『いちから聞きたい放射線のほんとう』など――今週のシノドスエディターズチョイス

『いちから聞きたい放射線のほんとう』(筑摩書房)菊池誠・小峰公子(著)おかざき真里(イラスト)

 

「放射線」「放射性物質」「セシウム」「ベクレル」「シーベルト」……。福島第一原発事故の直後から、見慣れない言葉を多く目にするようになった。科学に日頃触れていない身にとっては、その意味を正確に理解するのは、とても骨の折れる作業である。

 

しかし、放射線の知識はみんな理解しているよね、と社会はどんどん進んでいってしまう。今さら「放射線ってなんですか」「ベクレルとシーベルトの違いって何」「放射線ってなんで体に悪いの」とは、とてもとても聞けない。そもそも、誰に聞いていいのかもわからない。

 

『いちから聞きたい放射線のほんとう』は、「放射線が気になる人のための、もっともベーシックでわかりやすい本」を売りにしている。本書では、物理学の専門家である菊池誠氏に、福島県郡山市出身のミュージシャン小峰公子氏が、わからない点をとことん聞いていく。科学が苦手という人も安心して欲しい。小峰氏が気になるところを徹底的に質問してくれるので、よくわからないまま本を読み終わることもない。

 

第一部「放射線ってなんだろう」の第一章は「みんなつぶつぶでできている――原子と原子核のこと」である。なんと、原子についてのおさらいからはじまる。元素周期表のイラストまでついてくる。基礎中の基礎と言える。しかし、「そんなのもう知ってるよ」とめんどうに思ってはいけない。

 

原子のしくみから放射線を理解したうえで、「シーベルト」「ベクレル」「内部被ばく」という言葉に触れると、するすると理解できる。一見遠回りに見える道のりも、後の理解に大いに役立つ。そして、知っていたはずのことが、菊池氏の説明だとより生き生きと感じられる。こんな、理科の先生に習いたかったと思う人もいるだろう。

 

 

菊池(メガネと長髪のアイコン)「もてあましたエネルギーを外に発散して、別の原子核に変わっちゃう。その時に放出するものが放射線」

小峰(お団子頭のアイコン)「おお。放射線はやるせなさエネルギーの発散なのか!」

 

 

二人のやり取りは、軽妙に、丁寧に進んでいく。

 

第二部では、「DNAが壊れたら必ずがんになるの?」「妊娠中の被ばくをとう考えればいいの?」と素朴な疑問も扱っている。放射線についてほとんど知らない人、そもそも興味がなかった人に、ぜひ手に取って欲しい本。(山本)

 

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)書籍

作者菊池 誠, 小峰 公子

クリエーターおかざき 真里

発行筑摩書房

発売日2014年3月15日

カテゴリー単行本

ページ数200

ISBN4480860797

Supported by amazon Product Advertising API

 

著者のひとり、菊池誠氏の記事一覧 → https://synodos.jp/authorcategory/kikuchimakoto

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.256 

・熊坂元大「「道徳教育」はこうすれば良くなる」
・穂鷹知美「終の住処としての外国――スイスの老人ホームにおける 「地中海クラブ」の試み」
・徳山豪「アルゴリズムが社会を動かす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(1)――シンクタンク創設への思いとその戦い」