離別父親の実態と養育費施策のありかた

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

日本の母子世帯の貧困率は50%以上とOECD諸国の中でも突出して高い。その理由の一つとして、離別した父親からの養育費の受け取りが少ないという問題がある。日本の母子世帯のうち、離別した父親から養育費を受け取っているのは19%に過ぎない。アメリカでは、離別母親の56.9%は養育費支払い命令(Child Support Order)に基づく養育費受給権を持ち、37.5%が養育費を実際に受けている(2007年の数値、Huang(2011)による)。これと比較しても、日本の養育費受給率の低さは顕著である。

 

それではなぜ離別した父親からの養育費の受け取りが進まないのであろうか。その理由を考察するにあたっては、2つのアプローチが可能なように思われる。

 

ひとつは、制度面からのアプローチであり、主として法学的な観点から、協議離婚の際に養育費の取り決めが必須となっていないことや、養育費の徴収に関する法的強制力が弱いことに注目する。

 

もうひとつは、経済面からのアプローチであり、離別した父親が実際にどのような経済状況にあるのかを解明しようとするものである。筆者は本年3月末に刊行された『日本社会の生活不安 自助・共助・公助の新たなかたち』(西村周三監修、国立社会保障・人口問題研究所編、慶應義塾大学出版会、2012年)(*1)の中で、離別父親の生活実態を経済面から把握した。ここではその結果を踏まえて養育費施策のあり方を考察する。

 

 

統計上の問題点

 

本論に入る前に、現在の日本の統計では、離別父親であるかどうかを把握すること自体が、困難であることを述べておかなければならない。

 

第1に、婚姻歴が分からない。国勢調査などの主な政府統計では、調査時点での婚姻状態(未婚、配偶者がいる、離別、死別など)は質問しているものの、結婚したことがあるかどうかといった婚姻歴に関する質問はない。このため、安定的な結婚生活を続けている人も、離婚してから再婚した人も(それこそ何回離婚・再婚を繰り返そうと)、ひとからげに「有配偶(配偶者がいる)」に分類されてしまう。また、離別者の人数は、大幅な過少申告になっているとみられる。

 

たとえば今回、筆者が使用した「国民生活基礎調査」(厚生労働省)の場合、離婚して現在はシングルでいる人は、調査票の「離別」に該当するから本来はその欄にマークを付けてほしいところである。しかしながら、現実にはかなり多くの離別者が「未婚」の欄にマークをつけている。男性離別者の場合は、子どもを引き取らずシングルとなる割合が高いので、ますますこの傾向が強い。

 

第2に、離別した子がいるかどうかが分からない。多くの政府統計では、同居する世帯員の中に子どもがいるかどうかだけを把握している。ただし、同居子がいる場合でも、その子どもが現在の配偶者との間の子どもなのか、本人の連れ子なのか、あるいは配偶者の連れ子なのかということは全く区別できない。今回使用した「国民生活基礎調査」は、政府統計の中でも例外的に別居する子どもの有無を尋ねている。しかし、子どもの年齢などの詳細は尋ねていないので、成人して独立した子どもなのか、未成年なのかは不明である。さらに、別居子が現在の配偶者との間の子どもなのか、離別した元妻のとの間の子どもなのかといった点は全く分からない。

 

離別母親の場合は、子どもを引き取る割合が高いのでシングルにとどまっていても「未婚」ではなく「離別」に正しくマークする傾向にある。また、離別父親と比べて離別母親は再婚しない傾向にあるので、統計的にも把握しやすい。そうしたこともあってここ数年、貧困問題への社会的関心の高まりに伴い、母子世帯についての調査研究も盛んに行われるようになった。しかし、もう一方の当事者である離別父親についての研究は、筆者の知る限り、筆者と国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩氏が2004年に行った分析(*2)があるだけである。その分析にしても、以上で述べたような統計的な制約から、調査時点で「離別」となっている男性のプロフィールを示したにすぎず、子どもの有無や離別再婚者については区別することができていなかった。

 

今回、離別父親についての分析が可能となったのは、先に挙げた「国民生活基礎調査」に加えて、2007年に実施された「社会保障実態調査」(国立社会保障・人口問題研究所)の個票の利用許可が得られたからである。「社会保障実態調査」は、「国民生活基礎調査」の調査対象となった世帯から抽出された世帯を対象に実施しているので、両者のデータは接続可能である。「社会保障実態調査」では、個人の婚姻歴や初婚年齢、離死別経験や子どもの有無、その子どもが18歳以上かどうかを尋ねているので、両調査から得られる情報を合わせて離別父親と離別母親を特定した。

 

ところで、本来なら離別父親と離別母親の人数はおおむね一致するはずである。しかし筆者がデータを整理したところ、離別父親の人数は離別母親の人数の65%にしかならなかった。これは前述したような過少申告の問題があるためである。ちなみに、アメリカの代表的な統計調査であるCurrent Population Surveyを用いた分析でも、離別父親の人数は離別母親の人数の半分にしかならなかったという報告がある(Cherlin, et al. (1983))。

 

 

離別父親の特徴

 

それでは分析から浮かび上がる離別父親の特徴をいくつか紹介しよう。ここで離別父親とは、同居しているかどうかに関わらず、18歳未満の子どもがいる離婚経験者を指す。このうち、現在配偶者がいる人を「離別再婚父親」、配偶者がいない人を「離別単身父親」と呼ぶことにする。

 

第1に、離別父親の内訳をみると、再婚している父親のほうが単身の父親より人数が多い。人数比では10対7程度である。離別単身父親の人数が過少申告されている可能性を考慮しても、離別父親の半数以上は再婚して新しい世帯を持っているとみられる。また、離別再婚父親の8割には同居子がある(ただし、今の配偶者との間の子どもか、本人の連れ子か、配偶者の連れ子かどうかは不明である)。つまり、再婚で得た家族の生計維持という新たな要素が養育費の問題に関わってくる。

 

第2に、離別父親となる男性は、安定的な結婚生活を続けている男性と比較して、明らかに初婚年齢が早い。この傾向は、とくに離別再婚父親に強く見られる。若くして結婚し、父親になるものの離婚し、また結婚する―――というパターンである。統計分析の結果では、離別再婚父親になる男性には、15歳当時の暮らし向きが悪かったという人が多い。恵まれない家庭環境で育ったことが、結婚や家族を持つことに対する強いこだわりにつながっているのかもしれない。

 

第3に、離別父親は低所得である。一般の父親のうち本人の年収が350万円未満の割合は2割強にとどまるのに対し、離別再婚父親は3割以上が、また、離別単身父親では5割以上が本人年収350万円未満である。離別単身父親はとくに低所得で、2割弱が年収140万円未満である。

 

第4に、離別父親の中でも離別単身父親は、頻繁に離転職を繰り返す傾向がある。また、そうした中で医療保険や公的年金などの社会保険のセーフティ・ネットから脱落しやすい傾向が見られる。

 

第5に、離別単身父親は、一般の父親や離別再婚父親と比較しても、顕著に健康状態が悪い。これは自己評価による健康状態だけでなく、メンタルヘルス指標でみてもそうなのである。

 

まとめると、離別父親は一般の父親よりも経済状態が悪く、なかでも離別単身父親は、低所得であることに加えてセーフティ・ネットからの脱落しやすく不健康であるなど、重複する困難を抱えている。

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.264 

・畠山勝太「こうすれば日本の教育はよくなる」
・穂鷹知美「マスメディアの将来――マスメディアを擁護するヨーロッパの三つの動きから考える」
・大賀祐樹「リチャード・ローティ」
・西山隆行「学び直しの5冊〈アメリカ〉」
・知念渉「「ヤンチャな子ら」とエスノグラフィー」
・桜井啓太「「子育て罰」を受ける国、日本のひとり親と貧困」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(8)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権成立」