LGBTと就活――混乱、さらに極まれり?!

適性試験で「同性に惹かれるか?」と問われる

 

これまで就活におけるLGBTの「困り感」についておおまかに捉えてみたが、番外編として、地方自治体の採用試験で用いられている心理テストの問題についても触れたい。

 

地方自治体による公務員・教員採用試験では、個々人の気質を調べるための「適性試験」として、しばしば心理テストが用いられる。その一種であるMMPI試験という心理テストには「同性に魅かれるか」「女性に生まれたかったか」などのセクシュアリティに関する質問項目が多数あり、受験生は「はい」「いいえ」の2択回答を迫られる。

 

私自身もこの適性試験を受けた一人で(ここでも受難)、初めてこの試験をやったときは「なんでこんなことを今きかれるのだろう」と思ったが、その後、性同一性障害の診断を受ける過程で、この心理試験に「再会」したときには苦笑した。性同一性障害の診断の材料にするような心理テストを採用試験に使うのは、やはり相当にマズいと思うのだ。

 

以後、私が共同代表を務める「いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」と金沢大学の岩本健良准教授の協力で、この問題について問題提起をしてきた。

 

まず、MMPI試験は、もともと1943年にアメリカで開発されたものだが、米軍の兵士採用試験において同性愛者を排除する意図で使われた歴史を持つとされる。これは試験結果を分析するための心理的尺度の中に「男性性/女性性尺度(Mf尺度)」という項目があり、個人の性的傾向があらわれるためだ。

 

近年アメリカでは、人事選考に関して同試験を用いたことを巡って裁判となり、試験を行った企業が敗訴している(2005年アメリカ連邦裁判所判例)が、日本国内では性的指向や個人のプライバシーについて、心理テストの形で質問することに対しては随分と問題意識が低いようだ。

 

この問題については、国会では井戸まさえ前衆議院議員や林原(西根)由佳衆議院議員が取り上げ、メディアでも何度か報じられた。また、大学の教職員からも疑問視する声があがっている。関東地区私立大学教職課程研究協議会では、適性試験の使用に関する全国的な実態調査を行っている。

 

昨年、法務省人権擁護局は「救済措置を講じた具体的事例(差別待遇事案)」として同問題を取り上げた。同試験を採用に用いることは差別待遇にあたるとの見解とも解釈できるが、各地方自治体の危機感は薄いのか、このような適性試験はいまだに実施され続けているようだ。今後の動向に注目していきたい。

 

 

最後に

 

以上、多少のボリュームがあったが「LGBTにとっての就活」についてご紹介してきた。そもそもLGBTに限らずとも、就活はいろいろと大変だし、オカシイこともあるし、また就職は「スタート」であっても、働くことは基本的には一生続く。様々な経験をされている方がいるかと思うので、もし当事者ご自身の体験や、企業の人事側として体験されたことがあるという方は、これを機にインターネット上で情報発信をしていただけるとありがたい。

 

最後に、本稿を書くにあたり様々な経験やアドバイスを寄せてくれた多くの先輩や仲間たちに感謝します。

 

九州の「男子高校生」だった彼女、いつか縁と機会があれば飲みにいこう。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

誰もが愛する人と安心して人生を送られる社会を目指して――体験談から法制度、ロビー活動まで

LGBTと「社会的養護」――家庭を必要としている子どもたちのために

LGBT旅行記――ニューヨークで出会ったたくさんの支援

LGBTと就活――混乱、さらに極まれり?!

LGBT就活――20人に1人の就活生の現状

セクシャルマイノリティーと医療――誰でも受けやすい医療をめざして、思いを「カタチ」に

大人には話しにくい――LGBTの子どもの学校生活といじめ

LGBTと健康――あなたのことも生きづらくする、ありふれた7つのこと

「LGBT当事者の声をもっと聞きたい」――国会議員へのLGBT施策インタビュー

日本は、LGBTの取り組みが遅れている――国会議員へのLGBT施策インタビュー

一人一人の行動で、多様性が尊重される社会に――国会議員へのLGBT施策インタビュー

子ども達が希望を持って生きられる社会を――国会議員へのLGBT施策インタビュー

LGBTと障害者就労――生きやすい場を求め、変えていく

 

サムネイル「江戸東京たてもの園20」nakimusi

http://www.flickr.com/photos/nakisuke/3043406766/

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.3.15 

・中西啓喜「学力格差と家庭背景」
・竹端寛「対話を実りあるものにするために」
・佐々木葉月「日本のテロ対策の展開」

・小野寺研太「「市民」再考――小田実にみる「市民」の哲学」
・久保田さゆり「学びなおしの5冊〈動物〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(5)――設立準備期、郵政民営化選挙前」
・山本宏樹「これからの校則の話をしよう」