震災、原発、首相交代 ―― 霞ヶ関広報の変化の芽を、過去形にしたくない

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶英語の「話し方」教えます!「シノドス英会話」

https://synodos.jp/article/23083

[第2期]震災広報 ―― 今、被災者に必要なのは、水と食糧と情報!

 

下村 このまま同じ調子で最後まで行くしかないのかな、と思っていたところに、3.11が起きて、そこから一気に第2期に突入しました。原発事故発生からしばらくの間は、総理に密着した広報の意味も、それまでとは変わりました。ものすごく重要なミッションを帯びた。菅さんも後に述懐していますが、いつ原発の状況が変わって、首都圏3000万人の避難指示などの気が遠くなるような重大発表をしなきゃいけなくなるか、わからない。万が一のとき、その原稿をすぐ書くためには、自分が状況を常に把握してなくちゃいけない。この世の現実とは思えないほどの緊張感を持って総理にくっついていました。

 

と同時に、内閣広報室全体としても、ガラッとその日から仕事が変わって、「被災地にどうやって情報を届けるか」ということが最大ミッションになりました。その両方の掛け持ちとなったぼくは、5階で総理に密着をしながらも、隙をみては4階に駆け下りてミーティングに参加する、の繰り返しでした。

 

やっぱりここはメディアの人間の感覚でやらなきゃだめだ、霞ヶ関の人間の感覚で動いてる場合じゃないと思い、阪神大震災のときに初日から神戸に入っていたときのことを必死で思い出して、震災発生から1時間後にはみんな何を知りたいか、6時間後には何か、翌日は何か、と考えながら、こういう発信をしましょうという提案をし続けました。

 

広報室のメンバーもみんな、ありえないぐらいのスピードで動き、すぐさま特設ページを立ち上げ 、そこで各省庁の震災に関する決定をワンストップで見られるようにしました。それも省庁別ではなく、「いのち」「くらし」「しごと」「その他」の4つの見出しで分けようとか、並行して官邸災害ツイッターを始めようとか、そういう決定を矢継ぎ早に実行していきました。

 

このふたつを同時にやった最初の期間というのは、本当にもうまったく寝る暇がなかった。人間こんなに寝ないで、平気なのかと思いました。

 

難波 枝野さんも「寝ろ」とツイッターで書かれていましたが、官邸の方たちは皆さん寝てなかったんじゃないですか?

 

下村 枝野さんも菅さんも、誰も寝てなかったでしょう、最初の数日は。だって、足りないんだもん。「政府が3つ欲しい」と思いました。震災と津波だけで手一杯なのに、原発があんなことになっちゃって。震災・津波用の政府と、原発用の政府と、その間普段のやんなきゃいけないことをやる政府と、3つ欲しかったです。でも、国民の皆さんから見れば、「何やってんだ政府は、遅い!」ということだった。

 

 

あの実状を国のトップが空から見たから出せた決断

 

難波 東日本大震災は、阪神大震災のときと災害の様子が全然違いましたか?

 

下村 全然、違いました! それを思い知ったのは、震災発生の翌朝、菅さんと一緒にヘリコプターで飛んだとき。飛んでも、飛んでも、水浸しが続いている。なんだ、これ……と。大変なことになるなと思いました。

 

難波 わたしは、11日、テレビで津波が町を飲み込んでいく映像を見て、阪神が6000人だったことから考えて、2万人ぐらいの死者になるのではないかと、漠然と考えました。

 

下村 死者・行方不明19000人というのは、今はみんな知っているけど、自衛隊が人命救助した人数も19000人だったっていうのは、あまり知られてないですよね。あの視察ヘリは、本当に飛んでよかった。菅さんが、あのヘリから被災の俯瞰を見たことで、スケール感を感覚的につかめた。官邸のテレビ画面で、四角く切り取られた映像を見てたって、絶対わかんないですよ。

 

あの朝、厳寒の中で、被災地のビルの屋上とかに点々と取り残された人たちがいた。被災地の大きさに対して、助けを求めている人の小ささ。このコントラストが、強烈にぼくたちの目に見えたんです。

 

戻ってから菅さんは、とにかく出せるだけ自衛隊を出してくれと北澤防衛大臣に頼み、2万、5万、10万人と、どんどん出動命令が増えてったわけです。10万人出すっていうのは、大変な数ですよ。国防っていう本来の仕事がある中、ぎりぎりいっぱいの人数です。でも、それはあの実状を国のトップが空から見たから出せた決断だったとぼくは思う。それだけの人数がダーッと動いたから、19000人が助かった。

 

難波 その数は知りませんでした。津波を逃れていた人たちを、ずいぶん救出できたんですね。

 

下村 あんな時期ですから、助けが遅れていたら、寒さと飢えで、もっと犠牲者が増えてしまっていたと思います。

 

難波 今、当時のことを、調査報告書や、省庁の中にいた人がお書きになった本で知ることができるようになりましたが、3月、4月に報道を見ていたときは、日本ってこんなに危ない国だったんだな、こんなに危機管理能力がない国だったんだなと、恐怖を感じました。自分がそれを知らなかったことに、恐怖を感じました。

 

下村 申し訳ありません。難波さんが官邸の中にいたら、もっと感じたと思います。何じゃこりゃ、と。

 

難波 やはり、広域の大災害と原発事故のようなものが同時に起きるというのは、考えたこともなかったんですよね。

 

下村 懺悔しますが、ぼくも、内閣広報に入って3月11日までは、「今日、大震災と原発の爆発が同時に起きたらどうしよう」とは考えたこともなかったです。そして、もし誰かに当時それを問われたら、「そりゃあ、官邸地下に危機管理センターとか体制があるから大丈夫なはずでしょ」と、きっと答えたと思う。だって、「国」なんだから。自分の家の防災体制ならともかく、国の危機管理体制が大丈夫か個人としてチェックしなきゃ、なんて思いもしなかった。だから実際あの展開となったときに、「え、これ、国?」って何度も唖然とし、己の甘さを猛省しました。

 

難波 「国としてどうなのか、とぞっとした」と、民間事故調に証言として取り上げられた下村さんの一言ですね。報道に大きく取り上げられ、話題になりました。

 

下村 “菅叩き”に曲解されましたけどね。とにかく、「何も用意がないんじゃしょうがないね」って言ってる場合じゃないから、誰もが必死でした。

 

で、3月下旬かな。このあたりまで、時間の感覚が、日付も、昼夜の記憶すらもかなり曖昧なんですけど、空焚きが心配されてた4号機の冷却用プールに、理由は判らないけど奇跡的に水があるとわかったりして、徐々に、総理が重大な発表をしなくちゃいけないという切迫感が、一時よりは下がってきました。それでぼくは、「総理執務室から離れて、被災者への広報に専念させてくれ」と願い出ました。「本当にやむなくなったら5階に戻りますけど、そうじゃなければ内閣広報室の仕事を官邸の4階でします。5階にはなるべく呼ばないでください」と言いました。

 

内閣広報室では、総出で、「被災者に今必要なのは、水と食糧と情報!」を合言葉に、被災地に掲示する『政府からのお知らせ』という壁新聞を始めたり、枝野官房長官と一緒に毎日『震災情報・官邸発』という番組を被災地のミニFMラジオともつないで流したり、それまでじゃありえないことを懸命にやりました。

 

避難所ではインターネットも見られない、被災地の市町村役場は手一杯で、伝達もうまく届かない。マスメディアは、政府の対応のダメな点の指摘で忙しい。既存の情報ルート総崩れの中で、ぼくがずっと関わってきた市民の手作りメディアみたいなものが、内閣広報室の仕事になって、「じつは俺、このために政府に来たのかな」と不思議な気持ちで仕事してました。

 

これが、震災対応の第2期でした。

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.269 

・外山文子「タイは民主化するのか?」
・中西啓喜「データサイエンスは教育を「良い方向」に導くのか?――学級規模の縮小を例として」
・笠木雅史「実験哲学と哲学の関係」
・穂鷹知美「求む、国外からの介護福祉士――ベトナムからの人材獲得にかけるドイツの夢と現実」
・久木田水生「ロボットと人間の関係を考えるための読書案内」
・吉野裕介「【知の巨人たち】ハイエク」
・内田真生「ヒュッゲ(Hygge)とは何か?――デンマークが幸せの国と言われる理由」