経済学のツールを使って「働くこと」を考える

高齢者と若者は仕事を奪い合っていない?

 

―― 近藤先生はこれまでどのような研究をされてきたのでしょうか?

 

以前シノドスに書かせてもらった、一度フリーターになってしまうと、そのままフリーターから抜け出せないという研究は、高校生にとって身近なものだと思います。

 

これは、たとえばリーマンショックが起きて景気が悪くなったタイミングで学校を卒業した人たちは、景気がよくなったあとでも、そのハンデを引きずることが分析する中でわかり、その理由は、最初の仕事が非正規雇用の場合、正規雇用になれないという日本特有の問題がかなりの部分を占めているという結論が導かれた研究です。詳しくは「リーマンショック世代・ロスジェネ世代に希望はあるのか」を読んでみてください。

 

いまは、高齢者雇用の問題について研究中です。まだ研究中なので、確定的なことは言えないのですが……。

 

 

―― お話いただける範囲で、ぜひお聞かせください。

 

2006年に高齢者雇用安定法という、「65歳まで働けるようにしよう」という法律が施行されたんですね。高齢化がどんどん進んでいて、働ける人もどんどん少なっていく中で、高齢者にもっと働いてもらいたいという意図がこの法律にはあるのだと思います。でも、高齢者の雇用を増やしたら、他の世代にしわ寄せがいってしまうかもしれない。高校生だったら、アルバイトしたいのに高齢者が働いていて雇ってもらえないような状況をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。

 

もし高齢者が雇われることで若い人の雇用が減ってしまったら、若いうちに職務経験を積めないので、中年になったときに仕事をする能力があまりない人になってしまうかもしれません。そんな人が溢れてしまったら、日本経済はたいへんなことになってしまいますよね。大問題です。高齢者と若者が対立するような図式ができているかもしれない。

 

でも、分析をしていると、高齢者が居座ることで若者の仕事が減るという単純な図式にはなっていないように感じるんですね。企業にとっては安くてたくさん働いてくれる若者の方が生産性は高いので、本当は若者を雇いたいと思っているはずです。ということは、若者の雇用を削ってまで、高齢者を増やしているわけではない可能性がある。それに新卒と高齢者じゃ仕事の内容も違いますから、直接的に仕事を奪い合ってるわけではないのかなあ、と。だから世代間での対立って世間で言われているほどにはないのかもしれません。

 

 

―― 研究していて面白いと感じる瞬間ってどんなときですか?

 

世の中で漠然と囁かれていることに対してイエスなりノーなりの答えが出た瞬間ですね。

 

例えば、いまお話した世代間対立みたいな話も、「あるみたいだよ」という結論がでたらそれなりに面白いんですけど、「ないっぽいね」って結論がでてきてもやっぱり面白いです。

 

フリーターになったらそこから抜け出せないという話も一緒です。以前は「フリーターになる人はなりたいからなっているんだから放っておけばいい」という話がよくされていたんですけど、「それは違うんじゃないかな」と思って研究してみたら、日本特有の問題があることをデータで裏付けできた。「フリーターをやりたくてずっとやってるわけじゃないよ」と、自分の実感に基づいた結論がでたのはやっぱり嬉しかったですね。

 

 

―― ちなみに研究のアイディアっていつ思い浮かぶんですか?

 

だいたいは研究者同士で話しているときに思いつきますね。でも、悲しいことに、研究者と話をしていて「あっ、これはいけるかも!」って盛り上がった話の3個に2個は思い違いなんですよね(笑)。だからこそ結果がでたときの面白さが際立つんだと思います。

 

 

経済学の基礎を勉強してから

 

―― 労働経済学を勉強しても、研究者になる人はほとんどいないと思います。労働経済学を勉強しておくと、社会に出たときにどんな役に立ちますか?

 

まず労働経済学に限らず、経済学を勉強することのメリットは、世の中の仕組みを客観的に見渡せるようになることだと思います。

 

というのも、経済学は「みんなが自分にとって得になるよう行動するとどうなるのか」という考え方を基本にしています。その考えに基づくと、ある人にある行動をとって欲しいと思ったときに、ただお願いをするのではなくて、相手にとっても得になるような状況を作れば、思い通りの行動をとってくれるはずですよね。そういう状況をどうやって作ればいいのか、あるいは世の中の動きがなぜそのようになっているのかを考えるために必要な視点が身につけられると思います。

 

特に労働経済学について言えば、自分の仕事に直結するような問題が起きたときに、どのように考えればいいのかがわかるようになります。例えばテレビで言われている「デフレがうんぬんで、賃上げがどうこう」といった問題の背景になにがあるのか。あるいは最近よく「成果主義」という言葉を耳にしますが、企業によっては得をしない仕組みなのに、なぜやろうとしているのかを考えられるようになる。

 

自分のお給料をあげるためにどうすればいいのか直接はわからないけれど、お給料がどのように決まっているのかはわかるようになる。そういう意味で役に立つと言えると思います。企業や個人の利益をあげるための方法を勉強するのが経営学や商学部で、日本経済といった全体の問題を考えるのがマクロ経済学だとしたら、労働経済学はその間のことを考える分野なんですね。

 

 

―― どんな高校生に労働経済学をおすすめしますか?

 

労働経済学は応用分野ですから、高校生には経済学が向いているかどうかのほうが大切だと思います。

 

社会全体の仕組みに興味がある高校生、とくに「世の中はなんでこうなっちゃってるんだろう?」と思う人は経済学が向いているかもしれません。経済学は高校生のイメージする「経済」よりももっと広い、社会システム全体のことを研究しています。「お金のこと」だけじゃないんですね。それこそAKB48はなぜ人気があるのかも経済学の範囲にありますし、少子化、結婚、医療も経済学の中で研究できます。研究者であるわたしも「どこが経済なんだろう?」って戸惑ってしまう論文があるくらい、応用範囲が広いんですね。

 

だから経済学に興味がある人は、まず経済学の基礎をひととおり勉強してみて、それから特に興味のある分野は何か考えてみるといいと思います。もし自分の興味関心が労働に関するものだとわかったら、労働経済学を勉強してみてください。

 

 

―― まずは経済学を、そしてその中で興味のある分野を選んでほしいということですね。最後に高校生にメッセージをお願いします!

 

わたしは労働経済学を研究しているので、労働経済学を勉強して欲しいですし、ぜひ経済学部で経済学を勉強して欲しいと思っています。でも一番いいのは、自分が一番興味を持てそうな学部を選ぶことです。

 

私が高校生のときに志望学部の選択で悩んでいたら、母親には法学部を、父親には文学部をすすめられました。でもどちらも何か違うなと思って、結局、経済学部に進んで、その面白さに気付いて、研究者になりました。実際に勉強しなければわからないことだらけですから、周りの大人に流されるのではなく、自分で考えて進路を決めるのが一番だと思います。

 

あとは勉強だけじゃなくて、部活や行事など、高校生活を楽しんでください。それは大学生になっても一緒です。いろいろなことをやっていくうちに、自分にとって興味のあるテーマが見つかったり、研究のヒントが見つかることもあります。勉強だけの高校、大学生活は、とてももったいないことだと思いますよ。

 

 

労働経済学がわかる! 高校生のための3冊

 

 

主に若者の雇用をめぐる問題について、実証研究をベースにしつつ一般向けにわかりやすく論じた本です。初版が出たのは10年以上前ですが、世代間の格差や長時間労働など、今の若者にとっても重要な問題が多く取り上げられています(ただし中高年をめぐる状況はこの本が出た後でけっこう変わっているので注意)。私が労働経済学の研究者になろうと思うきっかけになった本です。

 

 

 

経済学的なものの考え方を理解するのに最適な本です。前半は、美人は本当に得なのか、プロ野球の監督の評価など、一見経済学と関係ないような例を使いながら、インセンティブなどの基本概念をわかりやすく説明し、後半では年金財政や所得格差などについて、労働経済学の視点から解説しています。

 

 

日本労働研究雑誌

 

これは本ではなく雑誌、それも専門的な学術雑誌ですが、なんと半年以上前のバックナンバーがすべて無料で読めます。日本の労働市場に関するあらゆるトピックがカバーされています。専門的すぎて難しい論文もありますが、専門知識がなくても読めるものもたくさんあります。大学に入ってからの、卒業論文などの参考資料探しにもお勧めです。 http://www.jil.go.jp/institute/zassi/new/index.htm

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.276 

・橋本努「新型コロナウイルスとナッジ政策」
・三谷はるよ「市民活動をめぐる“3つの事実”――「ボランティア」とは誰なのか?」
・五十嵐泰正「『上野新論』――「都市の時代」が危機を迎えたなかで」
・倉橋耕平「メディア論の問いを磨く――言論を読み解く視座として」
・山田剛士「搾取される研究者たち」
・平井和也「コロナ情勢下における香港と台湾に対する中国の圧力」