でも、ある支援団体に要望を出した際に意図とはまったく異なることをされてしまった。自分は、「全部の政党に対して要望をしてほしい」と頼んだのですが、その団体は「こんな人がいるので、話を聞いて、票や支持の獲得のために使って下さい」と、特定の政党に私を売り渡してしまったんです。

 

「なぜ?」と聞くと、「もし他の政党に要望すると、懇意にしている政党が嫌がるので。」と言われてしまい、まったく意味がわからなかった。それならば、当事者である自分がやるしかないと思いました。

 

 

1 2 3 4
シノドス国際社会動向研究所

vol.268 

・植原亮「エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも?」

・出井康博「留学生という名の単純労働者」

・堀内進之介「学び直しの5冊〈現代社会〉」
・有馬斉「患者が望まない延命治療を行うことは正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて」
・穂鷹知美「移動の自由がもたらす不自由――東ヨーロッパを揺り動かす移住・移民問題」
・多賀太「男性の「ケア」参加はジェンダー平等実現の決め手となるか」
・吉永明弘「ローカルな視点からの環境論」