モスクワ南部の移民排斥暴動――根深いロシアの民族問題

10月半ば、モスクワ南部で大規模な暴動が発生した。コーカサスのアゼルバイジャン出身者とみられる男に、ロシア人男性が刺殺されたことをきっかけに、コーカサス系移民に対する反発が暴力的な形で爆発したのだ。

 

筆者はかつて、似たようなテーマの原稿を執筆していたが(モスクワ暴動――高まる民族主義の危険)、ロシアにおけるコーカサスや中央アジア出身者に対する反感は収まるどころか、3年前よりむしろ強まっているとすら見える。

 

 

事件の経緯

 

暴動の引き金となったのは、南コーカサスに位置するアゼルバイジャン出身の出稼ぎ労働者が、25才でロシア人男性のイゴール・シュチェルバコフを殺害したとされる事件である。シュチェルバコフは、10月11日未明に婚約者と帰宅中に刺殺されたという。当初、逃走した容疑者を捜索するため、警察は目撃者への事情調査や警備用の監視カメラに写っていた容疑者の写真などにより捜査を進めていった。初期の報道では容疑者は北コーカサス出身とされていたが、15日に容疑者として逮捕されたのはアゼルバイジャン出身の31才の出稼ぎ労働者、オルハン・ゼイナロフであった(後述)。

 

シュチェルバコフ殺害事件を受け、13日にモスクワ最南端の労働者の町、モスクワ南部ビリュリョーバ地区で、旧ソ連出身者労働者により治安が悪化しているとして、付近の住民が早急な犯人逮捕を求める路上集会を開催した。当初は平和的な会合であったが、SNS等を通じ、「非ロシア人排斥」を掲げる極右・民族主義者の若者ら約1000人が結集し、移民の拠点となっている青果倉庫や商業施設を襲い、放火なども行なって、激しい暴動に発展した。一部の暴徒は、ロシア民族主義のスローガンを叫んでいたという。

 

そして、この暴動を収めようとした警察隊と衝突となり、結果、警官8人を含む23人が負傷、約400人が警察に拘束された。この際、警察は現金300万ルーブル(約93,000ドル)、拳銃3丁、数本のナイフ、バットなども押収した。前述した拙稿でとりあげた、2010年の民族排外運動の悲劇を防止すべく、モスクワ市警察当局は今回、騒動を鎮圧するための部隊を増強していたが、警察に対するデモ隊の反発は大きく、仲間の逮捕を受けてビンやゴミ箱を警官隊に投げつけ、デモ隊拘束者の釈放を要求したという。なお、その拘束された400人のほとんどは数時間後に釈放された。

 

同日、警察は、同地区のすべての交通を遮断し、予防措置として主要幹線道路を封鎖すると共に、モスクワの広場も封鎖した。ウラジーミル・コロコリツェフ内務大臣も、同省幹部の会談を行ない、翌14日にモスクワのすべての青果倉庫をチェックするよう命じ、同じく14日に、現場周辺で不法労働者およびその家族ら約1200人が警察に拘束された。

 

このような動きを受け、タジキスタン大使館が事態沈静化まで仕事に出かけないようタジキスタン人に勧告を出したり、宗教指導者(特にイスラーム教のイマームなど。コーカサス、中央アジア出身者にはイスラーム教徒が多い)などが挑発に乗らないよう信者に呼びかけたりするなど、さまざまな人々が状況の沈静化を試みた。

 

さらに18日には、675人の中央アジア出身者が拘束され、指紋採取や詳細な取り調べが行なわれた。そのうち、105件の強制送還措置を含む159件の移民法違反や違法の商業行為、フーリガニズムなど11例の犯罪が摘発された。

 

モスクワ市警察署長のアナトリー・ヤクーニンは、週末をかけて警察が徹底的に移民対策に取り組み、不法移民を減らしていくと18日に述べた。また、19日には連邦移民局のモスクワ支部所長であるオレグ・モロディエフスキーは、住民とも協力して違法移民が住むアパートの徹底調査を行なうことも明らかにした。同時に、これまでも移民局は定期的に青果市場の調査を行なってきたことも強調した。このように、警察と連邦移民局が徹底した対応に乗り出したのである。

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.228 特集:多様性の受容に向けて

・安藤俊介氏インタビュー「『許せない』の境界を把握せよ!――アンガーマネジメントの秘訣」

・【PKO Q&A】篠田英朗(解説)「国連PKOはどのような変遷をたどってきたのか」

・【今月のポジだし!】山口浩 ことばを「『小さく』すれば議論はもっとよくなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第九回:こんなところでジャズ