データで見る世界の風力発電・太陽光発電市場の動向

世界各地で導入が加速し続ける自然エネルギー。各種統計は発表されているものの、例えば中国が成長の牽引役となっている現在の状況は意外に知られていません。今回は、風力発電と太陽光発電についてデータを参照しながら、世界の動向を見てみましょう。

 

 

過去最高となった世界の風力発電市場と中国の躍進

 

風力発電は、自然エネルギーによる発電の中でも、世界中で水力発電の次に導入拡大が進んでいます。世界の自然エネルギー市場は21世紀に入り急成長を遂げていますが、その中でも風力発電は太陽光発電と並んで最も成長している分野のひとつです。特に中国は、風力発電において世界をリードしており、2014年4月に上海で開催された世界風力エネルギー会議(WWEC, World Wind Energy Conference 2014)では、中国をはじめとする世界各国の風力発電に対する取り組みが報告されました。

 

世界の風力発電は、2014年には新規導入量が約5,100万kWと過去最高を記録し、2014年末までには累積導入量が前年比16%増加して約3億7,000万kWに達しています(Global Wind Energy Council 調べ)。2009年から2014年までの5年間に経済危機の影響もありながら累積導入量は約2.3倍になりました(図1)。

 

 

図1. 世界全体の風力発電の導入量の推移

図1. 世界全体の風力発電の導入量の推移 データ出典:Global Wind Energy Council

 

 

この近年の風力発電の急成長では中国が大きな役割を果たしています。中国の国内での2014年の風力発電の年間導入量は2,300万kWに達しており、2014年末には導入量が累計で約1億1,400万kWと風力発電について世界一の導入国となっています。

 

WWEC2014での報告によると、2013年末までに導入された約9,100万kWうち実際に系統に接続されている風車は7,700万kWですが、すでに国内の全発電設備の7.3%に達していました。その結果、2013年の風力による発電量(135TWh)は中国全体の約2.5%に相当し、原子力発電の発電量(112TWh, 2.1%)をすでに超えています。

 

中国では現在の第12次5か年計画のもとで、2015年までの風力発電の導入目標を1億kW(洋上風力は500万kW)と定めていますが、これは中国全体の発電量の約3%に達します。さらに2020年までには、洋上風力3,000万kWを含み、累積導入量2億kWを目指す目標が定められていますが、これは全発電量の5%に相当することになります。

 

累積導入量が世界第2位の米国では2014年に480万kWが新規導入され、2014年末には6,500万kWに達して、米国内の総発電量の2%以上を占めるまでになっています。

 

一方、ヨーロッパ全体では年間1,200万kWが新規導入され、累積設備容量が約1億3,400万kWに達しました。国別の累積導入量ではドイツが3,900万kWとなり、総発電量の8%以上に達し、太陽光と合わせた割合では14%に達しています(再生可能エネルギー全体で25.8%)。スペインの累積導入量は2,300万kWですでに主力の電源のひとつとなっています。イギリスは洋上風力を中心に導入が進み累積導入量が1,200万kWを超えました。デンマークでは人口一人当たり、面積あたりの風力発電の導入量が世界トップになっており、2014年には総発電量の約39%を風力で発電しています。

 

近年注目されている洋上風力発電の設備容量については、2014年に170万kWがイギリスなどの欧州で新規導入され、累積導入量では約880万kWに達しています。アジアでは、インドの新規導入量が230万kWとなり、累積導入量が約2,200万kWに達していますが、日本の新規導入量は約12万kWで、累積導入量は約280万kWに留まっています(図2)。【次ページに続く】

 

 

図2. 世界各国の風力発電の累積導入量の推移 (1)

図2. 世界各国の風力発電の累積導入量の推移 データ出典:Global Wind Energy Council

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.230 日常の語りに耳を澄ます 

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」

 

vol.229 平和への道を再考する 

・伊藤剛氏インタビュー「戦争を身近に捉えるために」

・【国際連合 Q&A】清水奈名子(解説)「21世紀、国連の展望を再考する」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】桃井治郎「テロリズムに抗する思想――アルジェリア人質事件に学ぶ」

・末近 浩太「学び直しの5冊<中東>」

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.230 特集:日常の語りに耳を澄ます

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」